テニス・バドミントンの肘の痛み

テニスやバドミントンのようなラケットスポーツでの肘の痛みは

主に筋肉の問題が多いです。

※野球は同じ投球動作動作を繰り返すことで関節への負担が強まり、靭帯や骨を損傷する場合があります。




肘周辺の筋肉は

ほとんどが肩甲骨~肘、または肘~手関節にかけて付着しています。

そのため、肘の痛みではありますが

肩甲骨、手関節の問題も改善しなければ、根本的な肘の痛みは改善されないでしょう。

imagesCAMNA1X7.jpg



肩甲骨は上腕骨(腕の骨)と共に肩関節をつくり、さらに体幹の力を腕に伝える重要な役割があります。

そのため、肩甲骨が機能しないと手打ちとなり、肘や肩を痛めます。




テニス、バドミントン共に利き手の肩が極端に下がっている場合

肩甲骨周辺の筋肉バランスが崩れ、機能低下をおこしている可能性があります。

※大胸筋、小胸筋の過緊張、菱形筋の弱化、姿勢の問題を改善していく必要があります。



手関節の問題は、テニスとバドミントンではグリップの太さ、手首の使い方に違いがあり

競技特性を肩甲骨の問題よりも考える必要があると思います。


テニスではボールをインパクトする手関節の固定力

バドミントンではインパクトするポイントの問題などが考えられます。

※これらの問題により手関節の運動制限がおこるため、改善させる必要があります。



上記の問題に加え、再発を予防するために全身の運動連鎖も改善させます。

main_1.jpg

f4d8a999aca8bb60fd0d8b600c89c636.jpg

図のように筋肉は下肢~上半身まで連結しています。

※この図以外にも連結パターンはあります。

このような連結があるため、下肢からの力を上半身に伝える運動連鎖をおこすことができます。

そのため、下肢に問題があっても上半身は上手く機能しないと共に

下肢の動きをカバーしようと上半身の負荷が増えます。

その結果、肘や肩に痛みが発生することも少なくありません。




他にも頸部の問題(神経系の問題や関連痛が関与)や筋膜の問題も

考慮して肘の痛みに対応して行く必要があります。





伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback