【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 カイロプラクティック不適応シリーズ

左側の肩、背中の痛み、胸の痛み⇒心疾患かもしれません

めったにあることではありませんが

病院へ行かず、整体、カイロプラクティックに行って無知な施術者によって

病院での診察を勧められず、手遅れになる症状もあります。


どんな症状も、まずは病院での診察をおススメいたしますが

とくに病院での診察が必要なケースを

カイロプラクティック不適応シリーズとして書いていきます。



心疾患は、胸の痛みを訴えることが多いですが

左肩甲骨部痛、肩こり、左手小指の痛み、上腹部痛など

心臓と離れた部分に放散痛が発現することがあります。


〇虚血性心疾患

心筋への血流が不十分となり、虚血が引き起こされた病気の総称で

大きく分けて「狭心症」「心筋梗塞」があります。

胸の痛み以外の主訴があるため、しばし見落とされる疾患でもありますが

適切な処置が行われれば、救命も可能です。


1)狭心症

狭心症は、症状の出現、病状の安定度などから分類されます。

労作性狭心症

安静時狭窄症

不安定狭窄症


・症状

前胸部痛、圧迫感が特徴的

※症例によって症状は、大きく異なり多彩である

その他の症状として

胸やけ、左肩甲骨部痛、肩こり、心窩部痛、息切れ

息切れがみられると胸痛がなくても重症なことも多い


左上肢(とくに小指側~腕の内側)、肩、くび、あごにも放散痛が発現し

まれに右側の胸にも痛みがでる



・狭心症の発作

胸痛、胸部圧迫感が多く

しばしば喉頭部絞扼感、下顎部痛を生じる

一般に狭窄症の発作は、数分間のことが多く、15分以上続くことはまれ


狭心症は、心筋が壊死に陥っていない段階で

心筋が壊死に陥った場合、心筋梗塞に分類される。


2)心筋梗塞

不安定狭窄症から冠動脈が閉塞され、急性心筋梗塞に移行することが多い。

その他にも

大動脈炎症候群による冠動脈入口部の狭窄

川崎病による冠動脈瘤

大動脈解離による閉塞

などが原因となる。

※これらの原因は、一時的に狭窄されれば狭窄症になる


・症状

激烈な胸痛を感じ、30分以上持続する

左肩、左上肢に放散痛が出現することもある。

※糖尿病患者や高齢者では、痛みを伴わないこともあり定期検診の心電図で指摘されることも多い

心不全の症状が出始めると

呼吸困難、血圧低下、チアノーゼなどが現れる


・心筋梗塞の前兆

胸の痛み

左手小指の痛み

左肩、背中の痛み

吐き気、むかつき

冷や汗、のどをゼイゼイ鳴らす

歯の痛み



〇心臓弁膜症

狭心症」「閉鎖不全症」があります。

狭窄症⇒心臓弁が癒合して狭くなり弁が開くときに血流の流れが妨げられる

閉鎖不全症⇒心臓弁が閉鎖するとき、不完全に閉鎖するため逆流をおこす


症状は部位と性質によって異なります。


僧帽弁狭窄、閉鎖不全症は

肺うっ血が生じやすく、運動時に呼吸困難となりやすい

また、肝臓が腫大し、右上腹部やみぞおちが痛んだり、足がむくむ


大動脈弁疾患は

呼吸困難になるころは、すでに重症であることが多く

心不全の状態で肝腫大や足のむくみが出現


★心不全⇒心臓のポンプ機能が弱まり、全身にきれいな血液を上手く送れない状態


まとめ

病状が急変しますが

上記の前兆があるケースに加え、胸部痛があるケースは心臓の専門医に診てもらってください。

また、これらの心疾患の危険因子に

加齢、高血圧、糖尿病、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が高い、喫煙が上げられているため

危険因子に当てはまる方は、とくに心疾患には注意してください。

痛みやしびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

その腰痛は感染性かもしれませんよ

めったにあることではありませんが

病院へ行かず、整体、カイロプラクティックに行って無知な施術者によって

病院での診察を勧められず、手遅れになる症状もあります。


どんな症状も、まずは病院での診察をおススメいたしますが

とくに病院での診察が必要なケースを

カイロプラクティック不適応シリーズとして書いていきます。


感染症とは?

微生物(原虫、細菌、リケッチア、クラミジア、ウイルス)の感染によっておこる病気


感染とは?

細菌などの微生物が口や皮膚などから体内に入って増殖し、病的変化を起こしてくることです。

・感染性が考えられる腰痛の症状

腰背部の激痛に38度以上の高熱を伴う

※慢性になってくると痛みは軽く微熱になる。

腰背部の痛みに発熱が伴う場合は、病院での診察をうけましょう。

化膿性脊髄炎・結核性脊髄炎などの感染症の可能性があります。


・化膿性脊髄炎

ブドウ球菌などの身の回りにいるありふれた細菌が脊椎を化膿させる。

主な症状は

腰背部の激痛を伴う高熱、病気の部分である脊椎を叩くと痛みが生じる。

脊椎の周辺に膿が溜まることで脊髄が圧迫されると脊髄麻痺を生じ、下肢の麻痺、しびれをおこすことがある。


〇化膿性脊髄炎になりやすい患者傾向

40~50代に多い

糖尿病

重度の肝障害

癌腫瘍

高齢者

血液透析を長期に行っている

ステロイド薬を長期服用

大腸菌、肺炎、胆のう炎、扁桃炎などの感染症にかかったことがある

★健康な人では、通常このような細菌では感染はおこらない。


検査は、病院でのレントゲン、MRIなどの画像検査で

骨の破壊部分や病巣がわかります。

最終的な確定診断は

細菌を検出する病理組織学的検査にで決定されます。


・結核性脊髄炎(カリエス)

症状は

微熱、食欲不振、全身倦怠感

腰背部の痛み、脊柱の硬直

※腰背部の痛みは、化膿性脊髄炎に比べると軽度で穏やかに経過。

進行すると脊柱後湾による変形が生じる

脊椎の変形や膿がたまることで下肢のしびれや麻痺、歩行障害を起こすこともある


まとめ

腰の痛みでも発熱を伴う場合は、感染性の病態も考えられるため

病院も受診しましょう。


痛みやしびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

めまい、しびれ、頭痛を伴う⇒一刻も早く病院へ

めったにあることではありませんが

病院へ行かず、整体、カイロプラクティックに行って無知な施術者によって

病院での診察を勧められず、手遅れになる症状もあります。


どんな症状も、まずは病院での診察をおススメいたしますが

とくに病院での診察が必要なケースを

カイロプラクティック不適応シリーズとして書いていきます。



脳出血を起こしていると頭痛、めまい、しびれ、意識障害など様々な症状を引き起こします。

〇脳出血について

脳卒中とは、脳血管障害とも呼ばれ、脳の血管が詰まったり、破れることで出血する病気の状態を示します。

脳血管障害の分類

・脳卒中

1)脳出血

2)くも膜下出血

3)頭蓋内出血

4)脳梗塞


・一過性脳虚血発作(ITA)




〇脳出血

出血部位、血腫の大きさにより症状が異なり、後遺症を残す患者さんも多くみられます。

・主な症状

頭痛、嘔吐、意識障害、片麻痺

部位によっては

めまい、失語症、呼吸異常もみられることがあります。

診断は、頭部CTで確定診断が行えます。

よく似た症状で脳梗塞もありますが、治療法が異なることから

適切な治療をおこなう為には、頭部CTによる診断が必要です。



〇クモ膜下出血

・主な症状

頭痛、吐き気、嘔吐、項部硬直(頸部の硬直)

特徴としては

今まで経験したことのない頭痛が突然起こり、継続して痛みます。


・クモ膜下出血の前兆

数日前から血圧の乱高下

急激な頭痛

目の痛み、2重に見える、まぶたが下がるなど目の異常を訴える


このような症状は、しばらくすると治まりますが

その数日後に大きな発作を起こすこともあるため、原因が思い当らない場合は

早めの受診が大切です。



〇脳梗塞

・主な症状

意識障害、片麻痺、顔面の感覚障害、失語症

※嚥下障害(飲み込みにくい)複視(物が2重に見える)、ふらつきなどだけの場合もある

・前兆

手足の麻痺

言葉が出ない、ろれつが回らなくなる

片側の目が見えない、視野が欠ける

めまい


仮に数十分で、これらの症状が治ったとしても

その後に本格的な脳梗塞を引き起こすことがあるため

症状を感じたら早く病院の検査を受けてください。


★脳梗塞は、発症から3時間以内に治療が開始できることが望ましいです。

ただ、発症してすぐにはCTで異常が発見されにくく24時間経ってから梗塞部位がハッキリしてきます。


〇頭蓋内出血

主な症状

意識障害を呈するが、損傷が少ない場合は、すぐに意識が回復する。

しかし、程度によっては再度、意識障害、片麻痺、瞳孔不同などが生じる。


原因は、主に外傷(転落、交通外傷、殴打など)


軽微な頭部打撲では、無症状か軽い頭痛程度の症状のため病院を受診しない人がほとんどであるが

3週間から数ヶ月かけて血腫が作られ

頭痛、片麻痺、言語障害などの初期症状が現れる。

そのまま、進行すれば意識障害、さらなる脳の圧迫で死に至ることがある。



〇一過性脳虚血発作(TIA)

主な症状

内頚動脈系⇒片側の運動障害、感覚障害、失語、視野障害

椎骨動脈系⇒激しい回転性めまい、複視、嚥下障害


一過性のため、24時間以内、多くは数分以内に症状が完全に消失します。

そのため、診断時には症状がなくなります。

しかし、脳梗塞の前触れとして重要な症状でもあります。


一過性となる原因としては

小さな血栓が詰まったことに症状を引き起こしますが、血栓が小さいため

自然に血液に溶け血流が流れ出します。

また、もともと動脈硬化があり、それに血圧の低下を伴うことで

脳の循環が悪くなって症状を引き起こします。


まとめ

突然の頭痛、血圧の乱れ、めまい、失語症、頭部外傷(殴打、交通外傷、打撲など)は

早めに病院を受診しましょう。



痛みやしびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

安静でも痛い!足が動かない?漏らしちゃう?⇒即、病院へ

めったにあることではありませんが

病院へ行かず、整体、カイロプラクティックに行って無知な施術者によって

病院での診察を勧められず、手遅れになる症状もあります。


どんな症状も、まずは病院での診察をおススメいたしますが

とくに病院での診察が必要なケースを

カイロプラクティック不適応シリーズとして書いていきます。



運動麻痺(動かない状態)で、整体、カイロプラクティックに行かれる方はいないと思いますが

脊柱管内に腫瘍(脊髄腫瘍)の可能性があります。

脊髄腫瘍は、発生する場所によって3分類されています。


硬膜外腫瘍⇒悪性の転移性の腫瘍が多く、早期に痛みと感覚麻痺(触られた感覚が消失)が出現

硬膜内髄外腫瘍⇒良性が多く、ブラウン・セガール症候群となる。

※ブラウン・セガール症候群

腫瘍のある側の運動麻痺、深部感覚障害、反対側部位の温度、痛みを感じにくい(温痛覚鈍麻)

左の下部腰痛に腫瘍ができたケースでは、左側下肢の運動麻痺、深部感覚障害

右側下肢の温痛覚鈍麻がおこります。


髄内腫瘍⇒早期に膀胱直腸障害(おしっこ、便を漏らす、することができない)が出現


脊髄腫瘍の多い年齢は、40歳代

次いで50、30歳代となる。



〇初期症状の特徴

どの部位に腫瘍が発生しても痛みが出現し

数週間から数か月目に麻痺や排尿障害(出にくくなる、漏らす)を伴う。

※小児の場合は、麻痺(歩行障害)から痛みに移行するケースがある。



まとめ

原因不明の痛みが続き(安静時痛)、麻痺や排尿障害が伴う場合は

すぐに専門医に診てもらいましょう。


痛みやしびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

起床時の頭痛⇒整体へ行こう⇒その痛みすぐ病院へ行ってください

めったにあることではありませんが

病院へ行かず、整体、カイロプラクティックに行って無知な施術者によって

病院での診察を勧められず、手遅れになる症状もあります。


どんな症状も、まずは病院での診察をおススメいたしますが

とくに病院での診察が必要なケースを

カイロプラクティック不適応シリーズとして書いていきます。




起床時の頭痛

その頭痛も時間が経つにつれて改善する傾向がある。


日中、頭痛が治まるからといって、このような頭痛を放置しておく

カイロプラクティックや整体に通うことは止めてください。


起床時の頭痛は

脳腫瘍

可能性があります。

そのため、このような症状の方は

日中とくに痛みがなくても、専門機関で検査を受けてください。


〇その他の脳腫瘍の主な症状

・初期では2割、進行すると7割程度の慢性的な頭痛が現れ

起床時に最も強く、時間が経つにつれて、少し改善傾向があります。


・頭痛と共に吐き気が続いたり嘔吐する場合があります。


・発生した部位によっては、視力障害、手足の麻痺、言語障害、聴覚障害などがあります。



脳腫瘍は、頭蓋骨内にできるため、腫瘍の種類に関係なく共通した症状が表れます。

「頭痛」「嘔吐」「目がかすむ」が代表的な症状です。

初期症状として、けいれん発作が生じるため

けいれん発作が生じても脳腫瘍を疑います。



まとめ

頭痛で目が覚め、嘔吐を伴う場合

食事とは無関係で悪心を伴わず吐く場合

大人になってからの初めてのけいれん発作

以上は脳腫瘍が疑われますので、専門機関の病院で受診してください。


★補足

目覚めた時の頭痛が脳腫瘍とは限りません。

薬物(アルコール、カフェイン、一酸化中毒)からの離脱時

閉塞性睡眠時無呼吸(イビキ、昼間眠い)

夜間低血糖(薬物、食事が最近変わった、糖尿病などでもみられる)

などでも起床時の頭痛がみられます。


また、コーヒーを飲む量が減る日(休日など)でも発症するケースがあります。(カフェイン離脱)


脳腫瘍は、転移性が多いため、癌を発症したことないケースで脳腫瘍ができるケースは稀です。

また、脳腫瘍の起床時頭痛は、111人の患者を診たところ17%という研究報告もあります。


痛みやしびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちら
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback