【】     カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 五十肩は薬が効きにくい理由は肩が挙がらない原因にある

五十肩は薬が効きにくい理由は肩が挙がらない原因にある

年齢を重ね肩が挙がらなくなると

四十肩かな?五十肩かな?と悩まれる方が多いかと思います。

そこで、湿布を貼ったり、薬を服用してみたりして

自力で治そうと試みても効果が現れにくいのが現状ではないでしょうか?




そもそも四十肩、五十肩というのは病名ではありません。

肩の痛みを伴い、腕が挙がりにくくなるのはスポーツ選手や20代、30代でも起こりえます。

四十肩、五十肩の原因とされているのは

肩関節周囲炎といわれ、肩関節周辺の組織に変性が生じ

それに伴う炎症によって痛みが発生します。



他にも良く似た症状があり

石灰沈着性腱板炎

上腕二頭筋腱炎

棘上筋腱炎

棘下筋腱炎

インピージメント症候群


etc

さらに細かく組織の損傷、変性状態をみていくと

腱が断裂(棘上筋は無症状でも断裂が確認されることもあります)

肩周辺の石灰化

など市販薬ではどうすることも出来ない状態であるがあります。



まずは「様子をみる」ではなく

病院でレントゲン、MRIなどでしっかりと自分の状態を把握することが大切です。



放置したとしても1~2年で痛みが消えると言われていますが

その後はフローズンショルダーと呼ばれる肩の可動域制限により

日常生活に支障をきたす可能性があります。


「日常生活に支障をきたしてでも自分で治す!」と強い覚悟のある方は構いませんが

この先の日常生活、趣味など今までとおり楽しみたい方は

自己判断ではなく、専門家に診てもらうことが薬よりも先決です。




〇痛みの緩和に役立つ薬

痛みは大きく3つに分けることができます。

侵害性疼痛(炎症、機械的な刺激など)

神経障害性疼痛

心因性疼痛


五十肩は、侵害性疼痛であることがほとんどです。

ただ、侵害性疼痛でも初期の段階は炎症による痛み

慢性期(発症から3週間以上)は、機械的刺激(関節の衝突、腱、関節包の過剰伸長など)

痛みの原因に違いがみられます。

※なかには炎症が継続してしまうこともあります。


初期の段階では、炎症を抑えることが優先されるため

非ステロイド性抗炎症薬が処方されます。

ロキソニン

アスピリン バファリン

セレコックス

ボルタレン

これらの薬は、薬品会社によって名称が少し違うように感じますが

市販薬としても購入できます。

痛めた直後に、これらの薬を服用することは痛みの軽減に役立ちます。

薬のメカニズム、詳細な薬情報はこちら
【日経メディカル:非ステロイド抗炎症薬】


痛みがとてもひどい場合、ステロイド性抗炎症薬が注射され

運動療法と組み合わせることで効果があると言われています。

※運動は痛みが軽減してからです。

ステロイド注射についてはこちら
【肩の石灰化に対する注射は要注意 肩専門医が解説】

炎症、石灰化など、一定の条件を満たしている場合は

薬は有効であり、初期段階での炎症コントロールは大切で優先すべき治療です。



〇炎症をおさえるのに湿布は?

湿布を処方されるのは、世界をみても日本くらいです。

あまり効果を感じていないにも関わらず、湿布を貼り続けるのが

日本人の特性のようですが、、、

痛みに変化がないのであれば、湿布にも副作用があるため

使用は、続けない方が良いです。


日本の湿布の消費は年間54億5千万、薬剤費にして1300億円(推定)だそうですが、、、

個人的には、もう少し良いお金の使い方がありそうです。。。


〇五十肩で薬が効かなくなる理由

前述で説明したように、初期段階の炎症期は薬が有効です。

多くみられるのが、初期段階を様子みをし

痛みが継続してから、抗炎症薬を服用しても炎症による痛みではない状態です。

そのため、薬の効果を感じることができません。



五十肩は、運動療法を併用していくことが一般的な治療方法です。

運動療法は慢性期に入り、痛みが軽減し始めた頃から行います。

この段階では、筋肉の機能低下、関節の機能低下などによる

関節、腱への機械的な刺激(骨同士の衝突、腱の過剰伸長など)による痛みです。

※ふとした動作が痛かったり、肩を挙げた時の痛みなど



ここで必要なのは、薬ではなく関節および筋肉の機能回復です。

痛みがあると薬や湿布に頼る方もいらっしゃいますが

自分の状態に合わせて服薬することで

効率的に痛みが軽減し、副作用による2次的な症状に悩まれることが少ないです。


肩関節は複雑で、どこの筋肉が?どこの関節が?どこの関節包が?などを把握し

それに対して徒手療法を加えることで早く改善しやすいケースもあります。

やみくもに運動したり、痛いところを揉んだりしても逆に悪化させることもあります。




病院であれば、理学療法士(リハビリ担当の先生)もしっかりと評価してくれるところが

五十肩を早く改善させる近道です。

リハビリも電気を当てるだけ、肩の評価もせずマッサージやストレッチだけの場合であれば

カイロプラクティック心で

肩関節の評価から回復するためのアプローチまでさせていただきますのでご相談ください。

詳しくはこちら⇒【五十肩・四十肩の改善方法】
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちら
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback