頸椎椎間板ヘルニアと診断された両手のしびれ

頸椎椎間板ヘルニアと診断された両手のしびれ

~症例報告~

30代 男性

1ヶ月前、寝違え後から、両手の中指、薬指、小指辺りにしびれが発生。

整形外科でMRIの画像診断では、頸椎椎間板ヘルニア(頸椎5番と6番の間)と診断された。

痛み止めを処方されるが、しびれに変化はない。


また、頭痛を伴う。


姿勢は

頭部、及び股関節が前方へ移動したスェーバック。


動作では

頸部の伸展(上を向く動作)で、頸部の痛み及び、しびれ感が発生する。

鎖骨と第1肋骨の間を開けると(腕の挙上)

しびれ感が軽減された。


触診では

頭蓋骨と頸部の付け根(後頭下筋周辺)の緊張が強くみられる。

鎖骨の動き、胸郭の動きにも制限がみられる。


整形学検査では

頸椎椎間板ヘルニアの関連性はあまりみられない。

腱反射に異常はみられなかった。

筋力は、浅指屈筋の弱化はみられた。


検査による頸椎椎間板ヘルニアの整合性はみられない。

建築の仕事をしているため、荷物を良く運ぶことが多く

筋膜性の疼痛、しびれと仮定して施術を進めていく。





施術は

胸郭及び鎖骨の動きを改善させ、頭下筋の緊張を緩和させた。


施術後は、頸部の伸展ではしびれ感は強まらなかった。


2回目以降は

胸郭を中心に循環を改善させる目的で施術を行うと共に

腕のアライメント(指も含む)を改善させた。


10回目以降、右手のしびれは消失。

左手は

尺骨神経をマニュピレーションすることにより、しびれ感が改善された。


12回目の施術後にはしびれが消失。



~カイロプラクティック心からのコメント~

頸椎椎間板ヘルニアは、腰椎椎間板ヘルニアに比べ

関節の構造上、発生しにくいです。

また、検査でも腱反射は正常であり

胸郭出口症候群の疑いが強くみられました。


また、上部胸椎を含む胸郭の問題により

しびれをおこすこともあります。


そのため、胸郭を中心に施術を行いました。

結果として、頸部の調整をしなくても

頸部の動きは改善され、上を向いた時の痛みが軽減されました。


整形外科では、手がしびれていると

頸椎椎間板ヘルニアのような頸部の問題として診断されることが多いですが

今回のケースのように頸部以外の問題を解消することで

しびれが軽減することも多いです。



手のしびれの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback