【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 オスグッド?膝痛(バレーボール:スポーツ障害)

オスグッド?膝痛(バレーボール:スポーツ障害)

オスグッド?膝痛(バレーボール:スポーツ障害)

~症例報告~

10代 女性

1年前から右膝に痛みが発生した。

クライアントはバレーボールをしており、ジャンプすると常に痛い状態であった。

整形外科ではオスグッドと診断され、湿布を貼っていたが痛みは改善されなかった。




オスグッドの痛みの特徴である脛の部分(膝蓋靭帯の付着部)に圧痛はみられる。

また、膝蓋靭帯と膝のお皿(膝蓋骨)を押すと痛みがあり

左右でお皿の位置を比べると、痛めている側の方が下方へ移動していた。

動作では

スクワット(膝の角度45°程度)とジャンプで痛みが強まる。

筋力テストを行うと

痛めている側の大腿四頭筋、大腿筋膜張筋には、弱化がみられる。

骨盤の位置を修正すると筋力の弱化に改善がみられた。



オスグッドの痛みもみられるが

フトモモ周辺の筋肉バランスが崩れることによって膝蓋靭帯に負荷をかけると共に

膝蓋骨がフトモモの骨(大腿骨)に押し付けられる力が強まっていたことにより

痛みが発生していたと考えられる。




骨盤を矯正し筋力を回復させると共に、太もも周辺のバランス(特に外側広筋、膝蓋靭帯)を整えた。


施術後は

圧痛は残るがスクワットとジャンプ動作での痛みは消失していた。



~カイロプラクティック心からのコメント~

整形外科ではオスグッドと診断されていましたが、膝蓋骨の動きにも問題があったと考えられます。

膝蓋骨は、大腿四頭筋の腱につく骨です。

そのため、大腿四頭筋のバランスが崩れると膝を屈伸するとき、膝蓋骨はスムーズに動くことが出来ず

結果、大腿骨への圧迫を強めてしまい、痛みの原因となります。


今回はフトモモの内側より外側の方が緊張が高まっていることで、上記の問題が発生したと推測されます。

※緊張が高い状態でも筋肉の弱化はおこります。

今回のケースは膝蓋骨の動きを改善させたことで痛みの改善がみられたと考えられます。

伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback