【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 肩の痛み(痛みにより肩が挙がらない)

肩の痛み(痛みにより肩が挙がらない)

肩の痛み(痛みにより腕が挙がらない)

~症例報告~

60代 女性


数年前から右肩が痛くなり、腕が挙がらなくなった。

原因は不明。



姿勢は

骨盤の辺りから全体的に右へ傾いていた。

また、胸部の後湾(猫背)が強くみられる。


肩の動きをみると

屈曲(腕を身体の前から挙げる動き)は顔の手前まで挙上可能。

外転(腕を身体の外側から挙げる動き)は肩の高さまで挙げられない。

また、外旋の動きも制限されていた。


触診では

肩(上腕骨)が前方・下方への移動もみられ、広背筋、肩甲下筋のも緊張がみられた。




肩の可動域制限のほかにも骨盤部からの傾きが肩関節の位置に微妙な変化を与えてるため

骨盤部から調整して体の軸を整えることから始めた。



施術は

骨盤を調整すると共に胸部の矯正を行い、立った姿勢の傾きが改善され

施術後は、肩の屈曲範囲が広がった。

2回目の施術以降

骨盤~胸部を矯正する共に肩周辺の筋バランス(肩甲下筋・大円筋など)を整えた。

4回目の施術前には肩の屈曲では、腕が耳付近まで挙がるようになった。


4回目以降から

肩の外旋制限をとるため、肩の外転位(痛みなく腕が挙げられる範囲)でモビリゼーションを行う。


5回目の施術後には

肩の高さよりも高く外転が可能となった。



~カイロプラクティック心からのコメント~

肩の挙上は腕(上腕骨)だけの動きに見えますが、上腕骨、肩甲骨、鎖骨が連動して

スムーズに動かすことができます。


また、胸椎の後湾(猫背)により肩甲骨の位置が移動してしまうと

上腕骨の位置も連動して移動してしまい

その結果、肩の運動制限につながります。




この状態が長く続くと肩周辺の筋肉や関節包(関節を包む膜)などが固くなり

さらに肩の動きが制限されます。




今回の施術では

姿勢を改善させ、肩の位置を正常に戻した段階で肩の可動域を改善させるテクニックを取り入れました。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback