【】     カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 2018年06月06日
FC2ブログ
カイロプラクティック心【伊勢市 整体 カイロプラクティック】

膝痛改善例/しゃがむと膝裏が痛む/伊勢市カイロプラクティック心

しゃがむと膝裏が痛む

~症例報告~

50代 男性

しゃがむと左膝裏に痛みが発生する。

また、しばらく座って動き出すとしばらく痛みが続く。



姿勢は

上体が右へと傾いている。


動作は

自分でしゃがみ込むと痛み

寝かした状態での膝の屈曲では痛みが誘発されない。


筋力テストでは

大腿直筋の弱化がみられた。

寛骨後方回旋の影響と考えられる。


触診では

内側半月に圧痛がみられた。

整形学テスト(マックマレー)では、痛みが誘発されない。


大腿直筋の弱化による、膝屈伸時の不安定性により

膝関節および内側半月に過剰な負荷がかかってしまうことで痛みが誘発される考えられる。



施術は

寛骨の後方変位、内側半月のモビリゼーションを行う。

施術後は、痛みが軽減された。


2回目以降も膝裏の痛みが発生していた。

内側半月の圧痛はみられないが

膝窩筋の圧痛が確認された。

また、筋力テストでは

半腱半膜様筋(内側ハムストリング)の弱化がみられた。

外側広筋(太ももの筋肉)の影響と考えられる。


施術は

外側広筋への伸張リリース、膝窩筋のストレインカウンターを行う。

3回目以降も痛みが軽減するも発生していたため

脛骨、足関節の調整も行った。


6回目の施術時には

2週間程度、痛みが発生していない状態であった。



~カイロプラクティック心からのコメント~

過重負荷、休息後(起床時、同じ姿勢を続けた後の痛み)は

筋肉の問題であることが多いです。


関節を動かす筋肉が正常に動かないと

関節への負荷も大きく動作痛にもつながります。


筋肉の問題と言っても、ただ揉みほぐせば(柔らかくする)

良いワケではありません。

筋肉にも一定の緊張度が必要です。

そのため、柔らかすぎることも問題になります。


今回のケースでは

外側広筋は筋伸張性が損なわれ、膝窩筋は筋紡錘のエラーが考えられます。

それらに合わせたテクニックを使い、調整しています。


ただ、1回の施術だけでは神経系の伝達が完全に回復しません。

ホームケアも含めてバランスをとる必要があります。

そのため、数回の施術が必要になることはクライアントにもお伝えしてあります。
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちら
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback