変形性膝関節症の改善例|改善後は登山を再開|伊勢市 整体 カイロプラクティック心

膝の痛み(変形性膝関節症:登山を目標に症状改善)


~症例報告~

60代 女性


数年前から右膝に痛みがあり

整形外科では、変形性膝関節症と診断された。

登山が趣味のため

膝に水が溜まることもあり、今までは水を抜く治療を数回行っていた。

医師には、登山を辞めるように勧められていたが

登山を続けたいということで来院。





右膝は曲った状態で全体的な姿勢は、右へ傾いていた。

また、膝を伸ばしきると痛みが発生した。


右側に重心はかかっているが

右足で片足立ちをしてもらうと不安定であり体幹部(中殿筋)が機能していないと考えられる。

筋力検査をしてみると、中殿筋の弱化はみられた。



中殿筋が機能していないことで股関節~膝にかけての筋肉のバランスが崩れ

さらに、膝関節に捻れが生じていたため立った姿勢で膝関節が曲っていたと考えられる。


その結果、膝関節を構成する骨の一部分に負担が大きくかかることで

骨の一部が変形し変形性膝関節症となったと推測される。




施術は

中殿筋の機能を回復させると共に、右側に傾いた重心を改善させるため

腰部~骨盤(中殿筋や重心の傾きに関与)の矯正及び、股関節~膝に付着する筋肉のバランスを整えた。

その後、膝に可動性をつけるためのモビリゼーションをおこなうことで

膝を伸ばした時の痛みは改善された。


2回目以降の施術からウォーキング指導も取り入れ

膝だけではなく体全体のバランスを整えていった。



6回の施術により、日常生活での痛みは発生することが少なくなった。




~カイロプラクティック心からのコメント~


高齢者の膝関節疾患の中では一般的な疾患であり、症状の有無に関わらず中年以降の年齢層の25~40%に

軟骨が磨り減っている、または変形があると言われています。


そのため、必ずしも変形や軟骨の磨耗が原因で痛みを発生させているワケではないと考えられ

変形した骨は治せませんが

膝や股関節、骨盤などの骨格や筋肉のバランスを整えることで、痛みが改善する可能性はあります。






今回のクライアントは

矯正後、姿勢の改善もみられたことから、重度の変形ではないと考えられます。


登山の前日と翌日には来院してもらい

強い痛みが発生することなく楽しめたということでした。


変形性膝関節症と診断された方でも、登山を再開することが出来る可能性はありますので

あきらめずにご相談下さい。





伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback