【】     カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 院長日記

今年も紫陽花がいっぱい

今年もお店の紫陽花が満開です(^^♪

あじさい1

あじさい2

〇紫陽花の雑学

紫陽花は、現在2000種類の品種があるそうです。

上の写真の紫陽花は、西洋紫陽花の属しているようで

下の写真は、日本が原種のガクアジサイです。


土壌の状態によって咲く花色が違い

酸性が強いと青色になるそうです。

もともとはピンク色が紫陽花の花色ということで

最終的にはピンク色になって枯れていくようですね。


紫陽花の花言葉も調べると色々ありました。

花の色が変わることから「移り気」「浮気」とされています。

また、歴史を紐解くと

江戸時代に西洋人医師のシーボルトが日本女性と恋に落ち子供を授かったそうですが

そのときの情勢により、国外追放となったときに紫陽花を祖国に持ち帰えりました。

この話から「乙女の愛」という花言葉もありました。


花の色によっても別々の花言葉があり

白色は「寛容」、ピンク色は「元気な女性」青色は「忍耐強い愛」とされています。


最後に紫陽花の由来は

「あづ(集まる)」と「さあい(青い花)」の2つの言葉から成り

「あづさあい」が変化して、現在の「アジサイ」という名前になりました。


紫陽花の学名は「Hydrangea」だそうですね。


もうすぐ、紫陽花の季節も終わりますが

来られたついでの紫陽花で癒されてください(^^♪











娘も1歳4ヶ月になりました

昨日で、うちの娘も1歳4ヶ月になりました。

自己主張もするようになり、早くも「イヤイヤ期か?」という感じ。。。

とはいえ、言葉も増えてきて、嬉しいです。


最近では、断乳しているためか

僕でも寝かしつけができるようになり、夜もよく寝るようになりました。

寝るようになったのは、たまたまのタイミングかもしれませんが、、、



ちなみにWHO(世界保健機構)は、母乳を2歳まであげることを推奨しています。

母親の負担と睡眠(睡眠は母乳で妨げられているかは不明)を考えると

1歳超えたら断乳を進めたほうが良い気もしますが、、、

子供の発達を考えると、2歳までの母乳も大切かな~と感じます。


育児は大変ですが、こどもの成長は嬉しく

日々の楽しみでもあります。

ただ、できることが多くなった分

安全対策を考えていかないとケガしそうです。。。

カイロプラクティック心の読まれている記事5選

カイロプラクティック心のブログで多く読まれている記事TOP5をご紹介します。


〇第5位
【肘の痛み(痛み・手に力が入らないなど)原因がわかる記事と当院の改善例】


肘の痛みで悩まれている方も多いようです。

肘は、テニス肘、野球肘などスポーツ障害のイメージも強いですが

実際は、一般の人の方が多い障害です。


〇第4位
【(腰部)脊柱管狭窄症は手術不要かもしれません】


脊柱管狭窄症は、腰痛の診断に多いですが

手術が適応するばかりではありません。

これは、現役の医師も言われていることです。


〇第3位
【手首の痛み・手に力が入らない:症例報告】


手首の痛みに対する症例報告です。



〇第2位
【ランニング中の足のしびれ:症例報告】


ランニング障害のなかでも案外多い症状です。


〇第1位
【頭蓋骨は動く?動かない?


意外にも頭蓋骨調整についての記事が多く読まれていました。

小顔でも引っかかるのか?

プロの人も読むのか?


何はともあれ、読んでいただいてありがとうございます!








FIFAワールドカップ  ロシア大会開幕!

4年に1度のサッカーワールドカップが開幕しましたね。

【2018FIFAワールドカップロシア:ゲキサカ】

日本は、大会前に監督が変わり、テストマッチも。。。

なんだかんだと酷評もされていますが

結果で黙らせて欲しいですね。


最弱と言われたロシアが、開幕戦を圧勝したしね~



本日は、スペイン×ポルトガル!

こちらも開幕から監督交代とドタバタ感はありますが

予選屈指の好カード!


楽しみです。

指しゃぶりをしている子供のほうがアトピー性感作リスクが低い

1歳以上のときに頻回に指しゃぶりをしたり爪を噛んでいた子供の方が

アトピー性のアレルギー反応を示すことが少なかったそうです。



原文はこちら⇒https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27401101


喘息と花粉症に優位差がみられなかったのは不明とされていますが

指をしゃぶることで口腔内の細菌や微生物の影響をうけているのではないかと

研究者は述べているようです。


また、別の研究では

おしゃぶりをしゃぶっている子供のアレルギー発症率も少ないそうです。



みっともないという理由で

おしゃぶりや指をくわえる行為を強制的に辞めさせることもあるそうですが

個人的には反対です。



この研究結果ももちろんですが

鼻呼吸を定着させるためにも6歳程度まではおしゃぶりは良いとされています。

歯並びを気にする人もいますが

乳歯から永久歯に生え変わるため、気にする必要はないのではないでしょうか。


また、おしゃぶりは発達する上で大事な行為であるため

指しゃぶりを辞めさせても舌で舐める行為は口腔内で行われているため

かえって歯並びが悪くなるそうです。(舌で歯を押し出すため)


親が無理に介入するのではなく

こどもを見守る姿勢が大切ではないでしょうか。
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちら
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback