【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 肘の痛み(バドミントン:スポーツ障害)

肘の痛み(バドミントン:スポーツ障害)

肘の痛み(バドミントン:スポーツ障害)

~症例報告~

40代 男性

日常生活では痛みを感じないが

バックハンドでラケットを振ったときに(肘を伸ばしきった状態)肘の痛みを感じる。

痛みは、肘の後方辺りに感じる。






肘~前腕をみると、やや回内(親指が内側を向く方向)していた。

肘の可動域検査では

肘を伸ばしきったとき、肘の後方部分に鋭い痛みが発生した。



触診では

肘(尺骨)を下方(指先方向)へ圧をかけながら肘を動かすと

鋭い痛みは感じられなかった。




筋肉は、後側の筋肉(上腕三頭筋、前腕の伸筋群など)の緊張がみられる。




肘の痛みは肘を過剰に伸ばしきってしまうことで尺骨と上腕骨(肘関節つくっている骨)の接触がつよまり

発生
させていると推測される。




施術は

肘のアライメント(尺骨の変位)を改善させることを目的に行った。

また、肘だけではなく手~肩などのアライメントを整えた。

施術後はバックハンドの動きで痛みは発生しなかった。



2回目の施術以降から

バックハンドに影響する体幹部、骨盤、股関節の回旋可動域の調整も行った。


練習での痛みはなくバドミントンが出来るようになった。





~カイロプラクティック心からのコメント~

この肘の痛みはテニス肘(肘の外側の痛み)ではなく

肘が過剰に伸展してしうことで

尺骨が上腕骨に強く衝突(尺骨後方インピージメント)してしいたことが推測されます。


肘周辺の調整により症状の改善は見込めますが

今後の再発予防のためにも体幹、骨盤、股関節などの調整も行いました。



バドミントンのようなラケットスポーツは腕の使い方も重要ですが

下半身⇒体幹⇒腕⇒ラケットに力を伝えなければいけません。

この運動連鎖が出来ないと手打ちとなり、肘や肩の障害の原因となる可能性があります。





伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日
関連記事
お気に入りに追加
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちらから
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback