坐骨神経痛と診断された脚の痛み

坐骨神経痛と診断された脚の痛み

~症例報告~

50代 女性

1週間ほど前から右側フトモモの横辺りに痛みが発生した。

整形外科を受診し、坐骨神経痛と診断され、ロキソニンを処方される。

ロキソニンを服用しても、完全には痛みが治まらない状態であった。







姿勢は

背中が丸く(猫背)下肢をみると右側が内反している状態であった。


痛む動作は

しゃがんだ姿勢が悪化する。


各関節の可動域を検査すると

左側の方に制限がみられる。


触診をすると

股関節前の筋肉(腸腰筋)の過緊張がみられ

筋力テストでも弱化している。

その他には

右側の腓骨変位、右側腹部の張りがみられた。



痛みを訴えている神経支配領域は、坐骨神経ではなく

外側大腿皮神経である。

そのことから、右側腸骨周辺(外側大腿皮神経の通り道)をみると

腸腰筋の問題が一つ考えられる。

また、足関節の内反による筋膜性の痛みも考えられるため

これらの問題を解消していく。





施術は

腓骨、腸腰筋および腸骨を調整。

施術後はしゃがんだ姿勢での痛みは軽減していた。


2回目の施術時には、痛みが再発。

盲部(右側腸骨付近にある)と胸椎の調整。


3回目の来院時には、ほぼ痛みがない状態であった。




~カイロプラクティック心からのコメント~

整形外科で脚が痛いと訴えると

なぜか全て坐骨神経痛にされることが多いようです。

当院にも坐骨神経が支配していない領域に痛みを訴えているにも関わらず

坐骨神経痛と診断された方が数名おられます。。。。



神経痛の病態であれば、外側大腿皮神経の問題でした。


外側大腿皮神経が

しゃがんだときに圧迫される力が加わりやすい状態であった為

フトモモ外側に痛みが発生していたと考えられます。

そのため、外側大腿皮神経の経路の問題を調整することにより

痛みが消失しました。


坐骨神経痛の改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback