【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 妊娠中について

妊娠中によくある痛みや原因、改善方法|伊勢市 整体 カイロプラクティック心

妊娠中でもカイロプラクティックを受けれます

妊娠中の腰痛、肩こり、頭痛などでお悩みの方へ

伊勢市 妊婦 腰痛 肩こり 頭痛 整体 カイロプラクティック

□腰痛、肩こり、頭痛など症状がある

□妊娠中の家事や育児が大変

□体調を整えて出産を迎えたい

□妊娠前にはない症状がある


1つでも当てはまる方は、カイロプラクティック心にご相談ください。

妊娠中は、整体、カイロプラクティックが受けれないと思われている方も多いですが

カイロプラクティック心では妊娠5ヵ月以降から施術を行います。

妊娠中は妊娠前とはホルモンバランスが変化します。

また、胎児が大きくなるにつれて姿勢も変わることで筋骨格系のバランスまで変わります。

結果として、様々な症状がおこります。


妊娠中によくある症状


◎臀部痛

片側のみ臀部痛がみられます。

妊娠中は靭帯の関節に対する保持力がとても弱まる(ホルモンの影響:出産準備には欠かせない現象です)ため

仙腸関節(骨盤)をお尻の筋肉によって安定させるために引き起こされます。

予防としては長時間の座る、重いもの持ち上げる動作を避けた方が良いです。


◎腰椎(腰の背骨辺り)の痛み

お腹が大きくなることで重心が後へ移動し腰が反った状態となります。

そのため、腰椎に負担がかかり腰痛になります。

捻る動作は控えて腸腰筋(股関節前のストレッチ)をすると良いです。


◎背中の張り、痛み

腰椎の問題の2次的作用や胸が大きくなることから背中への負担が増えます。

また、内臓(胃、大腸など)の問題から内臓反射(お腹が硬くなる)の影響も考えられます。

腸腰筋の問題から内臓(大腸、腎臓)に影響を及ぼす場合もありますので

背中の痛みの予防にも腸腰筋のストレッチも有効です。


◎アキレス腱の痛み

お腹が大きくなることで、どうしても腰を反らした姿勢になります。

このような姿勢は、フクラハギへの負担が大きくなります。

フクラハギの筋肉は、アキレス腱となり踵に付着するため

負担が大きく緊張状態が続くとアキレス腱の痛みに繋がります。


姿勢は変えられないため、筋バランスを調整し

フクラハギへの負担を軽減させます。


◎吐き気(つわり)

胸椎の矯正(自律神経の調整)

横隔膜の調整により症状が緩和されることがあります。


◎便秘

妊娠中のホルモンの変化により、腸の運動が低下したり鉄分の過剰摂取などで引き起こされます。

水分を増やす、運動をする、食物繊維を摂取などが予防になります。

カイロプラクティックでは腸への反射療法骨盤、腰椎を調整していきます。


◎静脈瘤

家族の方が静脈瘤であると発症しやすく、痛みがない場合もあります。

便秘をしない、足のマッサージ(軽く触り心臓方向へ擦るように)、足を高くあげるなど

足に血が滞らないように気をつけます。



◎倦怠感

妊娠4ヶ月目に入れば自然に消えていくそうですが、

日常生活に支障をきたすときはカウンセリングなどの療法で改善させる場合があります。


◎めまい

妊娠中はホルモンの影響により血管壁がゆるむため、血液を押し流す作用が弱まり

起立性貧血(たちくらみ)がおこりやすいです。

立ち上がるときなど体勢を変えるときはゆっくりおこないます。


◎歯茎の出血

妊婦の40%にみられるそうです。

柔らかい歯ブラシを使用、ビタミンCの摂取が予防になります。


◎頭痛

妊娠3ヶ月~5ヶ月でよくみられます。

水分が不足すると血流が悪くなることが影響しているようです。

水分補給をしっかり行うことが予防につながります。

また、脳脊髄液や頸部の問題の場合もあるため

カイロプラクティック(首の矯正、首周辺の筋バランスの調整、後頭骨ポンプなど)も有効です。



◎手根管症候群(手首の痛みやしびれ)

ホルモンの影響で靭帯が緩むため、手の関節も保持力が弱まり

神経が通る手根管のアーチがつぶれやすいことで症状がおきやすいです。

テーピングでの固定(アーチを固定する)必要に応じて手首の矯正、腕のストレッチを行います。


◎尾骨の痛み

お尻の中央部に痛みが発生します。

尾骨の調整が有効にはなります。


妊娠中のセルフケア

①食事の改善

血液を産生する鉄分、タンパク質、水分をしっかり補給

鉄分は意識されるようですが、タンパク質も意識して摂取してください。

牛肉、大豆食品(タンパク質)

貝類(鉄分)

水分は1日2リットル(冬は白湯もおススメ)



栄養の吸収、老廃物の排泄の機能も正常に働いている必要があります。

例えば、下痢気味では大腸の働きは良いとは言えず

栄養を吸収できない状態です。

この状態で、どのような良いサプリメントを摂取したとしても

栄養は吸収されず、体内の組織の材料にはなりません。


腸内細菌に適切な食材(大根、キャベツ、玉ねぎなどの白野菜)

便通に必要な食物繊維(キノコ類、胚芽米など)

便通に必要な油(Ω9系のオレイン酸を含むオリーブオイル)



甘い物は美味しいのですが、カロリーだけ高く栄養価の無いものが多くあります。

甘い物も控えることもススメです。


②運動

適度な運動は、筋肉や関節も刺激されます。

最近では、マタニティービクスなども行われています。

妊娠中に関わらず、同じ姿勢を続けること腰痛や肩こりを引き起こしやすくなります。

姿勢を変えるだけでも十分な運動です。

妊娠中、デスクワークで1日中座りっぱなしという方は

1時間に1~2回立ち上がるだけでも良いので姿勢を変えましょう。


②リンパケア

左側の鎖骨下に7割程度リンパが流入します。

妊娠と共に胸も大きくなり、その周辺が緊張状態が続くと

リンパの循環不良がおきやすいです。


上向きで寝た状態で腕を挙げ(腕が肩より少し上にあるくらい)

鎖骨下を軽くマッサージしてください。


カイロプラクティック心の妊婦施術

下肢ミスアライメントへのアプローチ
伊勢市 整体 カイロプラクティック心

立った状態が辛い方はとくに

下肢のアプローチだけでも症状が軽減されることが多いです。


頭蓋骨の調整

伊勢市 整体 カイロプラクティック心 クラニアル

頭蓋骨調整は、緊張を和らげる効果があります。

頭蓋骨調整の詳細はこちら⇒【頭蓋骨調整】

頸椎の調整

伊勢市 整体 カイロプラクティック心 頸椎調整


妊娠中は体への負担も考え、楽な姿勢(仰向け、横向き、座った姿勢)で施術を行い

短い時間での症状改善を目指します。

妊娠中は、前述したとおりホルモンバランス、姿勢変化など

妊娠中における身体の変化が症状の原因の1つです。


そのため、根本的な解決ではなく

出産期間内の最適な状態を維持することが目的になります。


5ヵ月以降は週1回の施術を目安に症状改善を目指します。

症状に具合に合わせて月1~3回の施術で

良い状態を保って頂き出産を迎えていただきます。




妊娠中は特にデリケートな期間でもありますので

体調が優れない場合(気分が悪い、熱がある、出血があるなど)は施術はせずに安静にされるか

かかりつけの医院にご相談下さい。


妊娠中に施術を受けられた方の喜びの声

シルエット女性
   30代女性

主訴:臀部の痛み(妊婦ケア:妊娠7ヶ月)

治療歴:産婦人科、整形外科受診済

数回通うことでほとんど痛みがなくなりました。

4回目の施術後
img002_convert_20130712083042.jpg

※施術効果には個人差があります。

シルエット女性
  30代 女性

主訴:腰の痛み(妊婦)

治療歴:産婦人科受診済

こちらに通院したおかげで大分良くしていただき、感謝しています。

img125_convert_20151019142835.jpg


※施術効果には個人差があります。


伊勢市 整体 カイロプラクティック心 口コミ 評判良い

妊娠中のお悩みは

カイロプラクティック心【伊勢市 整体 カイロプラクティック】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定

予約は0120-638-124までお電話下さい。

営業時間外の予約はこちらから⇒24時間ネット予約受付中

メールでのお問合せはこちら⇒メールフォーム

LINEでのお問合せ、予約はこちら⇒カイロプラクティック心公式LINE登録:注意事項

※当院は、一人ひとり大切に施術させていただくため、施術中は電話にでることが出来ません。留守番電話にお名前、ご用件をお入れくださいませ。
 
着信履歴のある電話番号には、こちらから、折り返しお電話させていただきます。
 
また、留守電話にメッセージを入れていただけない場合、間違い電話の可能性もあるため

1度だけ折返しお電話させていただきます。


カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

スポーツ障害でお悩みの方⇒スポーツ障害専門【伊勢市 スポーツ整体】カイロプラクティック心ブログ

だまされない!産後骨盤矯正のススメ⇒産後の骨盤矯正がわかる記事

症状についてはこちら⇒症状別:原因が良く分かる記事一覧 : カイロプラクティック心の症例報告  

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

妊娠中の痛みやしびれ(腰痛、アキレス腱の痛み、背部痛など)の予防の1つに

妊娠中は出産に向けて

体に色々な変化がおこります。




とくに妊娠後期は

お腹が大きくなることでの骨格変化や

靭帯が緩む生理的変化による関節の不安定性などによって

痛みが発生しやすい状態になります。


★妊娠中におきやすい痛み

腰痛

背中の痛み

臀部の痛み

アキレス腱の痛み

恥骨痛



これらの痛みの予防のために

トコちゃんベルト、マタニティビクスなどをされている妊婦さんもいらっしゃるのではないでしょうか?



当院でも妊娠中の痛みを緩和させるための施術を受付けておりますが

妊娠中に施術をうけるのは怖いという方もいらっしゃると思います。




そこで

FSSストレッチで体のバランスを整えて痛みを予防しませんか?


FSSストレッチは

姿勢分析や簡単な検査で一人ひとりにあったストレッチを行います。

自分にあったストレッチを行うことで

体のバランスが整い

その結果、上記に挙げた痛みが軽減することも考えられます。






当院では月1回

FSSストレッチ教室をおこなっておりますので

興味のある方は、ご連絡ください。




伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

妊娠後期の腰痛

妊娠後期の腰痛


o0430033011337395927.jpg

※しゃわひび絵日記からの画像です


妊娠後期になるとお腹も大きくなり、イラストのように腰が反った状態になります。


骨格は下のイラストのようになっています。

姿勢1

腰の前弯が大きくなり、腰が反った状態になります。



この減少により腰部の背骨で形成される関節(椎間関節)に問題が生じて腰を痛めやすくなります。



仰向けで寝ると腰が痛い、腰部に手が入るくらい反っている場合は

腰の前弯が過剰に大きくなっています。



妊娠後期になるとホルモンの影響により靭帯が緩むため、関節の保持力が弱まります。

そのため、妊婦さん特有の姿勢(お腹をつきだした姿勢)や筋肉のバランスの崩れにより

妊娠前に比べ骨格は歪みやすくなります。

その結果、腰の前弯が過剰に大きくなって腰痛を引き起こしやすくなります。



出産までは筋肉のバランスを整えていくことが、痛みの軽減につながります。


このケースの腰痛の場合は、股関節前のストレッチ(大腰筋のストレッチ)が有効です。

ストレッチ方法はこちら(大腰筋ストレッチ方法)


妊娠中は、転倒にも注意して行うようにして下さい。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


妊娠中のアキレス腱の痛み

妊娠中のアキレス腱の痛み
o0430033011337395927.jpg

※しゃわひび絵日記からの画像です

妊娠中(とくに後期)はイラストのようにお腹を突き出した姿勢になります。

言い換えれば・・・

骨盤が前方に移動した姿勢です。

姿勢1

このイラストのように足よりも骨盤の方が前方にあります。


この姿勢は、つま先辺りに重心(前重心)があり

さらに骨盤が前方に移動しているため、筋肉や腱、靭帯などの支えがなければ前方に転倒してしまいます。


そのため、立った姿勢では常にフクラハギの筋肉、アキレス腱が活動して

体が前方に転倒しないように支えているので

アキレス腱を痛める人(アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎)によくみられる姿勢
になります。



妊娠中は、お子さんがお腹にいるため、どうしてもこの姿勢にはなりやすいので

アキレス腱に痛みを感じる方が多いようです。



対処法としては

立っている時は踵重心を意識して家事などをしてもらうと良いです。

また、フトモモの後の筋肉が弱まっていることも考えられるため

膝を曲げて踵をお尻につける運動(お尻に踵がつかなくてもよいのです)が良いです。

※支えがないと転倒の危険があるため、必ず壁や手すりを持って運動して下さい。




以上の対処法により

アキレス腱の痛みが軽減すると考えられます。

痛みが変わらない場合は、違う原因も考えられますので

ご相談下さい。

少しでも体のストレスを減らして、出産に備えて下さいね。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

妊娠中の施術について

当院は、妊娠中の方でも施術をさせていただいております。

出産が近ずくにつれてお腹も大きくなるため、筋肉のバランスや骨格の変化は必ずおきます。

その影響により腰痛などの症状を引き起こしやすくなります。

また、妊娠中は関節を固定して安定させている靭帯が緩むため

関節が不安定になることも痛みを引き起こす原因と考えられます。

そのため、施術後痛みの多くは緩和しますが

関節構造を維持することが難しく、痛みの症状は繰り返されます。

上記のことから強い痛みがある場合

当院では施術の間隔を短くすることをお勧めしております。

もちろん強制はいたしませんので、施術頻度などご不明な点はどんどんとご質問下さい。

また、妊娠中でも可能なエクササイズなどもご指導いたしますので

ご自宅での自己管理に役立てていただければと思います。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback