頸椎椎間板ヘルニアと診断された右手のしびれ(親指~前腕外側)

頸椎椎間板ヘルニアと診断された

右手のしびれ(親指~前腕外側)


~症例報告~

40代  男性

右手の親指~前腕外側にかけてピリピリとした感覚が常にある。

また、触られた感覚もおかしい。

整形外科では、頸椎椎間板ヘルニア(頸椎5番ー6番間)と診断される。

以前から肩コリを感じている。



姿勢は

上半身が右へ傾き、頭部が前方へ移動している。

また、胸椎(肩甲骨周辺の背骨)は平背(本来は後湾であるが、真直ぐに近い状態)


動作は

頸部の伸展(天井を見る動作)で、しびれが悪化する。

頸椎コンプレッションでは、しびれの悪化はみられない。

また、胸郭出口症候群の整形学検査を行うと

肋鎖部(鎖骨のあたり)の問題でもしびれが強まった。


触診では

右側鎖骨が鎖骨が下方へ変位していた。

橈骨神経の経路をみると圧痛がみられる。


頸椎の問題も考えられるが、鎖骨周辺の神経経路の圧痛もあり

頸椎より下位の問題(鎖骨、上腕などの神経経路)も考えられる。

鎖骨周辺のアライメントを整えると共に頸部を安定させるため

胸郭、腹部、骨盤部も調整していく。



施術は

鎖骨、第1肋骨を調整すると共に骨盤部を改善させた。

1回目はとくに変化なし。

2回目以降は、神経経路の問題点も調整していく(橈骨神経の経路)

6回目の施術後、しびれが軽減し始める。

6回目以降から、胸郭の調整を行うと共に

頸部の自律神経(星状神経)にもアプローチ


12回目の施術時には、しびれ感が消失。




~カイロプラクティック心からのコメント~

頸椎椎間板ヘルニアと診断されていますが

胸郭の調整を行った後、症状の回復が早まりました。

胸郭は、頸部の土台となるため

この部分が不安定であると頸部も安定せず、頸部の痛みにも繋がります。


また、この部分の動きが低下すると

呼吸時に働く筋肉が、過緊張を起こし神経を圧迫する恐れがあります。

今回のケースは、呼吸時の胸郭の動きが継続的に低下し

その結果、鎖骨周辺の変位や筋緊張により、しびれを誘発したと考えられます。


首を伸展した時は、今回緊張していた筋肉が柔軟に伸びる必要がありますが

伸張せず、さらに緊張してしまい、しびれを誘発していたと考えられます。


しびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback