【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 眼と姿勢とちょっと肩こり

眼と姿勢とちょっと肩こり

何気なく立ったり、歩いたりすることは意識しなくても出来ますよね。

これは眼で見た情報を脳に伝え、そこで処理された情報が神経を介して筋肉に伝わり体を動かしているからです。

少し難しく感じるかもしれませんが・・・

ここで言いたいのは

眼で見た情報によって筋肉を動かしているということです。

何気に立っているだけでも

眼⇒脳⇒筋肉の情報交換が常にされています。

その為、眼を閉じるだけでも情報が減りバランスが崩れやすくなります。

試しに片足立ちを行って下さい。

眼を開けたときと閉じたときでは、バランスのとりやすさが違うハズです。

また、眼を開けたまま一点を集中して見るときと自分の真横に何があるか見えるくらい視野を広げたときでもバランスのとりやすさが違うと思います。

この場合、視野を広げたほうがバランスは良いです。

理由は、眼からの情報量は視野を広げた方がはるかに多いからです。

サッカーの試合を見ていると

「ボディバランスがいいですね」と選手が言われているのを耳にします。

これは、広いサッカーコートの中を相手選手、味方選手、ボール、ゴールなどそれぞれの位置を把握しながらゲームをすることで広い視野が身につきボディバランスも良くなるのではないかと考えられます。

少し話が逸れましたが・・・

眼からの情報が減ってしまえば、バランスや姿勢の崩れにつながると考えられます。

そのことから、視力が悪いままにしている、コンタクトレンズや眼鏡の度があっていないまま生活していれば、これだけでも姿勢を崩す原因になるといえます。

また、片方の目だけが見にくい場合、首の動きに影響して肩こりの原因となると考えられます。

例えば、左目が悪い場合、左側が見にくくなります。

そうなると首を左側に回して右目で左側のものを見ようとします。

その影響により、首がやや左側を向いていることが当たり前になってしまい、首から肩周辺の筋肉のバランスが崩れ肩こりとして現われる場合があります。

なので、よく写真をとると首が傾いてると言われる方は、目の影響があるかもしれませんね。

そのような方は、カイロプラクティックの矯正以外にも視力の問題、眼の動きに偏りがないか、片側を見る生活習慣がないかを調べて改善させることが肩こりなどの症状改善となります。


今回は、眼の影響から姿勢についてお話しました。

もう少し掘り下げれば眼だけではなく耳(三半規管)や足裏の皮膚感覚も姿勢に影響していますが、またの機会にお話できればと思います。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback