膝の痛み(タナ障害)

膝痛をおこす原因にタナ障害というのがあります。

症状は

膝蓋骨(膝のお皿)の内下方が痛みます。(押して痛い場合もあります)

膝を曲げ伸ばしすると、膝蓋骨の内側が痛くなったり何かが挟まる感覚があります。

原因は

関節を包む滑膜ヒダが大腿骨(太ももの骨)と膝蓋骨が挟まれて痛みが発生します。

※関節内にせり出したヒダが棚に見えることからタナ障害と呼ばれています。(生まれつき滑膜ヒダが無くタナ障害をおこさない方もいます。)
 

本来、滑膜ヒダは柔らかく症状にあらわれませんが、膝の運動を繰り返し行うことで滑膜ヒダが炎症をおこしてしまい、炎症によって固くなった滑膜ヒダが挟まれて症状を引き起こします。


タナ障害は、膝に水が溜まった状態(滑膜ヒダからの出血や滑液の過剰分泌)になることもあり、膝の動きの制限や筋力低下の原因にもなります。

治療は

急性期で痛みが強い場合は、アイシングなどで炎症を抑えます。

当院は、タナ障害の検査(触診や整形学検査)などを行い、疑いがあれば画像診断(関節造影検査)など病院に行っていただくことをお勧めします。

滑膜ヒダの切除や血腫(出血している場合)の吸引をした方が治りが早いと思われます。

医師の治療後、または慢性期となった棚障害の場合、膝の動きを回復させたり、筋力強化をしたりするリハビリは、体のバランスを調整しながら当院で対応いたしますのでお任せ下さい。

伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback