【】     カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 パニック障害の原因と改善方法

【パニック障害という脳の異常かも】体調不良は気のせいではないですよ

思いがけない体調不良でお悩みのあなたへ
伊勢市 パニック障害 改善

パニック障害の発作は、10分以内に頂点に達し

長くても1時間以内には治まるため、病院で検査をしても異常がみられず

「気のせい」「うつ」などと言われてしまうことがあるそうです。


また、心配性や考えすぎなど性格の問題やストレスのせいにもされがちですが

パニック障害は、脳の機能異常です。

薬以外の方法でも、身体の調子を根本から変えていきたい方は

ぜひ、カイロプラクティック心にご相談ください。


色々と試して良くならない方は、こちらもお読みください。
【無料施術】


〇パニック障害とは?

強い恐怖に伴って生じる動悸、呼吸困難感、発汗、感覚異常(うずき、冷感、熱感、麻痺など)

胸の不快感、めまいやふらつきなどの身体症状

正気を失うかあるいは死ぬのではないかといった強い恐怖感におそわれます。


このようなパニック症状の発作は、10分以内に頂点に達し

長くても1時間以内に治まります。



初めての発作では、救急車で運ばれることもありますが

医師の診察を受ける頃には発作が治まり、検査での異常がみられず

体調が辛いにも関わらず、納得にいく診断がうけれないことがあります。


そのため、色々な病院を受診し

自律神経失調症、うつなど適切な治療をうけれないこともあり

ドクターショッピングに陥らないことに注意しなければいけません。


※薬は副作用もあり、思いがけない身体への負担がかかってしまい薬が原因の症状もあります。

 複数の医師に相談することは悪くないのですが、ドクターショッピングにより

 治療のつもりが身体に負担をかけて症状の原因が複雑化してしまいます。


パニック障害の特徴は、検査をしても身体的な異常は見当らないのに

上記のような発作を繰り返すことです。



〇パニック障害の症状

前述したパニック症状の発作が何度も繰り返されるため、発作がでないときでも

「いつまたあの恐ろしい発作が起こるのではないか」という強い不安に、つねに脅えて暮らすことになり

これを「予期不安」といいます。





予期不安により生活範囲を徐々に制限しはじめ

パニック発作が起きたらすぐに逃げ出せない場所や助けを求められない状況を恐れ避けるようになります。

人混み、橋、エレベーターなどを避けることが多くなり

ついにはまったく自宅から出られなくなる人もいます。

このような恐怖の対象となる場所を避けようとする行動を

広場恐怖といい、パニック障害の7割程度の方が体験すると言われています。


hyou.jpg

※図はパニック障害ってどんな病気から

 「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」はパニック障害の3大症状といわれる特徴的な症状です。

社会生活に支障が生じ、うつ症状を併発してしまうことがあります。



〇パニック障害の診断基準

【パニック発作の基準】

①動悸、心悸亢進、または心拍数の増加
②発汗
③身震いまたは震え
④息切れ感または息苦しさ
⑤窒息感
⑥胸痛または腹部不快感
⑦嘔気または腹部の不快感
⑧めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ
⑨現実感消失(現実でない感じ)、または離人症状(自分自身から離れている)
⑩コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖
⑪死ぬことに対する恐怖
⑫異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
⑬冷感または熱感
(『DSM-Ⅳ 精神疾患の診断・統計マニュアル』から)

このうちの4つ以上の症状が同時におこり、10分以内で頂点に達し

その後、30分くらいで症状が治まっていく状態をパニック発作と判断されます。



症状が3つ以下は、症状限定性発作と言ってパニック発作とは区別されます。


DSM-Ⅳでは、広場恐怖を伴わないパニック障害と広場恐怖を伴うパニック障害の

2種類の診断基準を挙げています。

さらに診断基準となるのは症状の程度と発作の頻度だそうです。

研究用診断基準(RDC)では、6週間に6回のパニック発作が認められることを必要とし

国際疾病分類第10版(ICD-10)では、3週間に3回のパニック発作があれば中程度の病気

4週間に4回の発作があれば重篤な病気としています。

DSM-Ⅳでは、最低1回のパニック発作があり、それから最低1カ月間以上の発作

また発作が起こるのではないかと憂慮する場合

あるいは行動上に重大な変化があることが必要とされています。



1回だけ発作が起きただけやパニック発作の症状が3つ以下であれば

パニック障害と診断されるワケではありません。

注意)

診断基準は参考のため、記載しました。

日本で診断できるのは、医師のみと法律で定められているため

カイロプラクティック心で診断することはなく、一度も病院の診察を受けていない場合は

重篤な病気が隠れていることも考えられますので、病院での診察をお願いすることがあります。

パニック障害の診断は、精神科および心療内科です。

かかりつけ医がある場合は、そちらに相談すると適切な医療機関を紹介してもらえるかと思います。


〇パニック障害と似ている病気

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

心疾患(不整脈、心筋梗塞)

パニック障害以外の不安障害(全般性不安障害、社交性不安障害など)

てんかん

自律神経失調症

etc

このようにパニック障害と似た病気もあるため

薬を飲んでも変化がみられない場合は、違う医療機関を受診してください。



カイロプラクティックは、構造、栄養、精神の3つが相互作用し調和されることで

健康な身体が維持できるという考えです。


パニック障害は、精神的な問題と思われる方も多いですが

構造と精神は相互作用するため、構造的(脳、筋骨格系)なアプローチでも精神よい働きかけをします。

ただ、パニック障害は、脳の機能異常ということが研究からも解ってきているため

適切なアプローチにより、回復も可能と考えられます。


構造、栄養、精神の相互作用の例

運動後の爽快感

お子さんがマッサージしてくれた後のリラックス感

イライラしたときの食事、甘い物の摂取で心が落ち着く

etc

精神と身体の繋がりは、このようなことからも理解できるかと思います。

67fcae439fe58d290370368ac0c8aa79_s.jpg


〇パニック障害の原因

脳の機能や構造に異常がみられることが解ってきました。


①脳内神経伝達物質のバランスが崩れている

脳内神経伝達物質は、数種類あり様々な刺激に対して神経回路を繋ぐ役割があります。

脳内神経物質が、不足していたり、働いていなかったりすると脳の機能異常が生じます。

パニック障害では、不安や恐怖を感じる神経経路を繋ぐノルアドレナリンを抑える

セロトニンが不足していることが考えられています。



また、、GABAという脳内神経物質は数多くの興奮性の神経を抑える脳内神経伝達物質ですが

これも不足すると不安が抑えられずパニック障害を引き起こすとと言われています。



②脳の機能異常

パニック障害は、脳幹(青斑核)、大脳辺縁系(偏桃体)、大脳(前頭葉)が関与していると言われています。


脳幹の青斑核はノルアドレナリンの分泌される場所で、本来なら危険や不安を感じた時に分泌されますが

パニック障害では、危険ではない場所でも大量に分泌されるという誤動作がおきていると言われています。



偏桃体は不安や危険を察知した情報を自律神経に伝えることで

自律神経症状(めまい、息苦しさなど)とよくにたパニック障害の発作を引き起こします。

※偏桃体は予期不安に関与する可能性があるとされています。


前頭葉は、恐怖的回避(広場恐怖)に関与しています。


これらの脳の働きをパニック障害のメカニズムに当てはめると・・・


パニック障害の発作は、何らかの原因による青斑核からノルアドレナリンが過剰分泌され

その情報が偏桃体に伝わり、不安や危険を感じるとともに自律神経に働きかけ

めまい、息苦しさ、動機などパニック症状の発作が起こります。


原因の分からない発作にいつ襲われるかという不安が常につきまとうことで

偏桃体では不安を感じる情報によって、予期不安が現れると考えられます。


前頭葉は、発作の記憶が残るため

発作をおこした場所の恐怖や人混みで発作が起きたときの不安を考えてしまい

広場恐怖となると考えられます。


これらの脳機能の通常の働きは

脳幹、大脳辺縁系、前頭葉は、大脳基底核を介して辺縁系ループを形成し

情動、感情の表出、意欲など精神活動に関与します。


正常に働けば、危険や不安を感じた時に自律神経に働きかけ

適切な身体の反応をおこし、行動が出来ると共に

その不安や危険を記憶として学習することで今後の危険管理や備えにつながります。


パニック障害は、生活に必要な脳機能が誤動作を引き起こし症状が現れます。

gatag-00005436.jpg




③遺伝性

パニック障害患者の第一度親近者(こども、兄弟、両親)は

パニック障害を発症するリスクが高いとされています。


④ストレス

心理的ストレス(人間関係、仕事や育児などの悩みなど心のストレス)では

視床下部、偏桃体、青斑核を刺激し、ノルアドレナリンが継続的に分泌されます。

結果として、脳内神経伝達物質のアンバランスがおこり、パニック障害の原因となります。


⑤栄養の偏った食生活、内臓疲労

セロトニンの原料となる、トリプトファンという必須アミノ酸は食事から摂取する必要があり

それ以外にも、炭水化物やビタミンB6、ミネラルなどもセロトニンの生成には欠かせません。

また、栄養は摂れていても内臓の働きが低下することで、栄養が身体に十分吸収されないこともあります。

栄養不足、内臓疲労により、セロトニンが不足しパニック障害を引き起こすことが考えられます。



⑤性格、性別

女性は、男性に比べ2倍の発症率とされています。

「真面目」「常の不安を感じている」「心配性」「神経質」など

正確によっても発症率が違うとされています。



ストレスや性格の問題は、あくまでパニック障害をおこす引き金です。

パニック障害は、脳の機能障害が原因でもあるため

心の持ち方を変えるだけでは改善が見込めないことがあります。




〇パニック障害の西洋医学的治療法


西洋医学では、薬物療法と心理療法が有効とされています。

伊勢市 パニック障害 改善


①薬物療法

抗うつ剤

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)

三環系抗うつ薬

SNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

これらはセロトニン、ノルアドレナリンの機能に働きかける薬で

SSRIは副作用も少なく、有効な治療薬として扱われています。


抗不安薬

ベンゾジアゼピン系薬物

β遮断薬

SSRIが使用される前は、パニック障害に一番使われていたそうです。

GABAの働きを高める(ベンゾジアゼピン系薬物)

交感神経を抹消で遮断(β遮断薬)

することによって症状を和らげます。

ただ、副作用や依存性も強くみられるデメリットも大きいようです。

※最近では、漢方薬を処方する場合もあるようです。




②心理療法

自律神経訓練法

6つの背景公式に従って順番に暗示をかけて、自分でリラックス状態を作る方法です。


認知行動療法(CBT:Cognitive Behavioral Therapy)

うつ病や不安障害の治療の第一選択となっている心理療法で

世界的に見ても、メンタルヘルスの分野において、もっとも有効な介入法として幅広く用いられています。


心理療法は、専門家の指導で行うことが望ましいです。


薬物療法と心理療法によって、普通の生活に戻れることも多いです。

ただ、薬物療法には副作用もあり、抗不安薬には依存性の高いものもあります。

また、内臓の機能が低下してれば、吸収能力も低下し

薬の効果も薄れてしまいます。


病院の治療だけに頼らず

医師と相談しながらにはなりますが、自分でもやれることを積極的におこなうことで

再発予防も含め、早くパニック障害から解放されるのではないでしょうか?


カイロプラクティック心では構造、栄養、精神は相互作用している考えをもとに

再発予防も含めて身体(脳、筋骨格系)から元気になれるサポートをいたします。




〇パニック障害のセルフケア(再発予防も含む)

①生活習慣の見直し

不規則な生活、昼夜の逆転などは、セロトニンの生成に悪影響を及ぼします。

脳の機能を維持するためには、古いたんぱく質を除去し、新しいたんぱく質を入れ替える必要があります。

この作業が最大限に発揮されるのが睡眠中であることが解りました。

このことから、睡眠時間を確保した生活習慣を身につけることが大切です。


②食生活の見直し

腸内環境と脳内のセロトニンに着目した研究では

お腹に菌が住んでいないマウスでは脳内のセロトニン濃度がそれほど高くないのに対し

大人になる前に外から腸内細菌を移植されたマウスでは

大人になった後の脳内におけるセロトニン濃度が増加していることが示されました。


腸内環境を悪化させる原因としては下記のことがあり、それらを改める必要があります。

抗生剤、ホルモン剤の長期投与

刺激物(唐辛子)、カフェイン、人工甘味料

細菌などが多くつく食物(古い食べ物)

etc

その上でバランスのとれた食事に改善させる必要があります。

栄養に関しては、どの食材が良いですか?と聞かれますが

良いとされるものでも、食べ過ぎはかえって身体に悪いこともあります。

そのため、どれが良い悪いではなく

まずはバランスのとれた食事を摂ることが食生活改善の第一歩になります。


③マインドフルネス

不安を感じる方の多くは現在ではなく、起きてもいない将来について考えすぎることがあります。

マインドフルネスは、「今を感じる」瞑想方法でもあります。

ネットや書籍でもマインドフルネスの情は手に入るため、不安を感じる方は一度お試しください。

publicdomainq-0002372.jpg




〇カイロプラクティック心のパニック障害の施術法

カイロプラクティック心は、機能神経学をベースに脳の機能異常にアプローチします。

※機能神経学を取り入れているところは、三重県では少ないです。


脳の機能異常を改善させていく理論にヘッブの法則というものがあります。

★神経系は外界の刺激などによって常に機能的、構造的な変化を起こすこしており

この性質を一般に“可塑性"と呼んでいる。


※心理学者のドナルド・ヘッブによって提唱

ヘッブの法則は、ニューロン間の接合部であるシナプスにおいて

シナプス前ニューロンの繰り返し発火によってシナプス後ニューロンに

発火がおこるとシナプスの伝達効率が増強されるというものです。


要約すれば、神経が活動するような刺激を繰り返しいれることで強化されるということです。

この理論から、どのレベルに異常(脳幹?大脳?など)があるかを評価し

そのレベルにあった刺激を繰り返すことで、機能異常の起きていたレベルを改善していくます。



神経系を活動させるためには

酸素(適切なガス交換)、栄養(適切な栄養供給)、神経伝達として適切な刺激が必要です。


ただ神経への刺激を入れるだけではなく

呼吸がしっかり出来るよう骨盤部~胸部にかけての調整や

栄養は腸壁から吸収されるため、腸内環境を含めた内臓調整も大切になります。



言い換えれば、これらの刺激(酸素、栄養、神経刺激)が受け取れていないと

たんぱく質の合成が低下し

パニック障害の問題となる脳幹、大脳辺縁系の神経機能の低下がみられれば

症状として現れてしまいます。


神経刺激のアプローチの例としては

青斑核は筋緊張を調整している神経経路の一部でもあるため

筋に対するアプローチをすることで、神経的な刺激が青斑核に伝達され

繰り返しの刺激により、正常な状態を取り戻すことが出来ます。


情動的な問題でも神経経路をみていくと大脳基底核を介して

運動系の神経経路と一致する部分が多くあります。

そのため、運動系の神経回路を刺激することは情動にもよい働きかけをしてくれます。

このことから動ける身体をサポートすることは、カイロプラクティック心の出来る役割でもあります。


内臓の調整

伊勢市 整体 カイロプラクティック心 内臓マニュピレーション


背骨の調整

143.jpg

神経学的エクササイズ(眼球運動)

055.jpg



セルフケア、心理療法、薬物療法では回復が難しい身体の機能低下を

カイロプラクティック心が回復させていきます。

身体の機能が回復すると、不思議と心も軽くなり前向きになりやすいです。

心がも軽くなれば、セルフケアの効果も上がり、薬も手放せる日が近くなります。


あなたが元の生活が取り戻せるまで

カイロプラクティック心がお手伝いさせていただきます。







パニック障害は、真面目で頑張れる方が多いようです。

家族のため

仕事の同僚のため

これ以上頑張ったら身体が壊れるよーというサインではないでしょうか?

一旦、心と身体を休めてくださいね。


カイロプラクティック心では、次の1歩を踏み出すための身体の準備を

全力でサポートさせていただきます。

以前のように「仕事を頑張れる」「友人と旅行やスポーツを楽しむ」など

楽しい未来を一緒に実現させましょう。





色々と試して良くならない方は、こちらもお読みください。
【無料施術】


伊勢市 整体 カイロプラクティック心 口コミ 評判良い

パニック障害の改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体 カイロプラクティック】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定

予約は0120-638-124までお電話下さい。

営業時間外の予約はこちらから⇒24時間ネット予約受付中

メールでのお問合せはこちら⇒メールフォーム

LINEでのお問合せ、予約はこちら⇒カイロプラクティック心公式LINE登録:注意事項

※当院は、一人ひとり大切に施術させていただくため、施術中は電話にでることが出来ません。留守番電話にお名前、ご用件をお入れくださいませ。
 
着信履歴のある電話番号には、こちらから、折り返しお電話させていただきます。
 
また、留守電話にメッセージを入れていただけない場合、間違い電話の可能性もあるため

1度だけ折返しお電話させていただきます。


カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

スポーツ障害でお悩みの方⇒スポーツ障害専門【伊勢市 スポーツ整体】カイロプラクティック心ブログ

だまされない!産後骨盤矯正のススメ⇒産後の骨盤矯正がわかる記事

症状についてはこちら⇒症状別:原因が良く分かる記事一覧 : カイロプラクティック心の症例報告  

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちら
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback