【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 膝の靭帯損傷

膝の靭帯損傷

膝の靭帯損傷についてまとめました。

◎内側側副靭帯損傷

主な原因は

膝の外側からのストレス(ラグビーや格闘技でのタックルなど)をうけることで

膝が内側に強く押されると損傷しやすいです。

膝を軽く曲げた状態で膝が内側に倒れることが発生原因であるため

タックルなどの接触が無くても損傷する場合もあります。


症状は、重症度によって違いますが

激しい痛みと膝がガクガクするような不安定感です。

※重傷度は、Ⅰ度(軽度)Ⅱ度(中等度)Ⅲ度(完全断裂)に分けられます。


◎外側側副靭帯損傷

主な原因は

内側側副靭帯とは反対側のストレス(内側から強く押される)をうけることです。

発生することは、内側側副靭帯損傷に比べ少ないです。

症状は内側側副靭帯と同じです。


◎前十字靭帯損傷

主な原因は

膝が過剰に伸びきった状態でのジャンプ着地、膝を内側に倒した時のターン(バスケットのピボット)やジャンプ着地

膝の内側やや前方に押される衝撃(タックルなど)、大腿四頭筋の急激な収縮(着地や急激なストップ)などです。


主な症状は

激しい膝の痛み、腫れ、膝の不安定感です。


◎後十字靭帯損傷

主な原因は

膝を曲げたときに前方から(脛側)衝撃が加わったとき起きることが多いです。

※膝から落下するなど

主な症状は

膝の後側に痛みを感じる。

後十字靭帯の血管は発達していないため、損傷しても腫れにくい。

また、前十字靭帯に比べ損傷しにくいです。


以上が主な膝の靭帯損傷の原因、症状です。


治療は、急性期はアイシングなどのRICE治療をおこない

装具による固定(保存療法)です。

状況によっては(とくに前十字靭帯)外科的手術を行います。


当院では、装具での固定や外科的手術はできませんが

それらの治療後のリハビリ(膝の可動域の回復・筋力強化など)に

施術効果(モビリゼーションによる関節可動域の回復、関節位置の調整による関節の機能回復など)を

あわせていただくことは早期改善に良いと考えられます。



伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日

関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback