【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 オスグッドと診断された膝の痛み(スポーツ障害:ランニング)

オスグッドと診断された膝の痛み(スポーツ障害:ランニング)

オスグッドと診断された膝の痛み(スポーツ障害:ランニング)

~症例報告~

10代 女性

3ヶ月前から左膝に痛みが発生。

整形外科では、オスグッドと診断される。

1ヶ月ほど安静にしていたが、ランニングを再開すると

痛みが発生したため、来院。



姿勢は

左側の回内足がみられ、猫背の状態であった。


圧痛ヶ所を調べると

内側から押した時、痛みが強まった。


痛みのある動作は、特になし。

スクワット動作は

股関節が上手く使えず、膝も内側へ倒れこんでいた。


筋力テストを行うと

左側の大腿筋膜張筋(フトモモ外側の筋肉)の弱化がみられる。


弱化の原因として、骨盤部の問題が考えられる。

※大腿筋膜張筋の神経支配がL4~S1のため


オスグッドの原因とされる大腿四頭筋は、問題がみられなかった。


大腿四頭筋に密接する大腿筋膜張筋の問題により

オスグッとの症状を発生させていたと推測される。



施術は

骨盤部を調整、足首の調整(回内足)を行う。

施術後、大腿筋膜張筋の弱化は回復。


2回目の来院時は

ランニング中の痛みは軽減していた(クライアントの感覚)

施術は、下肢のアライメントを調整。

3回目の来院時は

大会に出場し、ランニング中の痛みは発生しなかった。


再度、大腿筋膜張筋の状態を確認し

ストレッチさせると弱化がみられる状態であった。

施術は

大腿筋膜張筋を調整すると共に、全体のバランスを調整。


その後の練習では痛みが発生しなかったと連絡有。



~カイロプラクティック心からのコメント~

今回のケースは、オスグッドの主な原因と言われている大腿四頭筋の緊張ではなく

大腿筋膜張筋の影響
が大きかったようです。

そのため、大腿筋膜張筋を調整することを中心に行った施術により

膝の痛みが回復しました。


スクワット動作をみたとき

大腿筋膜張筋がストレッチされるポジションを作っていました。

その影響で大腿筋膜張筋の機能が低下してしまい

ランニング時、膝に負荷がかかったと考えられます。

膝の痛みの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback