【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 症例:手首の痛み

親指(手)付け根の痛み

親指(手)付け根の痛み

~症例報告~

40代 女性

3ヶ月前に転倒後、右腕全体にしびれる感覚があり

数日前から親指付け根が眠れないくらい、痛みが強くなってきた。




姿勢は

腕が内旋(手のひらが後方を向く)した状態であった。

動作は

親指を握る、開く動きが出来ない。

親指の付け根には

ガングリオンのように膨れ上がった腫脹があり

当たると痛みを伴う。


腕全体の緊張が強く感じられる。

また、腕のアライメントも肘の外反が強くみられる。



腕の全体の緊張が強く

循環系の問題(血流やリンパなど)で、浮腫んだ状態となり、痛みが強まったと推測される。



施術は

腕の緊張を緩和(肘、手首、肩関節の調整)させ

胸郭(呼吸に関与)を調整した。


施術後は、親指が動かせるようになった。


2回目の施術時には

痛みも和らぎ、動作痛が少しみられた。

また、腫脹も小さくなっていた。


施術は

指の動きを改善させ

親指に付く筋肉を調整した。


3回目の来院時には

親指の痛みは消失し、肘に圧痛が残っていた。

身体全体のバランスを整え

肘の調整を行う。


施術後は、肘の圧痛も軽減されていた。






~カイロプラクティック心からのコメント~

転倒して手を着くと鎖骨周辺まで衝撃が伝わります。

※転倒により手を着いたことで、鎖骨が折れることもあります。

衝撃により関節の動きが制限されると

筋肉が緊張しっぱなしの状態になることがあります。

その結果、しびれた感覚となります。


また、筋肉は血液を心臓に返す役割もあるため

緊張により血液循環が悪くなります。


そうなると血液が手に溜まった状態となり

痛みを感じやすくなると考えられます。


腕の筋肉の過緊張を緩和させ

各関節の動きを改善させることで痛みが消失しました。

手首の痛み(スポーツ障害:野球)

手首の痛み

~症例報告~

10代 男性

1ヶ月前の左側橈骨遠位(手首)を骨折し、3週間ギブスで固定。

2週間程度、整骨院で電気治療を行うが、特定の動きで痛みが発生する。


日常生活は問題ないが、野球のプレイ中に痛む。



痛みのある動作は

回外(親指を外側にむける肘からの動き)、背屈(手の甲側を前腕に近づける動き)


触診、モーションパルペーション(カイロプラクティック検査)では

円回内筋の過緊張、舟状骨の変位がみられる。


他の所見として

肘(尺骨)の変位、横隔膜の問題がみられる。


肘、舟状骨の変位により、正常な手首の運動が出来ていないため

手首を動かしたときに痛みが発生すると考えられる。

また、ギブス固定も長く腱の癒着も影響していると推測される。




施術は

舟状骨、尺骨の後方変位を調整。

筋肉の緊張もあるため、円回内筋、前腕屈筋腱のリリース(アクティブ・リリース・テクニック)


施術後は、痛みのある動作が消失。

今後、経過を観ながら調整を進めていく。


~カイロプラクティック心からのコメント~

ギブス固定を行うと数日間、関節を動かせないため

今回のケースのように、運動制限がおきます。

その結果、可動域の最終地点で痛みが発生します。


このようなことが起こるため、最近では固定を最小限にして

リハビリを早く行う療法が、最近の手法です。


施術は、可動域の回復以外に骨折時に起こり得る骨の変位を調整しました。

骨折の仕方によっては、骨折部分以外にも衝撃が加わっており

骨折していなくても、動きの制限がみられる関節もあります。


今回のケースでは、舟状骨、尺骨、横隔膜を調整し

痛みが改善されました。

手首痛の改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

手の中指、薬指の痛み、握る力が入らない

手の中指、薬指の痛み、握る力が入らない

~症例報告~

30代 男性

数日前から右手の中指、薬指に痛みが発生。

手に力が入らず、握れない状態。


また、手首も曲げにくい。

痛みを緩和させるために、鎮痛剤を服用.。



触診をすると

指の痛み以外に肘内側に、しびれ感がある。

また、胸郭の動きに固さがみられる。



整形学検査を行うと

頸部の問題はみられず、神経領域を考えると

正中神経の影響が考えられる。


正中神経が通る部分には

圧痛がみられる。

また、手根部(手首周辺)の異常がみられた。




正中神経由来の問題と仮定し

正中神経の経路を重点的に調整していく。




施術は

正中神経を調整(筋膜の癒着を海前)し

手根部の関節を矯正した。


2回目の施術後に痛みが和らぎ

数日後にほぼ、痛みが消失。

症状が悪化しないよう、メンテナンス施術を継続していく。




~カイロプラクティック心からのコメント~

神経が障害されると、その神経支配領域に今回のケースのような

痛みが発生する場合があります。

神経系の問題の場合、施術後に痛みが変わらない場合もありますが

今回のように翌日以降、自然と痛みが消失することも少なくありません。




今回のように正しくアプローチできると

手が握れないほどの痛みでも軽減、消失できますので

指の痛みやしびれもご相談ください。



指の痛みやしびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

手の親指付け根の痛み

手の親指付け根の痛み

~症例報告~

40代 女性

手を広げると親指付け根が痛む。

ある角度で親指を曲げたときも痛みが発生する。



手を触診してみると

手根部(掌の付け根)の関節は動きが減少していたのに対し

母指の関節は過剰な動きがみられた。


母指を動かす筋肉をみていくと、母指屈筋に圧痛があった。


手根部の関節の動きが制限され

さらに、複数ある母指を動かす筋肉のバランスが崩れ母指伸筋腱と手根部の接触が強まり

痛みが発生していると考えられる。



施術は

上肢全体のバランス(胸郭、肩甲骨、肘など)から整え

手根部(舟状骨:母指の付け根)の動きを調整し、母指屈筋の緊張を緩和させた。


施術後、痛みは改善され3回の施術により痛みを感じなくなった。



~カイロプラクティック心からのコメント~

親指を動かす腱は、手を広げてもらうと解ると思いますが

手首から親指に向かうため角度がついています。

そのため、母指につく腱は痛めやすく腱鞘炎になりやすい部分です。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

手首の痛み・手に力が入らない

手首の痛み・手に力が入らない

~症例報告~

30代 女性

右手の力が入りにくく、手首を曲げると痛みがあるということで来院。

痛みが強いときは調理器具を持つ時にも痛みがある。

日常生活では、お子さんを抱っこすることも多い。





手の筋力テストを行うと

握る力(前腕屈筋群)に弱化がみられ、指を伸ばす力(前腕伸筋群)は問題がなかった。


手首の可動域検査では、手のひら側に曲げると痛みが発生する。



触診で

指、手のひらを形成する骨の問題がないかを確認し

ややルーズな部分がみられた。


また、頸部からの問題もみると

頭部の傾きがみられ頸部の傾きを改善させると手に力が入りやすくなった。




施術は

手首周辺の関節がややルーズであったため

筋力を回復させることを優先し頸部の調整から行った。


筋力の回復はみられたが、力が入りにくい感覚は3割程度の回復であった。


指の関節にみられる可動域制限をモビリゼーションにより

動きを改善させると6割程度の感覚で力が入るようになった。


また、手首のルーズになっている部分を

テーピングで安定(尺骨と橈骨を近づけるように)
させると8割程度の回復がみられた。



手首の痛みは残ったが荷物は持ちやすくなり、手首を固定した状態で施術を終了。


1ヶ月間、週に1回のペースで施術を繰り返し

手首周辺の腱にもリリーステクニックなどのアプローチを行い、手首を曲げた状態でも痛みの改善がみられた。





~カイロプラクティック心からのコメント~

関節がルーズになっている部分に矯正をくわえると痛みの悪化も考えられるため

手首の痛みは残りましたが、力を入れやすい状態にすることを優先しました。




また、手首の関節がルーズになった原因は

過去に転倒したときに手をついたことがあり、そのことが起因していることも考えられます。


さらに、出産と育児などの負担が重なったことで、手首に痛みが発生したと推測されます。




手に力が入りやすくなり、手首周辺の筋力が回復してくれば、ルーズになっていた関節も安定してきます。

その上で痛みであまり動かすことのなかった筋肉を動かし

さらに、腱の部分が滑らかに動くようにリリースをしました。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback