【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 足首(くるぶし外側)の痛み【足根洞症候群】

足首(くるぶし外側)の痛み【足根洞症候群】

足首(くるぶし外側)の痛み【足根洞症候群】

足根洞は

2つの関節(距踵舟関節、距骨下関節)と靭帯で形成される骨管です。

※足根洞は外側くるぶしにあります。



内部は、滑膜(関節を包む膜:膜内に潤滑油の役割を果たす液体(滑液)が分泌されています)に

覆われ、血管や脂肪組織も存在してます。



〇足根洞を損傷による痛みの特徴

外側くるぶしの前方へ痛みが集中しやすい

朝に痛みが悪化し、運動中に痛みが軽減することが多い

・腫れることもある

・カーブを走ると痛みが悪化する場合がある

・足首にこわばりがある


〇原因

・不適切な足首の運動(過度の回内運動)

※土踏まずの部分が過剰に低下してしまい、関節、靭帯、筋肉などに負荷がかかる

・回内運動の反復(使いすぎ:オーバーユース)

・この症状を訴えるクライアントの70%が、内反捻挫の経験者という報告がある

・走り高跳びなどの踏み切りの反復によっても起る場合がある



〇対処法

病院では抗炎症剤などが処方され、痛みを軽減させます。



急性の場合(痛みて3日~3週程度)は

アイシング、安静
などにより炎症を抑えていきます。


過度の回内運動がみられる場合は、その問題を改善させることが大事です。

・距踵舟関節、距骨下関節のアライメント調整

・足首周辺の筋力低下がある場合は、それらを改善させ足首を安定させる。

※筋力低下は、トレーニングだけをすれば良いという問題ではなく

 筋力低下を引き起こしている原因を改善させる必要があります。

 原因は、拮抗筋、骨格、神経系の問題などが考えられます。



上記の問題が改善された後、リハビリとして

固有受容器感覚エクササイズ(とくに捻挫を起している場合)

筋力トレーニングなどを行い

再発予防をしていきます。



当院では、抗炎症剤は処方できませんが

足首のアライメント調整、筋力低下の回復などはさせていただきます。

また、再発予防のリハビリもご指導いたしますので

このような痛みがある場合は、ご相談ください。


伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback