【】     カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 原始反射|緊張性迷路反射/伊勢市カイロプラクティック心
FC2ブログ

原始反射|緊張性迷路反射/伊勢市カイロプラクティック心

〇緊張性迷路反射とは?

緊張性迷路反射は、原始反射の1つで

前方緊張性迷路反射と後方緊張性迷路反射の2種類あります。

前方緊張性迷路反射は妊娠12週から現れ、生後3、4ヶ月で統合されると言われています。

後方緊張性迷路反射は、生後から現れ、9ヶ月で統合されると言われますが

前庭感覚と固有受容器と強調していくために3歳頃まで続くことがあります。


〇緊張性迷路反射の機能

緊張性迷路反射は、姿勢反射の1つであり数ある姿勢反射の基礎となります。

前方緊張性迷路反射は、頸部屈曲位で上下肢(手足)が屈曲

赤ちゃんでは、うつ伏せで首を曲げると背部の筋緊張が緩まり身体が丸まります。

それと同時に手足が丸くなり、腰が浮きハイハイの姿勢がとれるようになります。



後方緊張性迷路反射は、頸部伸展で上下肢が伸展

赤ちゃんでは、仰向けで首を反らせると背部の緊張が高まり身体も反らせます。

それと同時に手足も伸びた状態になります。



この反射は、頭部にある前庭神経が関わります。

前庭神経は、頭位(この反射では縦方向と前後)を手足の固有受容器(関節の位置覚)に伝え

バランスを保つ役割があります。

この機能があるおかげで、傾いた傾斜でバランスが取れたり

不意に転倒しそうになっても、手足が無意識に動きバランスを保ち転倒を防げます。


赤ちゃんでは、この反射を繰り返すことで座れるようになったり

2本足で立ってもバランスがとれるようになります。




また、バランスをとるには視覚情報も必要であるため

眼球運動(動眼神経)の発達にも関わります。






〇緊張性迷路反射の残存がみられるこどもの特徴

へなへな、ふらふらしている

バランス感覚が良くない

動きがぎこちない

でんぐり返しが綺麗にできない

姿勢良く座れない

方向・空間感覚をつかみにくい(ボールの受け取り、黒板の文字)

視覚の問題(字が飛び出して見えるなど)

空間、距離、奥行きやスピード感がつかみにくい

全身運動の協調性が低い

机で学ぶときに、読むことを嫌がる、疲れる

机の前で正しい姿勢を維持することが困難

本来持っている能力ほどにスポーツのパフォーマンス(成果)が上がらない



【一般社団法人ここからだ】から引用しました。

大人でも緊張性迷路反射の残存傾向の強い方は、このような特徴があります。

ここでは緊張性迷路反射を一括りにして特徴が示されていますが

前方と後方では現れる反応が違います。


・前方緊張性迷路反射の特徴

恐怖麻痺反射と副交感神経と関わります。

背部の筋緊張が緩む反射でもあるため

姿勢が維持できず、ふにゃふにゃした感じになり一般的に猫背の姿勢となります。

この場合、「姿勢を良くしなさい」と背筋を伸ばさせてもこどもには苦痛でしかありません。


他には前方に転びやすく、その影響か高所恐怖症であることがあります。

また、腕が挙がりにくい(大人であれば肩を痛めやすい五十肩など)がみられます。



・後方緊張性迷路反射の特徴

モロー反射と交感神経と関わります。

背部の筋緊張が強くみられる反射でもあるため

常に身体を硬くしているような印象があり、動きがギクシャクしています。

後方に倒れやすい影響から昇り階段を怖がることがあります。


姿勢や運動の基礎となる原始反射でもあり

じっとしていられないADHD

発達性協調性運動障害

チック障害

などとも関わりがあります。





〇緊張性迷路反射を統合する

先のブログでも書いたように原始反射は消失するワケではなく

大脳によってコントロールされています。

不意にバランスを崩しそうになっても手をついたり、立て直したりしてバランスを保てます。

スポーツでは上下の動きの空間認知に役立ちます。


療育では、原始反射を統合するために様々なことが行われています。

この記事で引用させてもらった一般社団法人ここからださんでは

統合遊びを用いて緊張性迷路反射を統合させていきます。



他にも原始反射に言及しているワケではありませんが

リズミックムーブメント

BBA

ビジョントレーニング

などによってアプローチが行われます。


〇カイロプラクティック心では?

療育で行われるているものをヒモといていくと

カイロプラクティックやオステパシーの考えやテクニックが多く使われています。


カイロプラクティック心では、一般社団法人ここからださんでの統合遊びをホームケアで指導させていただき

頭蓋骨、背骨、内臓マニュピレーションなどを施術で行っていきます。


また、大脳でのコントロールが出来ていないため(原始反射を抑制できない)

機能神経学により、左右の脳を評価し

機能低下側が活性化するようなアプローチも行います。







原始反射の統合や栄養からのアプローチは、色々な施設でも行われていますが

カイロプラクティック施術を併用したアプローチは、まだまだ少ないです。

カイロプラクティック心としては、1つでも苦手をなくしていき

生活しやすくなるよう、共に歩んでいく気持ちです。


発達でお悩みの方、発達障害と診断されてどうしたらよいかわからない方など

よろしければ、ご相談ください。(相談は無料です)

関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちら
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback