【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 柔軟性は必要か!?

柔軟性は必要か!?

スポーツをされている方に

「体が固いとケガしやすいですか?」

良く質問されます。

僕の意見としては

単純に体が柔らかいだけではケガの予防にはならないと思っています。


皆さんの体が柔らかいというのは、どのようなイメージですかね?


前屈で床に手がつく

脚が大きく開く

上体が反れる(イナバウアーのように??)


上記のようなことが出来なくても競技によっては、まったく問題ないと思います。


イチロー選手や水泳の北島選手は体が固いそうです北島選手は前屈で床に手がつかないそうです)

この2人が大きなケガをしているイメージはないですよね。

しかも超一流のアスリート!



ちなみに僕は

床に手のひらが着きます!

脚を開いて床に胸がつきますけど腰痛めました(自慢になりませんが・・・・)



このようにケガ予防から考えると体の柔軟性は必要ないと思われます。




競技の特性上からみた場合

新体操、バレエ、ダンスなどは

柔軟性が高くないとキレイに見えないので体の柔らかさは大事です。

ですが、これらの競技の柔軟性は

人が本来、動かすことのできる関節可動域を超えていると思います。

そのため、関節が緩い状態となっていることが考えられ

筋肉で関節を固定していく必要があり、筋肉のバランスが崩れるとケガにつながりやすい

状態であると思われます。



最後にケガから復帰する場合

柔軟性を回復させる必要があります。

とくに骨折やアキレス腱の断裂などで患部を固定した場合は

関節可動域が減少していますので、ストレッチなどで回復させていくことが初期のリハビリとなります。



まとめると

条件次第で柔軟性は必要にもなり、必要でもなくなります。

スポーツ競技の特性を考え、必要以上に柔軟性を高める必要はありません。



無理に筋肉を伸ばそうとせずにコンディションを整えるつもりで、ストレッチを取り入れてくださいね。



伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback