右肩から腕にかけての痛みとしびれ

右肩から腕にかけての痛みとしびれ

~症例報告~

50代 男性

2ヶ月前から右肩から腕にかけてしびれ(しびれはとくに親指に強く現れる)が発症。

整形外科を2ヶ所受診し、MRI診断の結果

頸椎6番の変形およびストレートネックが原因とされる。


治療は、痛み止め薬(ロキソニン、リリカ)を服用したが変化なし。

既往歴は、腰椎椎間板ヘルニア



姿勢は

右肩が極端に下がってい状態であった。


動作では

痛みで右回旋(右を向く)伸展(上を向く)が出来ない状態であった。


触診では

右側の筋肉全体に緊張が強く、腰椎がストレート(本来は前湾)の状態。


検査では

斜角筋、鎖骨下、小胸筋の影響はみられなかった。

手を頭部に乗せるとしびれが和らぐ感覚がみられる。

頸椎を圧迫するテストでしびれの悪化はみられない。


その他の検査では

胸郭の動きが少なく、胸部に圧痛がみられる。



右肩が顕著に下がっているため、頚腕神経叢にストレスがかかっていることが

しびれや痛みの原因の1つと考えられる。

また、胸郭の動きも少なく、呼吸筋の緊張を誘発し

それらの筋肉の影響によりしびれや痛みも発症していると推測される。



施術は

胸郭を中心に調整し、肩から腕のアライメントを整えた。

頸部を動かすと痛みがあるため、頸部の調整はしない。


胸郭の調整により、頸部が動かしやすくなる。


4回目の施術時には

楽に上を向くことが出来たため、頸椎の調整も行う。


8回目の施術時には

痛みはほとんどなく、コリ感程度になる(仕事は、荷物をよく運んでいる)


内臓の調整なども行い、循環を改善させ

頸部の負荷をさらに軽減させるため、全体のバランスを調整。


10回目の施術時には、しびれもほとんどなくなる


仕事が身体を使う仕事のため、再発しないよう定期的に施術を行い

良い状態を保てるようにしていく。



~カイロプラクティック心からのコメント~


筋膜性の疼痛と考えられ

炎症での痛みは少なかったため、痛み止めが効きにくいと感じたと思われます。

腕神経叢の通り道の筋骨格系から調整し、循環も回復させていきました。


その結果、右肩からうでにかけての痛みが消失しました。


関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback