昨日はセミナー

昨日は機能神経学セミナーに参加してきました。

内容は

「運動制御の仕組み:大脳基底核」でした。


運動は色々な神経経路で制御されていて

単純な運動指導では何も変わらないことがありますね。


神経系の運動制御の勉強をしておくと、アドバイス出来る幅も広がります。

今までも運動制御をみていくアプローチをしていましたが

今回のセミナーでより理解が深まりました〜



病的な部分では

パーキンソン病

舞踏病

ジストニア

などのメカニズムと症例も踏まえて講義してもらえました。



ジストニアは

簡単に言えば、意思とは関係なく体が動く症状です。

イップスはスポーツ選手でよく聞かれます。

ジストニアは職業性ジストニアと呼ばれるものもあり

例としては、ピアニストがピアノを弾いているときだけ、急に意思とは違う動きをしてしまいます。


このような神経系の問題は、診れるお医者さんも少ないのか

病院でもクセとかストレスとか言われるようで、、、


今回見せてもらった映像の症状を

クセで終わらせてしまうお医者さんが信じられませんが、、、

明らかにおかしいですけど(震え声)



うちにもパーキンソン病、ジストニアの人は来ましたが

その方達も色々な病院に行ったと言ってましたね。。。



すぐに良くなるとは言えませんが

希望にはなれるよう、しっかりと勉強していきます!

昨日はセミナーへ

昨日はセミナーに参加してきました。

内容は「発達障害への徒手的アプローチ」


発達障害は、中枢神経(脳)の機能障害で発達や介入によって変化します。

ポイントは機能障害ということですね。

構造的問題や先天的異常であれば変化することは、ほとんどないですが

機能障害は機能を取り戻してあげれば変化する余地があるということです。



ただ、発達障害と聞くと病気なのかと考えてしまいますが

極端にいえば、得意、不得意の差が大きく社会生活とかみ合っていないため

表面化してしまっているだけで

いいかえれば、個性が強いだけでもあります。



発達障害の有名人も多いですね。

アルバート・アインシュタイン⇒アスペルガー症候群

ビル・ゲイツ⇒アスペルガー症候群

スティーブ・ジョブズ⇒アスペルガー症候群

ブルトニー・スピアーズ⇒ADHD(注意欠陥・他動性障害)

マイケル・フェルプス⇒ADHD

ウォールト・ディズニー⇒失読症(ディスレクシア)

スティーブン・スピルバーグ⇒失読症

坂本龍馬⇒ADHD

黒柳徹子⇒学習障害


発達障害の有名人は、多数いますね。



また、発達障害の特徴をみていくと

まぁまぁ自分にも当てはまる(笑)



このようなことから、発達障害も1つの個性と捉えた方が良いのではないかと思います。

ただ、親御さんが心配されるのは

不得意な部分が表面化してしまっているため

学校や友達付き合いなど社会生活を上手く送れていないことです。



セミナーでは、この不得意な部分を

神経的検査(原始反射の有無、機能神経学的検査など)で原因を考え

使えていない神経機能を活性化させてあげるアプローチ法を教えてもらいました。



内容的には発達障害として表面化していない方にも使えるため

とても濃い充実した時間になりました。


今日からまた、しっかりと勉強していきたいと思います。




土日はセミナーへ

土日はセミナーに参加してきました。

内容は「中枢神経系」


中枢神経は、脳で

字の如く神経ネットワークの中枢部です。


腫瘍、血栓など外科的手術が必要なものはお医者さんで対応してもらうべきです。

しかし、脳について分かっていることは現在30%程度ということで

原因がわからず、悩まれている方も沢山いらっしゃいます。



以前ですが、うちにも

ジストニア(脳の神経障害で意志とは無関係に筋肉が持続的に収縮したり固まったりする難治性疾患)

の方が来られました。

お話を伺うとジストニアという疾患名すら知らないのか??

色々な病院を回り、ストレスとか原因がわからないなど言われたそうで

東京の神経障害に詳しい病院で初めてジストニアと診断されたそうです。


このように医者でも認知されていない??疾患も数多くあるようですね。

僕も機能神経学を勉強するまでは

このような神経症状があるとは思いませんでしたが、、、




中枢神経を理解しておくと

カイロプラクティックで良くなるもの

医師の治療が必要なものの判断はつきやすくなりますね。



セミナーでは最近の研究報告なども踏まえて

中枢神経(脳)の講義を受けました。

症状では

うつ病

強迫性障害(OCD)

パーキンソン病

あとは神経発達障害の脳の状態も講義いただけました。

発達障害は社会に適応しずらい反面、人にはない才能を発揮することも多いようで

偉人、有名人にも多くいるそうです。

相対性理論を発表したアインシュタインも自閉症だったと言われています。

他にも

エジソン、スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、スティーブン・スピルバーグは

アスペルガー症候群(コミュニケーション障害、社会性の障害など)

エジソン、ケネディー大統領は

ADHD(注意欠陥多動性障害:じっとしていられない、集中出来ないなど)

学習障害でいえば

黒柳徹子、トム・クルーズもだそうです。


ある意味、個性とも捉えられることから

こどもで発達障害がみられる場合でも、上記の病名はつけられず

ひとつの個性として治療にあたる小児科の医師もいらっしゃるそうです。


このような神経発達障害は

簡単にいえば、脳の機能低下がみられるため

機能を向上させる刺激を加えることになります。

刺激と言っても

音楽を聴く

眼球運動

簡単なエクササイズ

etc

脳の機能を使ってあげることです。


脳も細かく分ければ様々な担当があり

機能低下は担当された仕事をこなせていない状態です。

反対に過剰に頑張り過ぎているケースもありますが、、、、


そこで大切なのがどこの脳の働きを理解して

どの部分が機能低下しているかを考え刺激していくために

脳の生理学、解剖学などを勉強する必要がありますね。


来週は、発達障害をメインに勉強してきます!




このような顕著な障害だけではなく

疲労、使い過ぎ(仕事の内容、心配性、責任感が強いなどの性格etc)

機能が低下した結果、腰痛、肩こりなどもおきます。


ヒトの脳は約1400gと平均体重の2%くらいだそうですが

消費エネルギーは身体全体の20~25%と大きく

その過程で活性酸素や有害なたんぱく質など老廃物を大量に生産しているそうです。


そのため、正常な脳では

毎日7%、1ヶ月で約210g、1年では約2500gと脳重量の約2倍に相当する

古いたんぱく質の除去する代謝作用が行われています。

これが正常に働かないと

神経障害にも陥りやすいですね。




睡眠は古いたんぱく質を除去する掃除をし

新たなたんぱく質を作る時間でもあるそうです。

また、除去された排せつ物を処理するために

リンパ、呼吸なども大切になります。


小難しいことは置いておいて(笑)

眠りの質を向上させ

栄養をしっかりとって

深呼吸(呼吸が深く出来ているかの確認)は日々の生活で大切になりますね。



忙しい??年末かもしれませんが

健康でいるために

睡眠、食事、呼吸は意識して向上させていきましょう~














昨日はセミナーへ

昨日は関節運動学的アプローチセミナーに参加してきました。

内容は「上肢」

肩、肘、手関節について勉強してきました。



症状で言えば

野球肩、五十肩、野球肘、テニス肘、腱鞘炎、TFCC(三角線維軟骨複合体)などに関係します。

筋肉の問題のように見えても

関節の正常な動きを取り戻すだけでも回復がみられるようです。


テクニック以外にのホームワークの方法も教えていただきました。



触診の技術も大切になってくるため

解剖学書をみながら、触診技術も高めていきたいと思います。


伊勢市 整体 カイロプラクティック心 口コミ 評判良い

痛みやしびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体 カイロプラクティック】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定

予約は0120-638-124までお電話下さい。

営業時間外の予約はこちらから⇒24時間ネット予約受付中

メールでのお問合せはこちら⇒メールフォーム

LINEでのお問合せ、予約はこちら⇒カイロプラクティック心公式LINE登録:注意事項

※当院は、一人ひとり大切に施術させていただくため、施術中は電話にでることが出来ません。留守番電話にお名前、ご用件をお入れくださいませ。
 
着信履歴のある電話番号には、こちらから、折り返しお電話させていただきます。
 
また、留守電話にメッセージを入れていただけない場合、間違い電話の可能性もあるため

1度だけ折返しお電話させていただきます。


カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

スポーツ障害でお悩みの方⇒スポーツ障害専門【伊勢市 スポーツ整体】カイロプラクティック心ブログ

だまされない!産後骨盤矯正のススメ⇒産後の骨盤矯正がわかる記事

症状についてはこちら⇒症状別:原因が良く分かる記事一覧 : カイロプラクティック心の症例報告  

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

昨日はセミナーへ

昨日は機能神経学セミナーへ参加してきました。

内容は

「脳幹と仕組みと臨床」


脳幹(とくに網様体)部分は、専門書にも記述が少ないようです。

最近の研究論文と臨床的にみられたことを基に講義していただけました。


少し、話は違いますが

論文は英語ということもあってか

最新の情報は一般的に浸透していないようです。


最近で言えば、「筋膜」

最新論文を第一次情報とすれば

それのまた聞きのまた聞きのまた聞きの・・・・

という形で少し話が変わって世間に伝わっている部分もあるようです。


そのため、ネット情報、情報番組、情報誌はさらに怪しい(苦笑)


僕のブログの内容も含め(笑)

自分でも吟味しながら、正しい情報を得てもらえると良いと思います。




機能神経学の話に戻りまして・・・・

脳幹にある脳幹網様体は

姿勢、呼吸、摂食、心拍など反射的な部分を制御する機能があります。


姿勢も反射的に制御されているため

一概に筋肉と骨格を整えれば、姿勢が良くなるとは言えません。

別のセミナーですが、精神疾患をみられている先生は

姿勢と精神疾患の関係性についても研究され

姿勢写真をみせていただいたのを覚えています。



坐骨神経痛も一般的には椎間板ヘルニアが一番疑われてましたが

最近では情報番組などで「違うではないか?」と言われはじめ

脊柱管狭窄症と診断される方が増えてますが、、、


医学的な研究では、椎間孔を通る静脈の鬱血が証明されているようです。

血管は自律神経の影響をうけて収縮したり、弛緩したりします。

そのため、自律神経の影響により

静脈が鬱血しているケースも考えられ

脊柱管狭窄症の治療ではなく自律神経のバランスをとる方が

坐骨神経痛が治まります。


このように反射的にコントロールされている神経系を読み解けると

症状の改善の道筋も見えやすいですね。

反対に徒手療法では解決できない病理的問題も発見できる学問でもあるため

無駄に施術をせず、すぐに病院での診察も勧められるケースもあります。



難しい学問ですが

しっかりと勉強して皆さんに還元していきます。


伊勢市 整体 カイロプラクティック心 口コミ 評判良い

痛みやしびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体 カイロプラクティック】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定

予約は0120-638-124までお電話下さい。

営業時間外の予約はこちらから⇒24時間ネット予約受付中

メールでのお問合せはこちら⇒メールフォーム

LINEでのお問合せ、予約はこちら⇒カイロプラクティック心公式LINE登録:注意事項

※当院は、一人ひとり大切に施術させていただくため、施術中は電話にでることが出来ません。留守番電話にお名前、ご用件をお入れくださいませ。
 
着信履歴のある電話番号には、こちらから、折り返しお電話させていただきます。
 
また、留守電話にメッセージを入れていただけない場合、間違い電話の可能性もあるため

1度だけ折返しお電話させていただきます。


カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

スポーツ障害でお悩みの方⇒スポーツ障害専門【伊勢市 スポーツ整体】カイロプラクティック心ブログ

だまされない!産後骨盤矯正のススメ⇒産後の骨盤矯正がわかる記事

症状についてはこちら⇒症状別:原因が良く分かる記事一覧 : カイロプラクティック心の症例報告  

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村




お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback