【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 テニス肘

テニス肘

テニス肘(外側上顆炎)

肘の痛みでよく聞くのが、野球肘・テニス肘・ゴルフ肘などですが

どれも競技特性が違うため、肘を痛める原因が違います。

今回は、テニス肘(外側上顆炎)についてお話します。



テニス肘は外側上顆炎とも言い、痛める部位は肘の外側です。

主にバックハンドで起こる外傷です。(フォアハンドで痛めた場合は、肘の内側が痛くなる可能性があります)

※テニスのプロ選手は、手首を曲げる動作も強いため肘の内側も痛めやすいです。




なぜ、肘の外側と内側というように痛める部位が違うのかといいますと

テニスのバックハンドは肘の外側につく筋肉

フォアハンドは肘の内側につく筋肉を主に使うからです。




テニス肘を改善させるには、筋肉の問題にポイントをおいて施術をしていきます。

最もテニス肘の原因となる筋肉は短橈手根伸筋です。

また、肘の可動域が減少している場合は

モビリゼーションで可動域を改善させていきます。




テニス肘に限らず、スポーツ障害は治療も大事ですがリハビリが特に重要だと考えられます。



なぜなら、痛めた原因に筋力不足、フォームの問題、柔軟性の低下なども考えられるため

これらを改善させない限り再発する可能性が高くなります。




筋肉の問題から考えられるテニス肘のリハビリは、以下の通りです。

1、痛めた後は、施術の他にアイシングや安静にすることで炎症を治めます。

2、痛みのない範囲でトレーニングを始めます。

3、トレーニングはアイソメトリックトレーニングを中心に行うと安全です(筋肉を伸び縮みさせないトレーニング法)

4、痛みのない範囲でストレッチをおこない柔軟性を回復させます。(肘を伸ばした状態で手首を手のひら側に曲げます)




これらのリハビリを行い、何も持たない状態で肘を動かして痛みがなくなれば

チューブなどを使用して負荷をあげたトレーニングに変えていきます。

また、これらのリハビリに加え下半身の使い方や上半身を回転させる動きの範囲などに問題があると

肘の痛みにつながるため改善させていく必要が考えられます。



リハビリも沢山の本が出版されているので参考にするのも良いと思いますが

トレーニングやストレッチはフォームが重要です。

発生原因も様々ありますので一度専門家に診てもらうことをお勧めします。

もちろん当院でも診させていただきますのでご相談下さい。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日
関連記事
お気に入りに追加
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

LINEからのご予約、お問い合わせはこちらから
「友だち追加」ボタンを押して登録いただくかIDをご入力してください
@vaw1300P友だち追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
口コミサイトヘルモアの人気店に選ばれています。
伊勢市 整体 口コミ 人気 ヘルモア
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback