腰痛(サッカー:スポーツ障害)

腰痛(サッカー:スポーツ障害)

~症例報告~

10代 男性

2年前から腰痛を発症。

特に右側の腰部に痛みがある。

サッカー部に所属し、練習の強度が強まると痛みが発生しやすい。




腰部は、反った状態であると共に骨盤部が右側へ移動していた。

動きをみると

屈曲(前屈動作)、伸展(反らせる動作)で腰の痛みが強まる。

筋力テストでは

右側の大殿筋、中殿筋(お尻の筋肉)の弱化がみられた。

骨盤部の問題を一時的に改善させ、筋力テストをおこなうと弱化が回復した。

また、大殿筋の拮抗筋となる腸腰筋(股関節前の筋肉)には過緊張がみられる。




右足でのキック動作を繰り返すことにより、腸腰筋が過緊張をおこしていると推測され

その結果、腰部~骨盤に付着する腸腰筋の影響によって、腰部に負荷がかかり痛みが発生したと考えられる。




施術は

腸腰筋の緊張を緩和させると共に、骨盤部を調整することにより大殿筋、中殿筋の筋力を回復させた。

施術後は、動作での痛みは消失した。

腸腰筋のストレッチ、大殿筋・下部腹筋のトレーニングを指導して施術終了。







~カイロプラクティック心からのコメント~

サッカーのキック動作は、股関節を曲げることを繰り返します。

その結果、股関節を曲げる筋肉である腸腰筋が過緊張しやすくなり

腰椎過前湾タイプの腰痛を引き起こしてしまいます。


※キック動作には膝の伸展(膝を伸ばす動作)もあり、この動作に関与する大腿四頭筋(大腿直筋)が緊張しても

腰椎過前湾タイプに腰痛になりやすいです。


今回のケースは、大殿筋の弱化も腸腰筋の緊張の原因と考えられます。

大殿筋は股関節を伸展(足を後に振り上げる動作)させる筋肉であり、腸腰筋と反対の動きに関与します。

そのため、腸腰筋が働けば大殿筋が休む

大殿筋が働けば腸腰筋が休むというようなバランスを維持することでスムーズに股関節を動かせます。

このようなバランスが崩れると、筋肉の過緊張を発生させる原因の一つになり

その結果、痛みにつながります。


※今回は骨盤周辺の問題により、大殿筋の弱化が考えられました。(筋肉の弱化は他にも色々あります)



クライアントは腸腰筋のトレーニングはしていましたが、大殿筋のトレーニングはしていませんでした。

※腰痛の不安があるため、スクワットなどをしていませんでした。

そのため、腰に負担のかかりにくい大殿筋トレーニングを指導しました。



大殿筋は身体の中でもとても力の強い筋肉であるため、この筋肉が働くことで腰痛予防にもなります。

また、サッカーではダッシュや接触プレーで当たり負けないためにも大事な筋肉です。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback