【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 インナーマッスルは鍛えるべきか??

インナーマッスルは鍛えるべきか??

インナーマッスルを鍛えることを推奨されていることが多くみられますが、、、

果たしてどうなんでしょうね~??


結論からいえば、不要!



インナーマッスルだけを鍛えることは難しいです。

以前は、肩を痛めたピッチャーがインナーマッスルをトレーニングする姿を映していましたが

論文では肩のインナーマッスルの筋委縮は認められてはいないそうです。

ダイエットや骨盤調整、姿勢改善、転倒予防で注目されている大腰筋も同様です。

大腰筋が重要であることは確かですが

個人的には筋力低下ではなく、機能低下が起きている所です。

そのため、ただトレーニングをすればよくなるワケではありません。


筋肉の機能低下は、神経的なコントロール異常がおこっているため

神経系から改善させる必要があります。

また、インナーマッスルは関節の安定させる役割が大きいため

関節の位置感覚(ポジションセンス)を向上されるトレーニング

アウターマッスルと協調運動が出来るトレーニングなどが大切になりますね。



サッカーの長友選手が行っていたような全身性の協調運動を

行うことが生活に必要なインナーマッスル強化と言えます。

fc2blog_2016121309502621d.jpg
※図は世界一受けたい授業から


連動性の伴わないインナーマッスルトレーニングは、ほぼ意味ないですね。

やらないよりかは、ましかな~くらい(笑)

恐らくインナーマッスルではなくアウターマッスルのトレーニングになっていると思いますが、、、




ロ〇〇ドがCMをしてるシックスパック作る機械??

確かにシックスパックは出来るのかもしれませんが

生きる上では役に立たない形だけ(笑)


アスリートは他のトレーニングもしっかりやってますから!!



姿勢改善や骨盤矯正にインナーマッスル強化する機械が導入されてますが、、、、

関節位置、姿勢は脳からの姿勢制御です。

寝て機械でインナーマッスル当ててもその場は安定するかもしれませんが

家に帰れば元通り・・・

どの姿勢が良くてどう身体を使うかの意識させて

神経系プログラムの書き換え(無意識で出来る状態)しないとダメですね。




機械を使う意味は、トレーニング出来ないケガをしてしまい

筋肉が廃用性萎縮しないようにリハビリとして導入されています。

また、長時間の移動、環境の問題の機能低下を防ぎ

パフォーマンスを維持することが目的です。



機械に頼ってるだけでは何も変わらないでしょうね。





あえてインナーマッスルのトレーニングとして活用できるのは呼吸です。

フィットネス界でも呼吸のセミナーが開催されはじめ注目もされているようです。

呼吸はインナーマッスルとよばれる腹横筋の活動を高めることが出来ます。

しっかりできれば、腰痛も改善されやすいです。


ただ、胸郭も十分に動く必要もあり

腹式呼吸でお腹しか動いていないと、あまり効果はありませんのでご注意ください。



インナーマッスルは、姿勢を安定させるフォームがしっかりしていれば

高重量のウエイトトレーニングで十分に刺激されます。

また、呼吸だけでも十分な効果は挙げられますよ。








関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback