【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 妊娠中について

妊娠中の痛みやしびれ(腰痛、アキレス腱の痛み、背部痛など)の予防の1つに

妊娠中は出産に向けて

体に色々な変化がおこります。




とくに妊娠後期は

お腹が大きくなることでの骨格変化や

靭帯が緩む生理的変化による関節の不安定性などによって

痛みが発生しやすい状態になります。


★妊娠中におきやすい痛み

腰痛

背中の痛み

臀部の痛み

アキレス腱の痛み

恥骨痛



これらの痛みの予防のために

トコちゃんベルト、マタニティビクスなどをされている妊婦さんもいらっしゃるのではないでしょうか?



当院でも妊娠中の痛みを緩和させるための施術を受付けておりますが

妊娠中に施術をうけるのは怖いという方もいらっしゃると思います。




そこで

FSSストレッチで体のバランスを整えて痛みを予防しませんか?


FSSストレッチは

姿勢分析や簡単な検査で一人ひとりにあったストレッチを行います。

自分にあったストレッチを行うことで

体のバランスが整い

その結果、上記に挙げた痛みが軽減することも考えられます。






当院では月1回

FSSストレッチ教室をおこなっておりますので

興味のある方は、ご連絡ください。




伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

妊娠後期の腰痛

妊娠後期の腰痛


o0430033011337395927.jpg

※しゃわひび絵日記からの画像です


妊娠後期になるとお腹も大きくなり、イラストのように腰が反った状態になります。


骨格は下のイラストのようになっています。

姿勢1

腰の前弯が大きくなり、腰が反った状態になります。



この減少により腰部の背骨で形成される関節(椎間関節)に問題が生じて腰を痛めやすくなります。



仰向けで寝ると腰が痛い、腰部に手が入るくらい反っている場合は

腰の前弯が過剰に大きくなっています。



妊娠後期になるとホルモンの影響により靭帯が緩むため、関節の保持力が弱まります。

そのため、妊婦さん特有の姿勢(お腹をつきだした姿勢)や筋肉のバランスの崩れにより

妊娠前に比べ骨格は歪みやすくなります。

その結果、腰の前弯が過剰に大きくなって腰痛を引き起こしやすくなります。



出産までは筋肉のバランスを整えていくことが、痛みの軽減につながります。


このケースの腰痛の場合は、股関節前のストレッチ(大腰筋のストレッチ)が有効です。

ストレッチ方法はこちら(大腰筋ストレッチ方法)


妊娠中は、転倒にも注意して行うようにして下さい。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


妊娠中のアキレス腱の痛み

妊娠中のアキレス腱の痛み
o0430033011337395927.jpg

※しゃわひび絵日記からの画像です

妊娠中(とくに後期)はイラストのようにお腹を突き出した姿勢になります。

言い換えれば・・・

骨盤が前方に移動した姿勢です。

姿勢1

このイラストのように足よりも骨盤の方が前方にあります。


この姿勢は、つま先辺りに重心(前重心)があり

さらに骨盤が前方に移動しているため、筋肉や腱、靭帯などの支えがなければ前方に転倒してしまいます。


そのため、立った姿勢では常にフクラハギの筋肉、アキレス腱が活動して

体が前方に転倒しないように支えているので

アキレス腱を痛める人(アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎)によくみられる姿勢
になります。



妊娠中は、お子さんがお腹にいるため、どうしてもこの姿勢にはなりやすいので

アキレス腱に痛みを感じる方が多いようです。



対処法としては

立っている時は踵重心を意識して家事などをしてもらうと良いです。

また、フトモモの後の筋肉が弱まっていることも考えられるため

膝を曲げて踵をお尻につける運動(お尻に踵がつかなくてもよいのです)が良いです。

※支えがないと転倒の危険があるため、必ず壁や手すりを持って運動して下さい。




以上の対処法により

アキレス腱の痛みが軽減すると考えられます。

痛みが変わらない場合は、違う原因も考えられますので

ご相談下さい。

少しでも体のストレスを減らして、出産に備えて下さいね。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

妊娠中の施術について

当院は、妊娠中の方でも施術をさせていただいております。

出産が近ずくにつれてお腹も大きくなるため、筋肉のバランスや骨格の変化は必ずおきます。

その影響により腰痛などの症状を引き起こしやすくなります。

また、妊娠中は関節を固定して安定させている靭帯が緩むため

関節が不安定になることも痛みを引き起こす原因と考えられます。

そのため、施術後痛みの多くは緩和しますが

関節構造を維持することが難しく、痛みの症状は繰り返されます。

上記のことから強い痛みがある場合

当院では施術の間隔を短くすることをお勧めしております。

もちろん強制はいたしませんので、施術頻度などご不明な点はどんどんとご質問下さい。

また、妊娠中でも可能なエクササイズなどもご指導いたしますので

ご自宅での自己管理に役立てていただければと思います。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日
お気に入りに追加
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちらから
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback