【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 膝の外側の痛み:腸脛靭帯炎(ランニング:スポーツ障害)

膝の外側の痛み:腸脛靭帯炎(ランニング:スポーツ障害)

膝外側の痛み腸脛靭帯炎(ランニング:スポーツ障害)

~症例報告~

40代 男性

日常の生活で痛みはないが

2~3kmランニングをすると右膝外側に痛みが発生する。

整形外科では、腸脛靭帯炎と診断される。

痛みが改善されないため来院。




痛みの部分を診ると

膝はやや内側を向き、腸脛靭帯につよい緊張がみられた。



膝の屈伸運動でみられるコークスクリューホームメカニズム(膝の自動回旋)は

脛骨に過剰な外旋(つま先が外を向く方向)がみられた。




動作分析では、腸脛靭帯に負担がかかる着地がみられた。(側方動揺)



下肢の骨格の問題により、腸脛靭帯に緊張がことにくわえ

ランニングフォームに問題があるため、腸脛靭帯炎になったと考えられます。




施術は

腸脛靭帯にみられる強い緊張を除去するため

足関節、骨盤の矯正を行った。

また、膝関節にはモビリゼーションを行い脛骨の外旋を改善させた。

腸脛靭帯と繋がる大腿筋膜張筋のストレッチ及びランニング中の注意点を指導して1回目の施術は終了。

後日、無理のない範囲でランニングをしてもらい膝の状態を確認してもらった。



1週間後の来院時では

以前のような強い痛みはないが違和感が残っていた。

同様の施術を2~3回繰り返した後、5kmのランニングでは問題なく走れるようになった。




~カイロプラクティック心からのコメント~

腸脛靭帯炎は、ランニングを始められた方に多いように思います。

初心者の方に多い原因はウォーミングアップ・クールダウン不足にくわえ、ランニングフォームが未熟であるため

足への疲労も溜まりやすいことにより発症していることが考えられます。



反対に、ランニング暦が長くなってくると

痛みがあってもランニングをしてしまい、悪化させてしまうケースも見受けられます。


無理をすると余計にランニングが出来なくなる期間が長引く恐れがありますので

治療やセルフケアなど早めに対処してください。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちら
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback