【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 症例:妊娠中のケア

臀部の痛み(妊娠7ヶ月)

臀部の痛み(妊娠7ヶ月)

~症例報告~

30代 女性

3ヶ月前から、臀部に痛みが発生した。



姿勢は

右側に重心が移動し、上半身は傾きがみられる。


動作では

腰部からの前屈で痛みが強まる。

上向きで寝た状態で、足を挙げる検査では痛みは強まらなかった。

その他の整形学検査も行ったが、坐骨神経由来の痛みではないと考えられる。



触診では

痛めている側の太もも前(大腿四頭筋)と反対側の太もも後(ハムストリング)の緊張がみられる。

頸部の問題を改善させると、それぞれの緊張が緩和された。




頸部の問題により、下肢筋肉の緊張度のバランスが崩れることで

痛めている側の臀部は、常に伸長されていることが考えられ

その結果、臀部に痛みが発生したと推測される。





施術は

頸部を中心に施術を行う。

施術後は、前屈での痛みが消失した。



2回目の来院時では、痛みが再発していた。

施術は

頸部の調整にくわえ、骨盤部の運動パターンを改善させた。



3回目の来院時には、痛みをほとんど感じることなく過ごせていた。

施術は

上記の施術と足関節を調整し、立ち方の指導を行う。


その後は、痛みを感じることなく仕事や日常生活を送れるようになった。




~カイロプラクティック心からのコメント~


頸部には様々な反射作用があり、下肢に影響を及ぼす場合があります。

クライアント自身も、首の動かしにくさを感じていました。

そのため、頸部の調整だけでもある程度、痛みの軽減がみられました。



ただ、痛みの再発がみられたため

骨盤部の運動パターンも改善さえました。

痛み自体も数ヶ月続いているため

骨盤部の運動パターンにも問題が発生したと考えられます。





施術は、妊娠7ヶ月のため、仰向けと座位の姿勢にて行いました。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定

予約は0120-638-124までお電話下さい。

※当院は、一人ひとり大切に施術させていただくため、施術中は電話にでることが出来ません。
 着信履歴のある電話番号には、こちらから、折り返しお電話させていただきます。
 大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解くださいませ。



カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

背中~肩の痛み(産後ケア)

背中~肩の痛み(産後ケア)

~症例報告~

30代 女性

産後から背中~両肩にかけて痛みが強まる。(産後6ヶ月)

また、仰向けでねるのが辛く

歩いていて左右のバランスに違いを感じる。



姿勢は

背中が後方に重心移動(スェーバック)していることにより、猫背の状態となっている。

また、全体的にみると左側の足関節が回内(土踏まずが低くなっている状態)しており

バランスをとるように腰、肩、頭部に傾きがみられる。



動作では

首の伸展(天井方向をみる動作)で痛みが発生し

右回旋(右を見る動作)は動きにくさを感じていた。



骨盤部(とくに左側の仙腸関節)が不安定で

その部分を安定させると首を動かすのも楽になった。


他の検査では

左右の大腰筋の過緊張、右側の長母指屈筋の弱化、左側大殿筋の弱化がみられた。



背骨を支える骨盤部が不安定であるため、その影響が首周辺の負担を増やし

その結果、肩~背中にかけて痛みを発生させていると考えられる。

また、その状態から授乳の姿勢(猫背)も増えた為

猫背が強まり背中の痛みも強まったと推測される。




施術は

骨盤部から調整すると共に大腰筋の緊張を緩和させた。

また、猫背に伴う頸部の問題、肩甲骨周辺の背骨のアライメントを調整した。


調整後は頸部の動きに改善がみられ痛みも和らいだ。

また、その後の施術で歩くバランスの違和感も改善され上向きで寝れるようになったと報告あり。


背中~肩の痛みは和らいではいるが、姿勢によっては痛みを伴うため継続して施術をしていく。





~カイロプラクティック心からのコメント~

出産の影響による骨盤部の問題があったと考えられます。

それに伴い、股関節周辺のバランスも崩していた為、骨盤部が安定せず痛みの原因となっていました。

今回のケースではあまり影響がないように思われますが

足関節の回内も今後、改善していく必要があります。


足関節は、立ったり歩いたりするとき体を支える土台になります。

その土台が崩れると他の部分の問題(骨盤の歪み、肩、腰の痛みなど)につながります。




伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

妊娠中の肩こり、腰痛

妊娠中の肩こり、腰痛

~症例報告~

20代 女性(妊娠4ヶ月)

肩こりと腰痛(寝ているとき)があるということで来院。

肩こりは妊娠前からあるが

腰痛(仙骨:尾骨の辺り)は妊娠後から発生。





姿勢は

膝が過伸展(横からみると逆くの字になっている)となり、お腹と頭部が前に突き出し

それに伴い、猫背となっている。(腰部過前湾・胸椎過後湾)


可動域検査は

腰部を反ると痛みが発生した。

頸部は伸展(天井方向をみる)左回旋(左側をみる)で肩周辺にハリ感が発生していた。


クライアントは脇の辺りにも違和感を感じており、小円筋、前鋸筋の緊張がみられた。


それらの筋肉の緊張により、肩甲骨を外側に変位させて

猫背となることが肩こり原因の1つと考えられる。




腰痛は、腸腰筋の過緊張がみられ

さらに膝が過伸展することで腰部の湾曲がさらに強まり、腰部を反ったときに痛みが発生していると推測される。

また、腰部~骨盤部をみていくと左側の仙腸関節に可動性が感じられなかった。

その影響により、寝たときに仙骨に痛みが発生していたと考えられる。






施術は

腸腰筋の緊張緩和や肩甲骨周辺の筋バランスの調整(筋膜リリース、カウンタストレインなど)

骨盤~腰椎の可動域改善(矯正、モビリーぜーションなど)
を行った。



猫背で丸くなっていた背中も伸びやすく肩こりが改善されると共に

寝た状態・仰向けから起き上がるときの動きでは仙骨周辺の痛みがなくなった。

猫背改善のストレッチ、腸腰筋のストレッチを指導して施術終了。



~カイロプラクティック心からのコメント~

妊娠4ヶ月ということもあり矯正やモビリゼーションによって、関節可動域を回復させたほうが

痛みの改善に効果がありました。

妊娠の後期になるとホルモンの影響により

靭帯が緩み関節を固定する保持力が弱まるため、筋肉のバランスを整える施術が中心となります。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

妊娠後期の腰痛

妊娠中(後期)の腰痛

~症例報告~

30代 女性

妊娠7ヶ月の方。

妊娠前、腰痛の経験はあまりなかったが、妊娠後期になり腰痛を発症。


痛みは臀部周辺にある。





姿勢検査では

骨盤の前傾が強くみられた。

触診では

仙腸関節(骨盤)は、離開方向への変位がみられ臀部の深部痛があった。


動きでは

腰部からの前屈で痛みが増強した。



施術は

妊娠後期になるとホルモンの影響により関節を保持する靭帯が緩んでいるため

関節に対する矯正ではなく、筋肉にアプローチをした。




骨盤前傾に関与する腸腰筋、臀部の深部痛に関与する梨状筋などを中心施術をおこなう。



施術後は、前屈でも腰に痛みはなく臀部の痛みも改善がみられた。





~カイロプラクティック心からのコメント~

妊娠中は、靭帯が緩む作用が働き関節を固定する保持力が弱まるため

筋肉のバランスが崩れると骨格が歪みやすくなります。

そのため、筋肉中心にアプローチしていきます。



妊娠後期になってくるとうつ伏せでの施術が出来ないため、仰向け、横向きの施術をします。




背中や腰の痛み、肩こりなどの問題は、体前面の筋緊張(腸腰筋、大胸筋など)が問題であることが多いため

うつ伏せにならなくても十分症状の改善が見込めます。






伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback