【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 両側の踵の痛み(アキレス腱周辺)スポーツ障害:バスケットボール

両側の踵の痛み(アキレス腱周辺)スポーツ障害:バスケットボール

両側の踵の痛み(アキレス腱周辺)

スポーツ障害:バスケットボール


~症例報告~

10代  男性(小学生)

2年前から両側の踵が痛み始めた。

日常では、痛みは感じないが

練習量が増えると痛みが強まる。


整形外科では

シーバー病、成長痛など診断されていた。



姿勢は

股関節が前方へ移動している(スウェーバック)


触診では

左側のアキレス腱の緊張が強くみられる。

また、足底の緊張もみられる。


動作では

ジャンプをすると痛みが発生していた。


他の所見としては

踵骨、距骨の動きに固さがみられる。


スウェーバックの姿勢は、アキレス腱への負荷がかかるため

姿勢改善が痛みの軽減につながると考えられる。

また、踵骨、距骨で形成される足首の関節の固さにより

踵周辺の緊張に繋がっていることも考慮して調整。



施術は

姿勢改善を目的に行い

背骨全体のバランスを調整すると共に、筋肉バランスを改善させた。


初回の施術後の試合の出場し

試合の後半で痛みが発生。


2回目の施術は

足関節の調整も行う。

施術後はジャンプをしても痛みが発生しなかった。


今後は、経過をみながら施術をしていく。



~カイロプラクティック心からのコメント~

アキレス腱の痛みは、姿勢改善により痛みが軽減することが多いです。

今回のケースは

足関節の調整をすることで、足底の張り感も軽減され

その結果、ジャンプをしたときの痛みが消失しました。


踵の骨には

アキレス腱、足底腱膜、足底にある小さな筋肉などが付着しています。

これらのバランスが崩れると

踵の痛み、足底筋膜炎、シーバー病のような症状が発生します。


この年代は

身体が成長している段階のため、練習量によっては

身体の能力が追い付かず、オーバーユース(使い過ぎ)であることも多いです。


チームの練習もありますが

この年代は練習量より質を重視した方が良いです。

とくに神経系が伸びる年代のため

色々なスポーツを経験させて

色々な動作を習得していくことも大事ですね。


1つのスポーツを継続していくのであれば

1つ1つの基本をしっかりと学んで欲しい年代です。

足の痛みの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback