【】     カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 症例:腰痛
FC2ブログ
カイロプラクティック心【伊勢市 整体 カイロプラクティック】

腰痛の改善例/すべり症と診断された腰痛と脚の痛み

すべり症と診断された腰痛と脚の痛み

~症例報告~

40代 女性

3ヶ月前から腰痛があり、太もも前まで激しく痛むときがある。

また、ひどくなると足先までしびれる。

過去にすべり症と診断されている。




姿勢は

腰部が反り腰となり、右側は回内足もみられる。


動作では

腰部の伸展(腰を反る)側屈(身体を横に倒す)回旋(身体を捻る)で痛みが悪化する。

触診では

上部の腰椎(棘突起)を押すと痛みが発生。

また、ナクラステスト(うつ伏せで膝を曲げる)で腰の痛みが強まる。



腹部の触診では

盲部、直腸部に強い圧痛がみられた。


筋力テストでは

症状が発症している側の大殿筋の弱化がみられた。



すべり症でもあることから、腰部の過剰前湾が腰痛の原因の1つと考えられる。

その過剰前湾を強めている要因として、大腰筋、腸などの問題が推測される。

また、大殿筋の弱化や回内足により、立位での支持力も低下してしまうため

下肢への痛みも強まっていると考えられる。




施術は

腰椎の椎間を伸張させるテクニックを用いる。

また、大腰筋、大腸マニュピレーションなども行う。



これらの施術で腰部を動かした時の痛みが軽減された。


下肢の調整を含め施術を行うと

6回目の施術時には、立ち仕事でも痛みが発症することが少なくなった。

10回目の施術後には、1週間発症することなく過ごせるようになった。



~カイロプラクティック心からのコメント~

すべり症は、腰椎の過前湾の影響によるものが多いです。

そのため、腰椎の過前湾の要因となる問題部位を調整していくことになります。

また、腰椎の過前湾の状態が長いと

腰椎の生理的運動も異常がみられることも多いため

腰椎の正常な関節運動も取り戻した方がよいです。



施術は、腰椎にもアプローチし

腰椎の過前湾をつくる原因となる大腰筋、下肢の問題にもアプローチしました。

また、大腰筋は腸付近を通過する筋肉のため

腸のコンディションにも影響を受けると言われています。



クライアントは、慢性的な便秘症でした。

そして、盲部、直腸にも圧痛が認められるため

大腸のマニュピレーションも行いました。


これらの調整により、症状が治まったり、再発したりを繰り返しましたが

痛みなく過ごせる日が多くなってきました。

また、仙腸関節を安定させ、循環を回復させる施術およびセルフケアを指導したことで

仕事で痛みが発症しなくなりました。

腰痛の改善例/腰椎分離症の症例/伊勢市カイロプラクティック心

腰椎分離症の症例

~症例報告~

10代 男性

ウエイトトレーニング中に腰を痛める。

動作は、デッドリフト。

1週間程度、練習を軽めにしても腰痛が改善されない。



第5腰椎分離症(左右どちらも)の保持者。



姿勢は

上体が右へ傾いていた。


動作では

腰部の屈曲(腰を曲げる動作)で痛みが悪化。

立位、座位ともに悪化傾向であった。



股関節の可動域制限をみると

右側の屈曲、左側の内旋制限がみられた。



触診では、腰方形筋に強い圧痛がみられた。

右側の腸腰筋を伸張させると腰部に違和感がある。


腰椎分離症の反応を筋力テストでみると特別問題はみられなかった。



股関節の可動制限がみられることから、股関節戦略(股関節を使った身体の動き)が使えず

ウエイトトレーニングの動作を行ったため、腰部に負担がかかり痛めたと考えられる。

また、腰部の伸展動作では痛みがみられず、腰椎分離症の反応もみられないため

腰椎分離症の影響はすくないと推測される。


股関節戦略の問題及び右側腰方形筋の過緊張により

正常な腰椎の関節運動が行えないことが今回の腰の痛みの原因と考えられる。




施術は

股関節及び股関節と連結する仙腸関節を調整した。

痛みの軽減はみられたが消失していないため

腰方形筋を伸張させるアプローチをおこなうと腰を曲げたときの痛みが改善された。



~カイロプラクティック心からのコメント~

腰椎分離症では伸展動作の痛みが強くでることが一般的です。

そのため、伸展動作の多い競技(体操競技)にみられる病態でもあります。


今回は、腰椎分離症ではありますが、屈曲のみ痛みが発生していました。

腰部の屈曲痛は、股関節の問題が多くみられます。

ただ、今回のケースは腰椎に付着する腰方形筋の過緊張が原因と考えられます。

そのため、腰方形筋へのアプローチにより痛みが軽減しました。



競技の特性や身体の使い方のクセなどで、特定の部位を使いやすく負担がかかりやすいですが

それだけを指標にすると本来の原因とは違うところにアプローチする可能性もあります。

腰椎分離症とはいえ、それに関連する部位もチェックしていく必要があります。

※腰椎分離症と腰方形筋がまったく関係がないワケではありません。

腰痛の改善例/脊椎(腰椎)分離症が3ヶ所みられる腰痛/伊勢市カイロプラクティック心

脊椎(腰椎)分離症が3ヶ所みられる腰痛(野球:スポーツ障害)

~症例報告~

10代 男性

2ヶ月前に腰椎分離症(腰椎5番の両側、腰椎4番の左側)が3ヶ所あると診断され

リハビリを続けながら練習を再開し始めると

座っているだけでも腰が痛くなり、臀部まで違和感が生じるようになった。



病院でのリハビリでは変化が現れないため、来院。



姿勢は

腰部が反り腰となっている。


動作では

僅かな腰部の屈曲(10°程度)回旋でも痛みが悪化する。

また、仰向けで寝るだけでも痛みを感じる状態であった。


股関節の伸展と膝関節の屈曲を行うと両側とも腰に痛みを感じる。


股関節の可動域検査をみても

左側の内旋制限、右側の外旋制限もみられた。


触診では

腰部に強い圧痛はみられなかった。


腰椎のカップリングモーションが正常に動くように誘導すると

痛みの軽減がみられた。

また、仙腸関節、股関節のカップリングモーションでも

やや痛みの軽減がみられる。



脊椎(腰椎)分離症と診断されたとおり、腰椎の椎間関節に機械刺激(骨同士の衝突)が

痛みの原因になっていると推測される。

そのため、カップリングモーション(関節運動)を正常に動く方向に誘導すると

機械刺激が軽減され痛みが軽減されると考えられる。


腰椎の椎間関節にかかる負担を軽減させる目的で施術をおこなう。



施術は

仙腸関節、股関節を含め、下肢のバランスを調整。

腰椎の伸展が強く現れるため、腰椎の屈曲(腰椎椎間の関節包を伸張させるイメージ)の

動きを中心に調整した。

初回の施術後には腰部の屈曲が90°程度できるようになる。

練習を再開し、ランニングとキャッチボールは問題なくできるようになった。


2回目の施術時は、回旋と側屈の

腰椎のカップリングモーションを調整するため、関節運動学テクニックを行った。

また、セルフケア方法を指導後、腰の痛みが軽減された。




3回目の施術時には

少し痛みが再発した状態になった為、腰部周辺の筋肉の協調性をチェックした。

右側の大殿筋の弱化および大腰筋の過剰な緊張がみられたため、それらを調整した。


1週間後の施術時には

通常の練習が問題なくこなせる程度まで回復した。

全力で投げると違和感を感じるため、今までの施術を行うと共に

足部の調整も行った。

2週間後、経過を聞くとほぼ痛みなく野球の練習ができていた。



~カイロプラクティック心からのコメント~

脊椎分離症は、運動療法を推奨されることが多く

一流のアスリートにも多くみられる腰痛の原因です。


カイロプラクティックで骨が癒合することはありませんが

正常な関節運動が行えるように調整すると痛みも軽減されやすく

早期競技復帰も可能です。



病院でのリハビリは、体幹トレーニング(振動を使う最新機器を使用して行う)を

中心に行っていたそうです。

筋肉性の問題が強くみられる状態であれば、効果がみられた可能性もありますが

今回のケースは、深部の関節包およびカップリングモーションの回復が必要と推測されます。

これらの問題が解消された後に病院でのリハビリが行われると

効果的だったと個人的には感じた症例です。


腰椎分離症を発症するケースでは、腹圧の機能低下もありますが

腰椎の伸展、屈曲のコントロールができていないことが多いです。

そのため、セルフケアを指導し

それを行った後も腰の痛みの軽減がみられました。


また、腰椎分離症の痛みの誘発原因は筋バランスの崩れとも言われています。

再発時にはそれらをチェックし、アプローチすると共にセルフケアを指導しました。

これらの取り組みにより、来院から3週間程度で通常練習に参加できるようになりました。


腰痛改善|バットスイング後の腰痛|野球/伊勢市カイロプラクティック心

バットスイング中の腰痛

~症例報告~

10代 男性

昨日、バットスィング中に腰部を痛めた。


姿勢は

頸部がやや左を向いた状態であった。

動作では

伸展(腰を反らす)動作で痛みが強まる。

また、座位姿勢でも同様。


頸部を動かすと右の膝が曲がってしまう。


眼球運動をみると

右への動きが制限され、見にくい自覚もある。


他の所見として

右側の股関節内旋制限

左側の大殿筋弱化

が観察された。



クライアントは左バッターであり、頸部および股関節の制限により

バットスイング時に十分な回旋運動ができないため

結果として腰を痛めたと考えられる。




施術は

右側の股関節と頸部を眼球運動を伴わせて調整した。

施術後は、腰部の伸展痛は消失。

念のため、バットスイングも行ってもらい問題なし。


眼球運動をしばらく継続してもらいながら、経過を観察していく。



~カイロプラクティック心からのコメント~

バットスイングは、身体の回旋運動が重要となり

股関節を含めた下肢から上肢まで連動することが理想的です。

また、ボールを追うためには、眼球運動も十分にできる必要があります。


今回のケースは、頚反射により下肢と上肢の連動が出来ていなかったと考えられます。

通常身体を動かすときは、頸部も連動して動かしますが

クライアントは、ほとんど頸部を動かさずに動いていました。

また、頸部の運動を指示すると、片方の膝が曲がってしまいます。


これらのことから、頸部の問題が予測されました。


頸部のみの調整をすると痛みは和らぎましたが、完全には消失しませんでした。

眼球運動をくわえて行ったことで、施術後は痛みが消失しました。


頸部の問題にくわえ、眼球運動が関わっていた症例です。




腰痛改善|スクワット中に腰を痛めた

スクワット中に腰を痛めた

~症例報告~

10代 男性

ウエイトトレーニング中のスクワットで持ち上げるときに腰を痛めた。

1ヶ月経っても痛みが改善されないため来院。

整形外科では異常なし。


姿勢は

腰部が反り腰の状態であった。


動作では

腰を曲げる動作(屈曲)反る動作(伸展)捻る動作(回旋)で痛みが悪化。

また、仰向けの状態で両足を上げる動作でも悪化した。


筋力テストでは

大殿筋(左側)腹斜筋(左側)仙棘筋の弱化がみられた。


触診では

腰部の伸展状態が強く仰向けでも手が入る状態。

また、両足を上げる動作でも腰部の伸展位が継続される。



腰部の伸展位の状態が継続的に続いていたことが予想される。

また、腹圧をあげるために必要な腹斜筋の弱化がみられるため

スクワット時に腹圧を上げられず、過剰な腰部の伸展がおこり

腰椎棘突起間の衝突による痛みが発生したと予測される。







施術は

腰椎の4ー5の棘間を広げる方向へアプローチを行う。

また、腰椎の過剰な伸展を起こさないように弱化していた筋肉が活動できるよう

横隔膜、大腰筋などを調整した。


施術後は腰部の屈曲では痛みが無くなる。


施術後は練習を再開し、通常の動作痛(腰部の屈曲、伸展、回旋)は消失。

全力で動いた時の痛みが発生する。


足上げをすると痛みが悪化し、腰椎が伸展してしまっていた。

再度、腹圧が安定するように

運動パターンの習得を含めて調整、ホームケアの指導を行った。



~カイロプラクティック心からのコメント~

腰部が伸展していると良いスクワットに見えますが

ケースによっては腹圧のコントロールが上手く出来ていないことがあります。

恐らくスクワットフォームは指導されていましたが

高負荷でのスクワットで腰椎のコントロールが出来ずに過剰な伸展位になったと考えられます。


冬場はウエイトトレーニングを取り入れる高校が増えてきましたが

フォームの理解が貧しくウエイトトレーニングでケガをするケースも多いです。

高校生は、しっかりと理解できるまでフォームの確認を行い

指導者側は、細部まで指導できなければ高負荷のウエイトトレーニングでのケガリスクは高くなります。


短期間でウエイトトレーニングフォームを部員全員に指導することは難しいケースもあるため

軽負荷で回数、セット数を増やした方がケガのリスクも少なくパワーアップが出来るように思います。
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちら
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback