【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 足関節の痛み

足関節外側の痛み(腓骨筋腱障害)

足関節外側の痛み(腓骨筋腱障害)

腓骨筋腱障害は

長腓骨筋腱、短腓骨筋腱が障害されている状態です。

これらの腱は

外くるぶしの後方を通り

母指側の骨(長腓骨筋腱が付着)と小指側の骨(短腓骨筋腱が付着)へ付着します。


この障害は、

これらの腱が走行する経路に問題が生じ痛みが発生します。


〇痛みの特徴

・外側のくるぶしの後方、または下方、足裏の外側(立方骨付近)が痛みやすい

・運動で悪化し、安静で軽減する痛み

・腫れと捻髪音(動かしたときに音がなる)を伴うことが多い


〇原因

・内反捻挫(足裏が内側を向く捻挫)

・腓骨筋に負荷をかける運動の反復(オーバーユース)

・トレーニング場所の問題(傾斜が多い)

・骨格の問題(回内足、下肢の問題など)

・バレーボール、バスケットボール、ダンスなどジャンプ動作


〇対処法

急性の場合は、痛める運動を中止し

アイシングで炎症を抑えます。


骨格の問題がある場合、矯正やモビリゼーションを行い、調整していきます。

足関節を調整するだけでも良くなる場合もありますが

クライアントの状態によっては、腓骨筋や臀部の筋の調整や

腰部周辺の骨格を調整
する必要性があります。(神経系や筋膜の関連を改善させる必要がある場合)



再発予防としては

靴が傷んでいる場合は、見直す必要があります。


当院で腓骨筋腱障害は、対応させていただきますので

上記の症状がある場合は、ご相談ください。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

足首(くるぶし外側)の痛み【足根洞症候群】

足首(くるぶし外側)の痛み【足根洞症候群】

足根洞は

2つの関節(距踵舟関節、距骨下関節)と靭帯で形成される骨管です。

※足根洞は外側くるぶしにあります。



内部は、滑膜(関節を包む膜:膜内に潤滑油の役割を果たす液体(滑液)が分泌されています)に

覆われ、血管や脂肪組織も存在してます。



〇足根洞を損傷による痛みの特徴

外側くるぶしの前方へ痛みが集中しやすい

朝に痛みが悪化し、運動中に痛みが軽減することが多い

・腫れることもある

・カーブを走ると痛みが悪化する場合がある

・足首にこわばりがある


〇原因

・不適切な足首の運動(過度の回内運動)

※土踏まずの部分が過剰に低下してしまい、関節、靭帯、筋肉などに負荷がかかる

・回内運動の反復(使いすぎ:オーバーユース)

・この症状を訴えるクライアントの70%が、内反捻挫の経験者という報告がある

・走り高跳びなどの踏み切りの反復によっても起る場合がある



〇対処法

病院では抗炎症剤などが処方され、痛みを軽減させます。



急性の場合(痛みて3日~3週程度)は

アイシング、安静
などにより炎症を抑えていきます。


過度の回内運動がみられる場合は、その問題を改善させることが大事です。

・距踵舟関節、距骨下関節のアライメント調整

・足首周辺の筋力低下がある場合は、それらを改善させ足首を安定させる。

※筋力低下は、トレーニングだけをすれば良いという問題ではなく

 筋力低下を引き起こしている原因を改善させる必要があります。

 原因は、拮抗筋、骨格、神経系の問題などが考えられます。



上記の問題が改善された後、リハビリとして

固有受容器感覚エクササイズ(とくに捻挫を起している場合)

筋力トレーニングなどを行い

再発予防をしていきます。



当院では、抗炎症剤は処方できませんが

足首のアライメント調整、筋力低下の回復などはさせていただきます。

また、再発予防のリハビリもご指導いたしますので

このような痛みがある場合は、ご相談ください。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

足根管症候群(足裏のしびれ)

足根管症候群(足裏のしびれ)

症状

足裏のしびれ、灼熱感などの感覚異常

足根管部の圧痛



痛みの特徴としては

夜間痛

運動時に痛み、安静にしていると痛みが治まります。


足根管は

内くるぶし後方~下方にかけて脛骨神経が通っている部分です。

足根管部で神経が締めつけられることによって、しびれや痛みを発生させます。



原因

捻挫、骨折などの外傷

足関節の回内(土踏まずが下がる方向へのストレス)を伴うオーバーユース(使いすぎ)


内くるぶし周辺の滑膜の問題

etc



対処法

足関節の調整(回内足の改善)

回内を強めてしまう問題の改善(股関節~膝~足関節のアライメント調整)

※動作の問題によっては体幹部の調整も必要です。


再発予防としては

靴の見直し

中敷(インソール)の作成などで

足関節が過剰に回内しないよう足を保護した方が良いです。



足のしびれは

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などと間違われる場合があるため

検査で鑑別することが大事です。


当院でも

このような症状にも対応させていただいきますのでご相談ください。



伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

内側くるぶし周辺の痛み

内側くるぶし周辺の痛み

◎長母趾屈筋腱障害

◎後脛骨筋腱障害


内側くるぶしの下を

長母趾屈筋腱、後脛骨筋腱が通っているため

これらの腱が障害されることによって、痛みを発生させる原因になります。



◆長母趾屈筋腱障害

症状は

爪先立ち、ジャンプ時(足が離れる瞬間)に内側のくるぶしに痛みが発生します。

母趾のストレッチや抵抗運動により痛みは悪化します。

重症になると、爪先立ちをする時に内くるぶし周辺で音が鳴る場合があります。



原因は

爪先立ちの反復(バレエダンサーに多い)によるオーバーユースです。

また、大きすぎるシューズを履くことも障害の原因となります。

骨格の問題では、回内足のように踵が内側方向に変位すると

腱が圧迫されやすくなり障害につながります。



◆後脛骨筋腱障害

症状は

内側くるぶしの下辺りと足底に放散痛が発生します。

また、腱に沿った圧痛があります。

内がえし(足底を内側にむける動作)の抵抗運動で痛みが生じ

筋力低下もみられます。




原因は

ランニング・ウォーキング・ジャンプ動作のオーバーユースです。

また、回内足により後脛骨筋腱にストレスが加わりると障害をおこしやすいです。



これらの障害の対処法は

急性期では、アイシング・安静により炎症を抑えていきます。

また、骨格に問題(回内足、踵骨内転変位など)があれば矯正にて改善させます。

痛みが治まってきたから、各筋に対してエクササイズやストレッチを取り入れていきます。



股関節や体幹などを上手に使えないことで足部に負担がかかっていることも考えられますので

必要に応じてそれらの部分に対して調整していきます。



重症になると外科的手術も必要な場合があります。



オーバーユースのくわえ、骨格の問題やそれに伴う筋肉の機能低下により

引き起こされる障害ですので、痛みをガマンせずご相談下さい。

伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

足の甲の痛み

足の甲の痛みについてお話します。

この痛みの原因は

足のハイアーチ

偏平足

回内足


など足のアライメント(骨の配列)に問題が発生していることが考えられます。



このような足のアライメント異常には

足の親指(母指)の機能が大きく関わっている場合があります。



母指は、歩いたり飛んだりするときに重要な役割を果たしています。

試しに、母指を床から離してジャンプしてみて下さい。

飛べないですよね?

次に、親指を床につけてみるとスムーズにジャンプ出来るはずです。

このように普段は何気に使っていますが、母指の機能は重要です。



そのため、母指の機能が低下すると足首や他の指に負担がかかり

足のアライメントに問題が生じてしまいます。

では、なぜ母指の機能低下がおこるかと言うと

腰や股関節など下肢の骨格の問題、過去の捻挫や骨折、歩き方などが考えられます。

※原因の詳しい説明は長くなりそうなので、ここでは割愛させていただきます。




実際に僕も骨折や捻挫をしている側の足は、長時間運動すると足の甲が痛くなりやすいです。





対処としては

痛みが強い場合はアイシング・安静にして炎症を抑えていきます。



カイロプラクティックの施術では

神経系でみていくと腰に関係があるため必要に応じて矯正していきます。


また足関節のアライメント異常もあるので

矯正やモビリゼーション
などで調整していきます。




足首の骨折や捻挫などをされた場合は靭帯を伸ばしていることが考えられるため

筋力トレーニングと供に、靴、インソールなどで再発予防
を行っていく方が良いです。

動きの問題が考えられる場合は、動作の修正も必要になります。



足の問題は、立つ、歩くなど常に負担のかかってくる部位のため

痛みの強さによっては、根気よく治療をしなければなりません。



そのため、痛みが発生したら安静やアイシング、治療など

早期に対応(腰や肩など他の部分もそうですが・・・)することが

早く痛みを改善させる近道です。


もちろん、当院でも対応させていただきますので、お任せ下さい。

伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日
お気に入りに追加
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちらから
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback