頸椎椎間板ヘルニアと診断された両手のしびれ

頸椎椎間板ヘルニアと診断された両手のしびれ

~症例報告~

30代 男性

1ヶ月前、寝違え後から、両手の中指、薬指、小指辺りにしびれが発生。

整形外科でMRIの画像診断では、頸椎椎間板ヘルニア(頸椎5番と6番の間)と診断された。

痛み止めを処方されるが、しびれに変化はない。


また、頭痛を伴う。


姿勢は

頭部、及び股関節が前方へ移動したスェーバック。


動作では

頸部の伸展(上を向く動作)で、頸部の痛み及び、しびれ感が発生する。

鎖骨と第1肋骨の間を開けると(腕の挙上)

しびれ感が軽減された。


触診では

頭蓋骨と頸部の付け根(後頭下筋周辺)の緊張が強くみられる。

鎖骨の動き、胸郭の動きにも制限がみられる。


整形学検査では

頸椎椎間板ヘルニアの関連性はあまりみられない。

腱反射に異常はみられなかった。

筋力は、浅指屈筋の弱化はみられた。


検査による頸椎椎間板ヘルニアの整合性はみられない。

建築の仕事をしているため、荷物を良く運ぶことが多く

筋膜性の疼痛、しびれと仮定して施術を進めていく。





施術は

胸郭及び鎖骨の動きを改善させ、頭下筋の緊張を緩和させた。


施術後は、頸部の伸展ではしびれ感は強まらなかった。


2回目以降は

胸郭を中心に循環を改善させる目的で施術を行うと共に

腕のアライメント(指も含む)を改善させた。


10回目以降、右手のしびれは消失。

左手は

尺骨神経をマニュピレーションすることにより、しびれ感が改善された。


12回目の施術後にはしびれが消失。



~カイロプラクティック心からのコメント~

頸椎椎間板ヘルニアは、腰椎椎間板ヘルニアに比べ

関節の構造上、発生しにくいです。

また、検査でも腱反射は正常であり

胸郭出口症候群の疑いが強くみられました。


また、上部胸椎を含む胸郭の問題により

しびれをおこすこともあります。


そのため、胸郭を中心に施術を行いました。

結果として、頸部の調整をしなくても

頸部の動きは改善され、上を向いた時の痛みが軽減されました。


整形外科では、手がしびれていると

頸椎椎間板ヘルニアのような頸部の問題として診断されることが多いですが

今回のケースのように頸部以外の問題を解消することで

しびれが軽減することも多いです。



手のしびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

左腕の痛み(肩~肘にかけて)

左腕の痛み(肩~肘にかけて)

~症例報告~

80代 女性

以前から手にしびれがあり、3ヶ月前に交通事故に遭い

その直後から、しびれと共に左腕(肩~肘)の痛みが強まった。


夜間に痛みが強まり、寝ることができない。

交通事故で右足の骨折。

既往歴は

高血圧、盲腸



骨折のリハビリ中でギブス着用のため

姿勢検査はしていない。


頸部の回旋により

肩周辺の痛みは強まるがしびれは変化なし。


胸郭出口症候群の整形学検査では

小胸筋の問題が疑われる。


圧痛箇所は

外側腋窩裂、内側筋間中隔にみられる。


頸部の斜角筋、僧帽筋は、緊張が強くみられた。


他の所見として

呼吸が浅く、横隔膜の緊張もみられる。


胸郭出口症候群の可能性も考えられるが

事故後から強まっているため

交感神経優位の循環障害を考慮して施術を行う。



初回の施術は

外側腋窩裂と小胸筋の調整を行う。

2回目の施術で

全体のバランスを調整し

横隔膜、下部肋骨、内側筋間中隔を中心に調整。


3回目の施術で、頸部の調整も行う。


3回目の施術後

夜間の痛みが弱まり始める。


4回目以降

呼吸法、体性感覚を回復させるケア方法を指導。


5回目の施術以降

夜間痛が消失したため、しびれは残るがクライアントの希望により

様子をみるということで施術終了。



~カイロプラクティック心からのコメント~

胸郭出口症候群の可能性も考えられましたが

交通事故後からしびれ、夜間痛が強まっているため

交通事故の影響による交感神経の問題による循環障害も疑いました。


また、交通事故の転倒によって

横隔膜の緊張(呼吸系)、頭部を守るため頸部に力が入るなど(頸部周辺の筋緊張)が

考えられるため、これらの緊張も緩和させました。


これらの施術により、夜間痛は消失しました。


交通事故による慢性症状は、痛みやしびれを感じる部分以外の問題を

解消することにより、緩和されるケースが多いです。



頸椎椎間板ヘルニアと診断された右手のしびれ(親指~前腕外側)

頸椎椎間板ヘルニアと診断された

右手のしびれ(親指~前腕外側)


~症例報告~

40代  男性

右手の親指~前腕外側にかけてピリピリとした感覚が常にある。

また、触られた感覚もおかしい。

整形外科では、頸椎椎間板ヘルニア(頸椎5番ー6番間)と診断される。

以前から肩コリを感じている。



姿勢は

上半身が右へ傾き、頭部が前方へ移動している。

また、胸椎(肩甲骨周辺の背骨)は平背(本来は後湾であるが、真直ぐに近い状態)


動作は

頸部の伸展(天井を見る動作)で、しびれが悪化する。

頸椎コンプレッションでは、しびれの悪化はみられない。

また、胸郭出口症候群の整形学検査を行うと

肋鎖部(鎖骨のあたり)の問題でもしびれが強まった。


触診では

右側鎖骨が鎖骨が下方へ変位していた。

橈骨神経の経路をみると圧痛がみられる。


頸椎の問題も考えられるが、鎖骨周辺の神経経路の圧痛もあり

頸椎より下位の問題(鎖骨、上腕などの神経経路)も考えられる。

鎖骨周辺のアライメントを整えると共に頸部を安定させるため

胸郭、腹部、骨盤部も調整していく。



施術は

鎖骨、第1肋骨を調整すると共に骨盤部を改善させた。

1回目はとくに変化なし。

2回目以降は、神経経路の問題点も調整していく(橈骨神経の経路)

6回目の施術後、しびれが軽減し始める。

6回目以降から、胸郭の調整を行うと共に

頸部の自律神経(星状神経)にもアプローチ


12回目の施術時には、しびれ感が消失。




~カイロプラクティック心からのコメント~

頸椎椎間板ヘルニアと診断されていますが

胸郭の調整を行った後、症状の回復が早まりました。

胸郭は、頸部の土台となるため

この部分が不安定であると頸部も安定せず、頸部の痛みにも繋がります。


また、この部分の動きが低下すると

呼吸時に働く筋肉が、過緊張を起こし神経を圧迫する恐れがあります。

今回のケースは、呼吸時の胸郭の動きが継続的に低下し

その結果、鎖骨周辺の変位や筋緊張により、しびれを誘発したと考えられます。


首を伸展した時は、今回緊張していた筋肉が柔軟に伸びる必要がありますが

伸張せず、さらに緊張してしまい、しびれを誘発していたと考えられます。


しびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

右肩から腕にかけての痛みとしびれ

右肩から腕にかけての痛みとしびれ

~症例報告~

50代 男性

2ヶ月前から右肩から腕にかけてしびれ(しびれはとくに親指に強く現れる)が発症。

整形外科を2ヶ所受診し、MRI診断の結果

頸椎6番の変形およびストレートネックが原因とされる。


治療は、痛み止め薬(ロキソニン、リリカ)を服用したが変化なし。

既往歴は、腰椎椎間板ヘルニア



姿勢は

右肩が極端に下がってい状態であった。


動作では

痛みで右回旋(右を向く)伸展(上を向く)が出来ない状態であった。


触診では

右側の筋肉全体に緊張が強く、腰椎がストレート(本来は前湾)の状態。


検査では

斜角筋、鎖骨下、小胸筋の影響はみられなかった。

手を頭部に乗せるとしびれが和らぐ感覚がみられる。

頸椎を圧迫するテストでしびれの悪化はみられない。


その他の検査では

胸郭の動きが少なく、胸部に圧痛がみられる。



右肩が顕著に下がっているため、頚腕神経叢にストレスがかかっていることが

しびれや痛みの原因の1つと考えられる。

また、胸郭の動きも少なく、呼吸筋の緊張を誘発し

それらの筋肉の影響によりしびれや痛みも発症していると推測される。



施術は

胸郭を中心に調整し、肩から腕のアライメントを整えた。

頸部を動かすと痛みがあるため、頸部の調整はしない。


胸郭の調整により、頸部が動かしやすくなる。


4回目の施術時には

楽に上を向くことが出来たため、頸椎の調整も行う。


8回目の施術時には

痛みはほとんどなく、コリ感程度になる(仕事は、荷物をよく運んでいる)


内臓の調整なども行い、循環を改善させ

頸部の負荷をさらに軽減させるため、全体のバランスを調整。


10回目の施術時には、しびれもほとんどなくなる


仕事が身体を使う仕事のため、再発しないよう定期的に施術を行い

良い状態を保てるようにしていく。



~カイロプラクティック心からのコメント~


筋膜性の疼痛と考えられ

炎症での痛みは少なかったため、痛み止めが効きにくいと感じたと思われます。

腕神経叢の通り道の筋骨格系から調整し、循環も回復させていきました。


その結果、右肩からうでにかけての痛みが消失しました。


左の手のひらのしびれ

左の手のひらのしびれ

~症例報告~

40代 男性

仕事中の左手にしびれを感じるようになってきた。

常にではないが、ピリピリした感覚がある。


姿勢は

頸部の傾きが少しみられる。


しびれが強まる肢位の自覚がない。


頸部の検査(頸椎椎間板の問題、頸部の筋肉:斜角筋の問題など)

鎖骨の検査

胸部の検査

などでは、しびれが強まらなかった。

※これらの検査でしびれが強まれば、頸椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群の可能性が高まる。

手根管部分の検査により、しびれが再現された。

触診でも

手根部の変位がみられ、上記の検査と一致する。


手根部で神経を圧迫(正中神経)していると考えられるため

手根部の調整を行う。




施術は

左手の手根部を調整し、左腕全体の筋肉バランスを調整した。

3回程度の施術で、しびれが消失。

肉体労働であるため、メンテナンスとして施術を継続していく。




~カイロプラクティック心からのコメント~

手根部は、手首周辺の関節で正中神経の通り道となっています。

なんらかの原因により、手根部の骨が変位し

神経を圧迫することにより、しびれを引き起こす場合があります。


手根部の関節を調整し、正中神経の通り道を確保することで

しびれが軽減されました。

痛み、しびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback