肩の痛みで腕が挙がらない(腱板損傷の診断)

肩の痛みで腕が挙がらない(腱板損傷の診断)

~症例報告~

60代 男性

荷物を動かした際、肩を痛め腕が挙がらなくなった。

整形外科では腱板損傷と診断される。




姿勢は

骨盤部から傾きがみられ、肩甲骨の位置、肩の高さに左右差がみられる。


動作は

肩の屈曲(体の前から腕を挙げる動作)外転(体の外側から腕を挙げる動作)で痛みが発生し

それぞれ90°も曲がらない状態であった。(肩の高さ以上挙がらない)

筋力テストや触診による痛みの部分を考えると

棘上筋が損傷していると推測される。


他の検査では

肩甲骨の位置に対して上腕骨に変位がみられる。




腱板を損傷してるが、肩関節周辺の筋肉バランスや肩の位置に変位がみられるため

それらを改善させることを目的に施術をおこなう。





施術は

骨盤部~背骨全体のアライメントを整えると共に、肩周辺の筋肉バランスを調整し

肩甲骨の位置を改善させた。

また、上腕骨の変位を戻し、肩関節のモビリゼーションを行い関節の動きを取り戻していく。


自宅では痛みのない範囲で肩のエクササイズを行ってもらう。


施術の度に肩の可動域は広がるが、1週間たつと戻るというような状態を繰り返した。

10回の施術で痛みは残るものの、腕が耳につくようになり

日常生活は苦にならなくなった。






~カイロプラクティック心のコメント~

肩関節は上腕骨(腕)、肩甲骨、鎖骨が上手く連動することでスムーズに動きます。

今回のケースは腱板の損傷ではありますが

肩甲骨や上腕骨に変位がみられ、その原因は背骨のアライメントが影響していると考え

骨盤部~背骨のアライメントを先に整えました。


その結果、痛めている肩をあまり触らなくても可動範囲が広がりました。



痛みもある程度治まり、可動範囲が広がったところで

自宅でのエクササイズも取り入れていきました。

※痛めた直後は、炎症が起きているため、安静及び、アイシングにより炎症を抑えた方が良いです。


肩周辺は血液の循環不良がおきやすく

その結果、損傷部位が固まり(繊維化)痛みが軽減されても動く範囲が狭くなり

日常生活でも不便に感じます。


そのため、血液の循環不良がおきないように、痛みのない範囲で

エクササイズをしてもらいました。



関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback