【】     カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 症例:膝痛
FC2ブログ
カイロプラクティック心【伊勢市 整体 カイロプラクティック】

膝痛改善例/しゃがむと膝裏が痛む/伊勢市カイロプラクティック心

しゃがむと膝裏が痛む

~症例報告~

50代 男性

しゃがむと左膝裏に痛みが発生する。

また、しばらく座って動き出すとしばらく痛みが続く。



姿勢は

上体が右へと傾いている。


動作は

自分でしゃがみ込むと痛み

寝かした状態での膝の屈曲では痛みが誘発されない。


筋力テストでは

大腿直筋の弱化がみられた。

寛骨後方回旋の影響と考えられる。


触診では

内側半月に圧痛がみられた。

整形学テスト(マックマレー)では、痛みが誘発されない。


大腿直筋の弱化による、膝屈伸時の不安定性により

膝関節および内側半月に過剰な負荷がかかってしまうことで痛みが誘発される考えられる。



施術は

寛骨の後方変位、内側半月のモビリゼーションを行う。

施術後は、痛みが軽減された。


2回目以降も膝裏の痛みが発生していた。

内側半月の圧痛はみられないが

膝窩筋の圧痛が確認された。

また、筋力テストでは

半腱半膜様筋(内側ハムストリング)の弱化がみられた。

外側広筋(太ももの筋肉)の影響と考えられる。


施術は

外側広筋への伸張リリース、膝窩筋のストレインカウンターを行う。

3回目以降も痛みが軽減するも発生していたため

脛骨、足関節の調整も行った。


6回目の施術時には

2週間程度、痛みが発生していない状態であった。



~カイロプラクティック心からのコメント~

過重負荷、休息後(起床時、同じ姿勢を続けた後の痛み)は

筋肉の問題であることが多いです。


関節を動かす筋肉が正常に動かないと

関節への負荷も大きく動作痛にもつながります。


筋肉の問題と言っても、ただ揉みほぐせば(柔らかくする)

良いワケではありません。

筋肉にも一定の緊張度が必要です。

そのため、柔らかすぎることも問題になります。


今回のケースでは

外側広筋は筋伸張性が損なわれ、膝窩筋は筋紡錘のエラーが考えられます。

それらに合わせたテクニックを使い、調整しています。


ただ、1回の施術だけでは神経系の伝達が完全に回復しません。

ホームケアも含めてバランスをとる必要があります。

そのため、数回の施術が必要になることはクライアントにもお伝えしてあります。

再発した腸脛靭帯炎改善例|ランニング障害・膝痛/伊勢市 整体 カイロプラクティック心

再発した腸脛靭帯炎

~症例報告~

50代 男性

数ヶ月ぶりにランニングを再開したら、過去に腸脛靭帯炎と診断された

左膝の外側が痛くなった。


以前痛くなったときは、腸脛靭帯周辺をお灸で緊張を緩めてもらっていた。



姿勢は

両側ともに回内足がみられ、膝が少し屈曲した状態。

また、体幹部が左を向いた状態となっていた。


動作で悪化することはなかったが

左側の片足スクワットではふらつきがみられると共に

腰部が回転してしまい、膝が内側へ入ってしまう。

また、ランジ(足を前後に開く)では

左側の膝とつま先が同方向を向くようにするとランジ姿勢がとりずらい。


触診では

腸脛靭帯の圧痛がみられた。

また、前脛骨筋、後脛骨筋の過緊張がみれる。


筋力テストでは

腹横筋、左側の大腿筋膜張筋、中殿筋の弱化がみられた。

筋力の弱化は

横隔膜、腰部の背骨の問題が影響していると考えられる。





腰部が右を向く状態のため、左側の膝が内側(knee in)に入ってしまうことが想像できる。

そのため、両側に回内足はみられても左側に症状が発生しやすい状態と考えられる。

また、体幹部の安定化に関わる腹横筋の弱化がみられることで

体幹部(骨盤)に付着する大腿筋膜張筋の協調運動も上手く機能しないことが

腸脛靭帯炎を再発したと推測される。




施術は

腸脛靭帯の圧痛付近に伸張刺激を加え、滑走性を向上させる目的で調整(摩擦を減らすイメージ)

横隔膜、足関節、腰椎の調整を行ない

筋弱化および下肢の筋緊張を改善させた。


施術後、片足スクワットが安定して行えるようになった。

4日後の来院時に20キロ程度ランニングしたが、痛みを感じることなく走れた。(サポーターは装着)

施術は、下肢のバランスを安定させるため

足底への刺激および、腰部の調整を行なった。

次の日のハーフマラソンでは、ランニング中の痛みもなく完走。


再発予防のため、圧痛および動作不良の改善を目指し継続して施術を行っていく。


~カイロプラクティック心からのコメント~

腸脛靭帯炎は、炎症とされていますが

炎症物質はみられず、腸脛靭帯下の貯留による刺激が痛みの原因という研究報告があります。


そのため、腸脛靭帯炎であるとアイシングなどの炎症を抑える治療がされることもありますが

病態が炎症ではないため、炎症のコントロールは不要と考えられます。



身体機能面では、股関節の外転筋力(足を外側に開く)および

膝の屈伸筋力の低下がみられるという研究報告もあります。


今回のクライアントは、股関節の外転筋力低下(中殿筋、大腿筋膜張筋の弱化)がみられたため

それらの調整を行ないました。




多くの治療院では、腸脛靭帯周辺の筋緊張を緩和させることが行われます。

筋緊張が和らぐことで痛みが軽減しますが

根本的な筋力低下やフォームの問題が解消されていないため、再発するリスクは高いです。



カイロプラクティック心では、筋の状態を把握して

筋緊張以外の問題にもアプローチし、再発予防も行っていきます。

今回は、早く痛みが改善されましたが

痛めたすぐにご来院いただき、腸脛靭帯を含めた身体へのダメージも最少に抑えられていたことも

早期改善につながったと考えられます。



腸脛靭帯炎は、痛みが改善されるまでランニングを中止することも治療の1つですが

前述したように身体面の問題があるとランニングを再開しても痛みがぶり返すリスクも高いです。

痛みの出ない範囲でランニングフォームのチェック、身体のチェックを

専門家に相談することも再発予防には大切です。


このクライアントは、初診から4ヶ月ほど経ちましたが

現在もアップダウン激しいコースで練習しても痛みの再発はありません。




膝の痛みの改善例/しゃがむと両膝が痛い/伊勢市カイロプラクティック心

しゃがむと両膝が痛い

~症例報告~

30代 女性

職場でしゃがむことが多くなり、膝に痛みが発生するようになった。

また、併発症状として足のむくみがある。


姿勢は

骨盤部が前方へ移動し、反張膝のような状態。


動作では

90°くらい膝を曲げることで(スクワット動作)痛みが発生。

他動的に動かしても痛みはないが

捻髪音が聞こえる(パキパキ音が鳴る)


筋力テストでは

右側の大腿直筋の弱化がみられた。

腰部の回旋の捻じれをとるようにすると弱化が回復する。


触診、カイロプラクティック検査では

腰椎4番右回旋変位、仙腸関節の可動制限、鼠径部の圧痛がみられた。

また、腹部の緊張も強くみられる。

左側の膝関節は、大腿後方、脛骨前方変位がみられる。



腰椎からの問題により、膝の安定に関わる大腿四頭筋が機能しておらず

痛みの一因になっていると推測される。

また、膝関節の弱化や膝関節の変位により捻髪音も生じており

この状態でしゃがむ動作を反復したことで痛みが悪化したと考えられる。


膝痛は、むくみでも痛みを感じることがあるため、むくみの対策も必要。



施術は

腰椎から調整し、仙腸関節や膝関節も正常な運動が行えるように改善していく。

むくみもあることから腹部の調整(乳び層:リンパの本管)左鎖骨下、鼠径部の調整も行う。



初回の施術後、膝の痛みが数日楽になったが再発。

初回の施術にくわえ、股関節の可動域調整、膝曲げ伸ばしの動作指導

仙腸関節のモビリゼーションなどを行い

6回目の施術後には気をつけながら仕事をしているが、痛みを感じることがなくなった。

また、むくみも以前ほど夕方に酷くはならなくなった。



~カイロプラクティック心からのコメント~

股関節の影響が大きい膝痛でした。

膝を曲げるときは、股関節の回旋運動も行われますが

この動きが正常に行われないと膝の異常運動をおこします。

また、股関節の状態によってはリンパや血管を圧迫しやすくむくみの原因にもなります。

それが結果として、膝痛を強めてしまうことがあります。


今回のケースは、むくみが解消されたことも良い方向に向かったと考えられます。




膝の痛みの改善例|半月板損傷と診断された膝の痛み|伊勢市カイロプラクティック心

半月板損傷と診断された膝の痛み

~症例報告~

50代 男性

合気道の練習中に右膝を痛めた。

整形外科でMRIを撮り、内側半月板損傷と診断される。

水を抜く、電気治療などを受けたが、正座も出来ず歩くのも痛いため来院。


姿勢は

前のめりの姿勢で、痛めている膝は外反位が強くみられた。


動作では

膝90°程度曲げると痛みが悪化する。

ベッドに寝かせて他動的に膝を動かしても90°程度曲げると痛みが悪化する。



内側半月板の損傷をみる整形学テストでは、あまり痛みが悪化しない。

触診では、内側半月板部分に圧痛がみられるが、内足側副靭帯にもみられた。

また、膝蓋骨を触診すると可動性がみられない。


他の所見として股関節、仙腸関節の可動制限もみられる。

筋力テストでは

大殿筋(お尻の筋肉)大腿直筋(フトモモ前の筋肉)に弱化がみられた。


弱化は、股関節前の筋肉(腸腰筋)の影響、および下肢のアライメント不良と考えられる。


内側半月板の損傷以外にも内足側副靭帯への負荷、関節の運動学異常

筋弱化に伴う運動制御の異常など複合的な問題によって、膝への負担が大きいため

膝を動かした時の痛みが強まっていると推測される。




施術は

腸腰筋の伸張性を高めるとともに股関節の可動域を調整した。

それだけでも膝蓋骨の動きに改善がみられる。

膝のモビリゼーションを行い、膝を動かしやすくする。

施術後は、膝の曲げる角度が大きくなった。


股関節周辺のホームケアと膝の使い方を指導した。


その後、下肢のアライメント調整、半月板の可動調整などを加えながら

全身のバランスを改善させていった。


10回の施術で階段の昇り降りが痛みなく出来るようになった。

20回の施術で、ゆっくりながらも正座が出来るようになる。


合気道を続けるため、メンテナンスをしながら再発しないよう施術を進めていく。


~カイロプラクティック心からのコメント~

半月板損傷と診断されてから数か月後に来院され

その間、完全な関節運動が出来ていないため、関節拘縮もおきていたと考えられます。

そのことが膝を曲げれない1つの要因と推測されます。


関節固縮は、動かさないと起こりえる症状であるため

手術後でも健全な関節を守る理由で早期にリハビリを始めます。

病態によっては安静にすることも大事ですが

2次的な要因で痛みや関節の可動制限を防ぐためにも

自己判断で長期安静することは止めたほうが良いですね。




関節拘縮は、膝以外でも動かさない部分はおこり

今回は、股関節の影響が大きかったと思われます。

また、膝を曲げるときに重要な膝蓋骨の動きがほとんどなかったため

膝を曲げるときに痛みが強まっていたと考えられます。



MRIでは半月板損傷がみられたと思われますが

それ以外に問題により可動性が制限されることも多いため

バイオメカニクス、他の関節可動検査、筋機能チェックなどの評価をし

それに対してアプローチしていくことで膝の痛みが改善されやすくなりました。



ただ、関節拘縮がみられると改善までの時間はかかります。

病院でのリハビリ期間中でも、お手伝いできることもありますんで

早めにご相談いただき、早期にスポーツ競技や日常生活に復帰していただけたらと思います。


膝痛の改善はカイロプラクティック心【伊勢市 整体 カイロプラクティック】にお任せ下さい。

新規の方は、1日3名限定

予約は0120-638-124までお電話下さい。

営業時間外の予約はこちらから⇒24時間ネット予約受付中

メールでのお問合せはこちら⇒メールフォーム

LINEでのお問合せ、予約はこちら⇒カイロプラクティック心公式LINE登録:注意事項

※当院は、一人ひとり大切に施術させていただくため、施術中は電話にでることが出来ません。留守番電話にお名前、ご用件をお入れくださいませ。
 
着信履歴のある電話番号には、こちらから、折り返しお電話させていただきます。
 
また、留守電話にメッセージを入れていただけない場合、間違い電話の可能性もあるため

1度だけ折返しお電話させていただきます。


カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

スポーツ障害でお悩みの方⇒スポーツ障害専門【伊勢市 スポーツ整体】カイロプラクティック心ブログ

だまされない!産後骨盤矯正のススメ⇒産後の骨盤矯正がわかる記事

症状についてはこちら⇒症状別:原因が良く分かる記事一覧 : カイロプラクティック心の症例報告  

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

膝の痛み改善例/産後からの両膝の痛み/伊勢市 カイロプラクティック心

産後からの両膝の痛み

~症例報告~

30代 女性

産後から両膝に痛みが発生(産後3ヶ月のとき来院)

しゃがむ度に、膝の前面(お皿よりも上辺り)に痛みがある。

出産は、帝王切開。



姿勢は

両側の足関節の捻じれ(回内足)がみられ、上体は右へ傾く。


動作では

膝を90°曲げた辺りから痛みが発生する。

つま先が浮指のようになっており、土踏まずを潰すような動作がみられた。


ベットに寝た状態で、他動的(施術者が膝を曲げ伸ばしする)に膝を曲げると

膝への痛みは発生しない。

他の部位の可動域検査では

股関節の外旋制限、左側の仙腸関節の可動制限がみられた。

整形学検査では

半月板、靭帯などの組織損傷はみられなかった。

筋力テストでは

左側の長母指屈筋、右側の大腿直筋の弱化がみられる。

腹横筋、仙腸関節の影響と考えられる。



足関節(足首~足裏)の捻じれにより、正常な関節運動が行われていない。

また、それに伴い膝の安定化に関わる大腿直筋

足底アーチを支持する長母指屈筋の弱化により、さらに正常な関節運動が出来なかったと推測される。

足関節のアライメントを整えると共に

正常な関節運動が行えるよう筋肉の機能を回復させていく。




施術は

仙腸関節の調整、足関節(舟状骨)の調整を中心に行う。

2回目の施術では

外反母趾になっている指の調整を行ない

股関節の動きを改善させた。

3回目の施術で腹筋群が安定しないため

顎関節、頭頂部(頭蓋骨調整)、帝王切開手術痕リリースなどの調整を行なう。


3回目の調整後、膝痛も当初の痛みより10⇒3程度まで軽減されていた。


3回目以降は

股関節、膝関節、足関節の調整により、脚の状態を改善させ

全体のバランスを調整し6回目の施術後には日常生活で痛みを感じない状態まで回復。




~カイロプラクティック心からのコメント~

立った状態での動作のみ痛みが発生したため

軟骨の変性、靭帯や半月板の損傷など構造的(骨や靭帯など)な損傷はないと考えられました。

動作中に膝周辺に過剰な負荷(筋肉の伸張、関節包の伸張など)により

痛みを感じていたと推測されます。

そのため、膝周辺に過剰な負荷がかからないように

関節運動や筋肉の機能回復が大切になります。


出産後は、骨盤の影響(膝を動かす筋肉が骨盤に付着するため)も考えられると共に

赤ちゃんを下から抱き上げる動作が増えることで膝に痛みが発生しやすいです。


ただ、骨盤矯正をすれば良いという誤解はしてほしくありません。


今回のケースは、とくに帝王切開によっての腹筋群の機能低下が必ずみられます。

そのため、帝王切開の手術痕のケアも大切です。

また、足関節の捻じれも強く骨盤の土台となる足の問題により

骨盤にも影響していると言えます。


産後ケアといっても骨盤矯正を行えば、全て済むことはほとんどありません。

産後膝痛の改善はカイロプラクティック心【伊勢市 整体 カイロプラクティック】にお任せ下さい。

新規の方は、1日3名限定

予約は0120-638-124までお電話下さい。

営業時間外の予約はこちらから⇒24時間ネット予約受付中

メールでのお問合せはこちら⇒メールフォーム

LINEでのお問合せ、予約はこちら⇒カイロプラクティック心公式LINE登録:注意事項

※当院は、一人ひとり大切に施術させていただくため、施術中は電話にでることが出来ません。留守番電話にお名前、ご用件をお入れくださいませ。
 
着信履歴のある電話番号には、こちらから、折り返しお電話させていただきます。
 
また、留守電話にメッセージを入れていただけない場合、間違い電話の可能性もあるため

1度だけ折返しお電話させていただきます。


カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

スポーツ障害でお悩みの方⇒スポーツ障害専門【伊勢市 スポーツ整体】カイロプラクティック心ブログ

だまされない!産後骨盤矯正のススメ⇒産後の骨盤矯正がわかる記事

症状についてはこちら⇒症状別:原因が良く分かる記事一覧 : カイロプラクティック心の症例報告  

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちら
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback