手首の痛み・手に力が入らない

手首の痛み・手に力が入らない

~症例報告~

30代 女性

右手の力が入りにくく、手首を曲げると痛みがあるということで来院。

痛みが強いときは調理器具を持つ時にも痛みがある。

日常生活では、お子さんを抱っこすることも多い。





手の筋力テストを行うと

握る力(前腕屈筋群)に弱化がみられ、指を伸ばす力(前腕伸筋群)は問題がなかった。


手首の可動域検査では、手のひら側に曲げると痛みが発生する。



触診で

指、手のひらを形成する骨の問題がないかを確認し

ややルーズな部分がみられた。


また、頸部からの問題もみると

頭部の傾きがみられ頸部の傾きを改善させると手に力が入りやすくなった。




施術は

手首周辺の関節がややルーズであったため

筋力を回復させることを優先し頸部の調整から行った。


筋力の回復はみられたが、力が入りにくい感覚は3割程度の回復であった。


指の関節にみられる可動域制限をモビリゼーションにより

動きを改善させると6割程度の感覚で力が入るようになった。


また、手首のルーズになっている部分を

テーピングで安定(尺骨と橈骨を近づけるように)
させると8割程度の回復がみられた。



手首の痛みは残ったが荷物は持ちやすくなり、手首を固定した状態で施術を終了。


1ヶ月間、週に1回のペースで施術を繰り返し

手首周辺の腱にもリリーステクニックなどのアプローチを行い、手首を曲げた状態でも痛みの改善がみられた。





~カイロプラクティック心からのコメント~

関節がルーズになっている部分に矯正をくわえると痛みの悪化も考えられるため

手首の痛みは残りましたが、力を入れやすい状態にすることを優先しました。




また、手首の関節がルーズになった原因は

過去に転倒したときに手をついたことがあり、そのことが起因していることも考えられます。


さらに、出産と育児などの負担が重なったことで、手首に痛みが発生したと推測されます。




手に力が入りやすくなり、手首周辺の筋力が回復してくれば、ルーズになっていた関節も安定してきます。

その上で痛みであまり動かすことのなかった筋肉を動かし

さらに、腱の部分が滑らかに動くようにリリースをしました。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback