【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 肩甲骨内側の痛み

肩甲骨内側の痛み

肩甲骨内側の痛み

~症例報告~

30代 男性

左側の肩甲骨内側に鈍い痛みがあるため、来院。

痛みが治まる日もあるが、痛みが発生すると1週間くらい続き

湿布をはっても痛みは改善されなかった。

整形外科も受診したところ、首の骨の間(椎間板が薄い)が狭いと診断され

薬を服用したが痛みは改善されなかった。





姿勢は

肩甲骨・肩が右側に比べ痛みの発生している左側が下がっている状態であり、肩も前方に移動していた。

また、左側の肩甲骨は外側にも移動していた。




肩の動きをみてみると

外旋の動きに制限がみられ、肩の前方移動に関連していると考えられる。



筋力テストでは

左側中部僧帽筋・菱形筋(肩甲骨内側につく筋肉)の弱化がみられ

胸椎の問題を一時的であるが改善させると筋力の回復がみられた。



胸椎や肩周辺の筋肉バランスの崩れにより、肩甲骨を内側に引っ張る中部僧帽筋・菱形筋に力が入りにくいため

常に肩甲骨は外側下方に引っ張られていた状態であると考えられる。

そのため、肩甲骨の内側につく中部僧帽筋・菱形筋は常に引っ張られるストレスが加わり

ダメージが蓄積されると、痛みとして現れると推測される。






施術は

骨盤~頸部の背骨を整え、胸椎の問題を改善させると共に肩周辺の筋肉のバランスを整えた。

その結果

肩甲骨内側の痛みは完全に消失した。




施術後は、自分でもケアできるようにストレッチや姿勢を指導した。





~カイロプラクティック心からのコメント~


今回のクライアントは、明らかに患部(左側)である肩甲骨が下方に下がると共に外側に移動していました。



そのことから、肩甲骨内側につく筋肉には引っ張られるストレスが加わり、そのダメージが蓄積されると

炎症をおこし、痛みを発生させていると考えられます。

湿布などにより炎症が治まることで一定期間は、痛みが治まっていたと推測されます。

ですが、肩甲骨が外側下方に引っ張られる原因が改善されないため、肩甲骨内側を繰り返して痛めていたと思われます。



今回のケースは、その原因である胸椎や肩周辺の筋肉バランスを改善させることで痛みが改善されました。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback