【】     カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 原始反射

原始反射|ガラント反射・ペレーズ反射/伊勢市カイロプラクティック心

〇ガラント反射とは?

ガラント反射、ペレーズ反射は、原始反射の1つで

背骨の動きに関与します。


ガラント反射・ペレーズ反射は妊娠20週から現れ、生後5ヶ月で統合されると言われています。


〇ガラント・ペレーズ反射の機能


ガラント反射は、腰の背骨の外側を上下に擦ると、擦った側に身体が曲がります。

ペレーズ反射は、上背部(肩甲骨付近)を横に擦ると肩をすくめ、腰部を横に擦ると腰を反ります。

手足を上手く使うことのできない赤ちゃんは、この反射によって移動することができ

産道を通るとき、この反射によって身体を動かし出産の手助けをしています。

また、外界から伝わる音を脊椎を介して振動として耳に伝える働きもあるため

聴覚も関連する反射と言われています。

出産後は、脊柱の機能に関わるため姿勢にも影響します。



排尿反射との関係性

排尿反射とは、膀胱内の圧が一定以上になるとその刺激が

交感神経⇒仙髄の排尿反射中枢⇒副交感神経⇒膀胱に達する反射路が形成され

反射的に膀胱の筋肉(排尿筋)が収縮し内括約筋が弛緩することで排尿が行われます。




排尿反射の中枢は脊髄にあり、膀胱脊髄中枢と呼ばれます。

膀胱または尿道が尿によって拡張すると情報が脊髄に到達して反射的に排尿がおこります。

※尿意は脳にも伝わり、脳幹、中脳などが関わります。


排尿が我慢できる仕組みは、大脳が「ガマン」という指令を送ることで

脳でコントロールできる外括約筋が収縮して、排尿を抑制します。


脊髄反射でもあるガラント反射が過剰に残存してしまうと

排尿反射まで喚起してしまい夜尿症(おねしょ)直らないと言われています。


〇ガラント反射・ペレーズ反射の残存がみられるこどもの特徴


じっと座る能力(もぞもぞ、たえず身体を動かしている「そわそわ落ち着きのない子ども」)

注意と集中に問題

ぎこちない歩様

膀胱コントロール(寝小便が一般的にみられる)

脊柱側弯症の発展要因

物を操作するときの不器用さ

運動やスポーツにおける身体柔軟性や機敏さへの影響

腰痛や背中の緊張



【一般社団法人ここからだ】から引用しました。

大人でもガラント反射・ペレーズ反射の残存傾向の強い方は、このような特徴があります。

反射的に肩や腰を緊張させてしまうため、腰痛や肩こりなどの症状を訴えることもあります。



〇ガラント・ペレーズ反射を統合する

先のブログでも書いたように原始反射は消失するワケではなく

大脳によってコントロールされています。

ガラント反射・ペレーズ反射のように背骨の動きに関わる反射は

運動においても重要な役割を果たしています。


療育では、原始反射を統合するために様々なことが行われています。

この記事で引用させてもらった一般社団法人ここからださんでは

統合遊びを用いてガラント反射・ペレーズを統合させていきます。



他にも原始反射に言及しているワケではありませんが

リズミックムーブメント

BBA

ビジョントレーニング

などによってアプローチが行われます。


〇カイロプラクティック心では?

療育で行われるているものをヒモといていくと

カイロプラクティックやオステパシーの考えやテクニックが多く使われています。


カイロプラクティック心では、一般社団法人ここからださんでの統合遊びをホームケアで指導させていただき

頭蓋骨、背骨、内臓マニュピレーションなどを施術で行っていきます。


また、大脳でのコントロールが出来ていないため(原始反射を抑制できない)

機能神経学により、左右の脳を評価し

機能低下側が活性化するようなアプローチも行います。







原始反射の統合や栄養からのアプローチは、色々な施設でも行われていますが

カイロプラクティック施術を併用したアプローチは、まだまだ少ないです。

カイロプラクティック心としては、1つでも苦手をなくしていき

生活しやすくなるよう、共に歩んでいく気持ちです。


発達でお悩みの方、発達障害と診断されてどうしたらよいかわからない方など

よろしければ、ご相談ください。(相談は無料です)

原始反射|緊張性迷路反射/伊勢市カイロプラクティック心

〇緊張性迷路反射とは?

緊張性迷路反射は、原始反射の1つで

前方緊張性迷路反射と後方緊張性迷路反射の2種類あります。

前方緊張性迷路反射は妊娠12週から現れ、生後3、4ヶ月で統合されると言われています。

後方緊張性迷路反射は、生後から現れ、9ヶ月で統合されると言われますが

前庭感覚と固有受容器と強調していくために3歳頃まで続くことがあります。


〇緊張性迷路反射の機能

緊張性迷路反射は、姿勢反射の1つであり数ある姿勢反射の基礎となります。

前方緊張性迷路反射は、頸部屈曲位で上下肢(手足)が屈曲

赤ちゃんでは、うつ伏せで首を曲げると背部の筋緊張が緩まり身体が丸まります。

それと同時に手足が丸くなり、腰が浮きハイハイの姿勢がとれるようになります。



後方緊張性迷路反射は、頸部伸展で上下肢が伸展

赤ちゃんでは、仰向けで首を反らせると背部の緊張が高まり身体も反らせます。

それと同時に手足も伸びた状態になります。



この反射は、頭部にある前庭神経が関わります。

前庭神経は、頭位(この反射では縦方向と前後)を手足の固有受容器(関節の位置覚)に伝え

バランスを保つ役割があります。

この機能があるおかげで、傾いた傾斜でバランスが取れたり

不意に転倒しそうになっても、手足が無意識に動きバランスを保ち転倒を防げます。


赤ちゃんでは、この反射を繰り返すことで座れるようになったり

2本足で立ってもバランスがとれるようになります。




また、バランスをとるには視覚情報も必要であるため

眼球運動(動眼神経)の発達にも関わります。






〇緊張性迷路反射の残存がみられるこどもの特徴

へなへな、ふらふらしている

バランス感覚が良くない

動きがぎこちない

でんぐり返しが綺麗にできない

姿勢良く座れない

方向・空間感覚をつかみにくい(ボールの受け取り、黒板の文字)

視覚の問題(字が飛び出して見えるなど)

空間、距離、奥行きやスピード感がつかみにくい

全身運動の協調性が低い

机で学ぶときに、読むことを嫌がる、疲れる

机の前で正しい姿勢を維持することが困難

本来持っている能力ほどにスポーツのパフォーマンス(成果)が上がらない



【一般社団法人ここからだ】から引用しました。

大人でも緊張性迷路反射の残存傾向の強い方は、このような特徴があります。

ここでは緊張性迷路反射を一括りにして特徴が示されていますが

前方と後方では現れる反応が違います。


・前方緊張性迷路反射の特徴

恐怖麻痺反射と副交感神経と関わります。

背部の筋緊張が緩む反射でもあるため

姿勢が維持できず、ふにゃふにゃした感じになり一般的に猫背の姿勢となります。

この場合、「姿勢を良くしなさい」と背筋を伸ばさせてもこどもには苦痛でしかありません。


他には前方に転びやすく、その影響か高所恐怖症であることがあります。

また、腕が挙がりにくい(大人であれば肩を痛めやすい五十肩など)がみられます。



・後方緊張性迷路反射の特徴

モロー反射と交感神経と関わります。

背部の筋緊張が強くみられる反射でもあるため

常に身体を硬くしているような印象があり、動きがギクシャクしています。

後方に倒れやすい影響から昇り階段を怖がることがあります。


姿勢や運動の基礎となる原始反射でもあり

じっとしていられないADHD

発達性協調性運動障害

チック障害

などとも関わりがあります。





〇緊張性迷路反射を統合する

先のブログでも書いたように原始反射は消失するワケではなく

大脳によってコントロールされています。

不意にバランスを崩しそうになっても手をついたり、立て直したりしてバランスを保てます。

スポーツでは上下の動きの空間認知に役立ちます。


療育では、原始反射を統合するために様々なことが行われています。

この記事で引用させてもらった一般社団法人ここからださんでは

統合遊びを用いてモロー反射を統合させていきます。



他にも原始反射に言及しているワケではありませんが

リズミックムーブメント

BBA

ビジョントレーニング

などによってアプローチが行われます。


〇カイロプラクティック心では?

療育で行われるているものをヒモといていくと

カイロプラクティックやオステパシーの考えやテクニックが多く使われています。


カイロプラクティック心では、一般社団法人ここからださんでの統合遊びをホームケアで指導させていただき

頭蓋骨、背骨、内臓マニュピレーションなどを施術で行っていきます。


また、大脳でのコントロールが出来ていないため(原始反射を抑制できない)

機能神経学により、左右の脳を評価し

機能低下側が活性化するようなアプローチも行います。







原始反射の統合や栄養からのアプローチは、色々な施設でも行われていますが

カイロプラクティック施術を併用したアプローチは、まだまだ少ないです。

カイロプラクティック心としては、1つでも苦手をなくしていき

生活しやすくなるよう、共に歩んでいく気持ちです。


発達でお悩みの方、発達障害と診断されてどうしたらよいかわからない方など

よろしければ、ご相談ください。(相談は無料です)

原始反射|モロー反射/伊勢市カイロプラクティック心

〇モロー反射とは?

モロー反射は、原始反射の1つで受胎後28週目から出現し、生後6ヶ月で統合されると言われます。


〇モロー反射の機能

赤ちゃんは、自分の状況を理解できる大脳がまだ発達していないため

感覚的に察知した危険に対応できる準備をします。

モロー反射は、赤ちゃんへのさまざまな刺激(大きな音、明るい光、突然からだが傾くなど)により

両手を広げるポーズをとります。(危険を察知したときの対応準備)


これは、何かにしがみつこうとして自分の身体を守るポーズにもみえます。

そして、最終的には身体を丸めて身を守ります(内臓を守るとも言われています)


また、モロー反射は「呼気(息を吐きだす)」の反射でもあり

声を出して親に守って欲しいというメッセージを送ります。

このことから、呼吸の基礎発達にも関わる反射とも言えます。




恐怖麻痺反射(FRP)とモロー反射は、発達障害のアプローチをおこなう上では

重要な反射となります。

FRPはストレスにより身を固め息を吸い込む(吸気の反射)でもあり

モロー反射とバランスをとり合っている関係となることもあって

いくつかある原始反射を統合していく上では、FRPとモロー反射のを初めに統合する必要があります。



そして、もう1つ身体に備わっている「闘争・逃走反応」も関係していると考えられます。

危機的状況やストレスが強く感じる状況に対応するために

立ち向かうか逃走するかの身体の反応です。


この反応がみられるときの身体は、心拍数や呼吸が増え、血圧も上昇し

筋肉を活動させる準備に伴い、筋肉も緊張させます。

極度に緊張したときに汗をかいたり、ぎこちない動きになったり

心臓がバクバクする感覚になるのはこのような反応があるからです。


FRP、モロー反射が残存する場合は、常に「闘争・逃走反応」が

起きやす状況下にあると考えられます。



〇モロー反射の残存がみられるこどもの特徴

突然の音、光、刺激による感覚過敏反応

新しい状況や活動への参加対応が難しい

衝動的な振る舞い

被転導性(思考や注意がそれやすい)

不安、特に予期不安(未来への不安)

感情的、社会的な未熟さ

偏食、食品添加物への過敏

活動過多(ハイパーアクティビティ)

ADHD

副腎疲労症候群、アレルギー、喘息、慢性的な病気

【一般社団法人ここからだ】から引用しました。

大人でもモロー反射の残存傾向の強い方は、このような特徴があります。

モロー反射が残存しているケースは、副腎疲労症候群の可能性も多く、

発達障害(とくにADHD)の子供だけではなく起立性調節障害がみられる方も

潜在的に副腎疲労症候群を持っていると考えても良いです。(もちろん、全てではありませんが)





・副腎疲労症候群の主な症状

朝起きるのが辛い

疲れが取れない

塩辛い食べ物が無性にほしくなる

倦怠感(エネルギー不足)

易疲労

ストレスに対処できない

回復力の低下

軽度の鬱

大人でもこのようなことで悩まれている方もいるかと思います。

もちろん、原始反射だけではなく栄養面から見直す必要性があります。


モロー反射保持者の良い面は

優しい性格で賢く、創造的なところがあるとも言われています。


しかし、感覚過敏傾向があり、脅威や危険に過敏であるが故に

必要のない状況でも闘争・逃走反応をおこし

「人にすぐ攻撃する」「感情がたかぶりやすい」「静かに休むのが苦手」「リラックスができない」などの

傾向や特徴もみられます。


このような状況が続くと場の雰囲気や人の心を捉えるための感覚が損なわれ

職場や学校での集団性や社会性を求められる場面で苦労しやすいです。



呼吸の基礎発達でもあるモロー反射が残存していると

息を溜めておけず(腹圧が入らない状態)持続することが苦手になる傾向があります。

また、息を吐き続けている方が楽なため、動き出したら疲れるまで止まれないです。

これはADHD(とくに多動性)の特徴である

落ち着きがなく、席にじっと座っていられない振る舞いとして現れます。


物をじっと見る(注視)も苦手であり、目に入るもを追ってしまうことも

注意欠陥のADHDの振る舞いとして現れます。



〇モロー反射を統合する

先のブログでも書いたように原始反射は消失するワケではなく

大脳によってコントロールされています。

危機状況では、息を大きく吐き出すことで助けを読んだり

大きな力を発揮(投てき選手が声を出す)することにも役立っています。


療育では、原始反射を統合するために様々なことが行われています。

この記事で引用させてもらった一般社団法人ここからださんでは

統合遊びを用いてモロー反射を統合させていきます。



他にも原始反射に言及しているワケではありませんが

リズミックムーブメント

BBA

ビジョントレーニング

などによってアプローチが行われます。


〇カイロプラクティック心では?

療育で行われるているものをヒモといていくと

カイロプラクティックやオステパシーの考えやテクニックが多く使われています。


カイロプラクティック心では、一般社団法人ここからださんでの統合遊びをホームケアで指導させていただき

頭蓋骨、背骨、内臓マニュピレーションなどを施術で行っていきます。


また、大脳でのコントロールが出来ていないため(原始反射を抑制できない)

機能神経学により、左右の脳を評価し

機能低下側が活性化するようなアプローチも行います。



栄養の偏りがみられれば

先に述べた副腎疲労症候群だけではなく、機能性低血糖、リーキーガット症候群もみられることがあり

食生活の改善も必要となるケースも多いです。



原始反射の統合や栄養からのアプローチは、色々な施設でも行われていますが

カイロプラクティック施術を併用したアプローチは、まだまだ少ないです。

カイロプラクティック心としては、1つでも苦手をなくしていき

生活しやすくなるよう、共に歩んでいく気持ちです。


発達でお悩みの方、発達障害と診断されてどうしたらよいかわからない方など

よろしければ、ご相談ください。(相談は無料です)

原始反射|恐怖麻痺反射(FRP)/伊勢市カイロプラクティック心

〇恐怖麻痺反射(FRP)とは?

恐怖麻痺反射は、原始反射の1つで受胎後5週目から機能し始めます。

※文献によっては原始反射の前に存在するものに分類されることがあります。


〇恐怖麻痺反射の機能

生活の中で起こりえるストレスに応じて

身体を丸め、身を固めて身を守ろうとします。


このような反応が、受胎後5週目くらいから始まっていると言われています。

この時期は、心臓が機能していますが脳から命令による身体の動きが出来ません。

そのため、ストレスから身を守り、生き残るためにも反射が必要です。




胎内でのストレスは、お母さんがストレス状態になったときにその悪影響から

身を守るために働くと言われています。

※少し嫌なことを言われた、体調が優れないくらいのストレスではなく

 自律神経系が異常な高ぶる(闘争逃走反応)ストレスと考えられます。




このことから妊娠中は、心穏やかに過ごせる環境を作るということが

母子ともに大切ではないでしょうか?



〇恐怖麻痺反射の残存がみられるこどもの特徴

ストレス耐性が低い

肌、音、視覚的な変化などへの感覚過敏

状況が変わったり、驚くような出来事が嫌い

柔軟に対応できない

疲れやすい

すぐに息をつめる(止める)

人前で恥をかくような状況が怖い

自己信頼、肯定感が低い

愛情を受け取るのも表現するのも苦手(本当は好きなのに、「嫌い!」というなど)

自己否定が強い

極度な恐れ、被害的な妄想

新しい活動を嫌う、特に誰かと比較されたり、優劣が出るような活動

かんしゃくをおこす

ストレス状況で固まる(考えることと動くことが同時にできない)

【一般社団法人ここからだ】から引用しました。

大人でも恐怖麻痺反射の残存傾向の強い方は、このような特徴があります。


悪い面を挙げてありますが、良い面もあります。

「共感能力が高い」

強いストレスにさらされると恐怖麻痺反射の特徴にみられる振る舞いが

強くみられますが、共感する能力が高いそうです。

恐怖麻痺反射を保持しているからダメではなく、1つの個性としてとらえれば

とても優しい人であるとも言えますね。


ただ、上記のような特徴が強く現れていれば、社会生活はとても大変です。

過敏傾向が強く現れると

地震がくる前の音が分かる、数キロ先の電車の音で目覚める

何でもない音(人の足音、蛇口から水が出る音など)も不快に感じる

触らなくても触られている感覚がある(数メートル後ろに立っても気配を感じるそうです)

etc

一般的には考えられないことが不快であり、その困難を理解されないことで

さらに生活の不便を感じてしまいます。

とくに大脳皮質が成熟していないこどもには強く現れます。


そこを知らずに、なぜ出来ないのか?と怒ったり

無理やりさせてしまうとストレス状態にさらされ

身を守るために身を固めてしまい、悪循環に陥ります。




〇恐怖麻痺反射を統合する

先のブログでも書いたように原始反射は消失するワケではなく

大脳によってコントロールされています。

危機状況では、恐怖麻痺反射によって身を守る必要がありますからね。


療育では、原始反射を統合するために様々なことが行われています。

この記事で引用させてもらった一般社団法人ここからださんでは

統合遊びを用いて恐怖麻痺反射を統合させていきます。



他にも原始反射に言及しているワケではありませんが

リズミックムーブメント

BBA

ビジョントレーニング

などによってアプローチが行われます。


〇カイロプラクティック心では?

療育で行われるているものをヒモといていくと

カイロプラクティックやオステパシーの考えやテクニックが多く使われています。


カイロプラクティック心では、一般社団法人ここからださんでの統合遊びをホームケアで指導させていただき

頭蓋骨、背骨、内臓マニュピレーションなどを施術で行っていきます。


ただ、恐怖麻痺反射は先に述べたように

新しい場所が苦手であり、感覚が過敏であるがゆえに近づくことも難しいことがあります。



お子さんであれば、嫌がらない範囲で連れていただき

最初は、親御さんのお話を聞かせてもらいながら、ホームケアを指導することになります。

そして、お子さんが「触ってもいいよ」と許可をしてくれた段階で

初めて施術が行える段階となります。


親御さんの早く良くなって欲しい気持ちは解りますが

無理やり行いストレスにさらされれば、何の解決にもなりません。

少なくとも親御さんには、お子さんの一番の理解者になっていただき

ホームケアも無理やり行わず、やりたくなる環境、方法などの工夫も行って欲しいです。



カイロプラクティック心としては、1つでも苦手をなくしていき

生活しやすくなるよう、共に歩んでいく気持ちです。


発達でお悩みの方、発達障害と診断されてどうしたらよいかわからない方など

よろしければ、ご相談ください。(相談は無料です)

原始反射とは?発達凹凸に強く残存がみられる反射です

原始反射とは?

伊勢市 原始反射 発達障害

生きていくために、生まれつき備わっている機能です。

反射は、刺激に対して神経系を通じて反応を示す生理的反応であり

脊髄ー脳幹でコントロールされています。

自分の考えが反映される領域は、大脳皮質であり

反射は考えたり、意図したりすることでは起こりえません。

【反射の例】

熱い物を触ったとき手を引っ込める(屈曲反射)

膝下を叩くと足が動く(膝蓋腱反射)

※無条件反射

食べ物の匂いをかぐとよだれがでる(パブロフの犬)

※条件反射


原始反射は、胎内にいる頃から出現し、1歳頃には消失すると言われていますが

教育機関(医師、臨床心理士、療育機関など)によって消失時期の記され方が違います。


原始反射の役割の1つは、生きていくためです。

赤ちゃんは未熟な状態で生まれ、自分の意志では手足も動かすことが出来ず

コミュニケーションは泣いて知らせるだけです。

このような未熟さでも、外界の環境に適応していくために原始反射があります。

おっぱいから母乳を吸い、栄養を摂る。

危険から身を守るため、丸くなる。

etc

1人で生きていくことが出来ない赤ちゃんが最低限生きていくために備わっているものですね。

もう一つの役割として、発達の土台となります。

原始反射を繰り返すことが、歩行や発声など運動機能の土台となります。


原始反射は、出現の仕方、消失時期を指標に発達が正常に行われているかの評価にもなり

脳性マヒ、脳の損傷など中枢神経障害を疑う1つの指標となるため

健康診断のチェック項目にもなっています。



〇原始反射の種類


恐怖麻痺反射

交叉伸展反射

屈筋逃避反射

手掌把握反射

新生児プランタ反射

バビンスキー反射

ガラント反射

ペレーズ反射

陽性支持反射

台乗せ反射

自立歩行反射

探索反射

吸啜反射

押し出し反射

引き起こし反射

モロー反射

緊張性迷路反射

非対称性緊張性頸反射

対称性緊張性頸反射


上記のように多くの原始反射があります。


発達凹凸でチェックしていく原始反射は以下の通りです。

恐怖麻痺反射:FRP(妊娠5週~出現、誕生までに統合)

モロー反射:Moro(妊娠28週~出現、生後半年で統合)

緊張性迷路反射:TLR(前方TLRは妊娠12週~生後3,4ヶ月で統合、後方TLRは出産から生後9か月で統合)

ガラント反射、ペレーズ反射(妊娠20週で出現~出現、5ヵ月で統合)

探索、吸啜、手掌把握反射(妊娠11週で出現~生後3,4ヵ月で統合)

新生児プランタ反射(妊娠11週で出現~生後3ヶ月で統合)

バビンスキー反射(生後2,3日で出現~生後24ヵ月で統合)

非対称性緊張性頚反射:ATNR(妊娠18週で出現~生後4ヶ月で統合)

対称性緊張性頚反射:STNR(生後6ヶ月で出現~生後11ヶ月で統合)


※原始反射の出現および統合は文献によって違いがあります。

これらの原始反射が強く残存していると

生きづらさ、不器用さにつながることがあり

一般の方には理解されにくい振る舞いとして現れます。

その振る舞いが、発達障害と診断されることに至ります。



〇原始反射は消失しない

原始反射は、消失されるのではなく

成長とともに上位の脳でコントロールされるようになることから

原始反射の統合と表現されます。

子どもの場合、大脳皮質が十分に発達していないため

原始反射をコントロールしきれていない状態によって、振る舞いとして現れやすいです。



最近では、大人の発達障害も多いとされていますが

ある程度、成熟した大脳では原始反射がコントロール出来ています。

それが、疲れた時、パニックに陥ったときに大脳のコントロール制御が外れ

原始反射が強くみられ、振る舞いとして現れることがあります。

そのため、大人の発達障害では

強いストレスを感じる職場、激務な職場などでは大脳のコントロールが難しいくなり

発達障害にみられる行動、情動が表に出てしまうのではないでしょうか?



ここまで読んでいただくと、原始反射が残存していることにメリットを感じないかもしれません。

しかし、原始反射が人に備わっていることで

不意に転びそうになったときに手をつく

相撲の立ち合い

アーチェリーの構え

etc

人の行動を無意識下でサポートしてくれます。

全て、意識下のもと行動していたら疲れますからね。


原始反射を消失させるのではなく

いかにコントロールして、上手に付き合っていくかが大切です。



〇発達障害と診断された方

他人と違うと感じることが多い方へ


原始反射が全ての原因ではありません。

しかし、原始反射の残存傾向を知ることで

自分が感じている生きずらさを解消する糸口になる可能性があります。

現在では、原始反射を統合する方法もあり

日常に取り入れていくことで、統合された状態を継続しやすくなります。


今後、それぞれの原始反射の特徴、性質などをブログにUPしていく予定ですので

ご参考にしていただければ幸いです。

発達凹凸のご相談は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体 カイロプラクティック】にもご相談ください。


新規の方は、1日3名限定

予約は0120-638-124までお電話下さい。

営業時間外の予約はこちらから⇒24時間ネット予約受付中

メールでのお問合せはこちら⇒メールフォーム

LINEでのお問合せ、予約はこちら⇒カイロプラクティック心公式LINE登録:注意事項

※当院は、一人ひとり大切に施術させていただくため、施術中は電話にでることが出来ません。留守番電話にお名前、ご用件をお入れくださいませ。
 
着信履歴のある電話番号には、こちらから、折り返しお電話させていただきます。
 
また、留守電話にメッセージを入れていただけない場合、間違い電話の可能性もあるため

1度だけ折返しお電話させていただきます。


カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

スポーツ障害でお悩みの方⇒スポーツ障害専門【伊勢市 スポーツ整体】カイロプラクティック心ブログ

だまされない!産後骨盤矯正のススメ⇒産後の骨盤矯正がわかる記事

症状についてはこちら⇒症状別:原因が良く分かる記事一覧 : カイロプラクティック心の症例報告  

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちら
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback