内臓の問題からみる肩こり

内臓の問題からみる肩こり

~症例報告~

40代 女性

数年前から肩こりを強く感じるようになり

仕事に集中しにくい状態となったため来院。


姿勢は

頭部が前方へ移動し、上体は左への傾きがみられる。


動作では

頸部の屈曲(下を見る動作)伸展(上を見る動作)回旋(左右を見る動作)で

普段コリを感じる部分に痛みや張り感が強まる。


整形学検査では

頸部の血管性の問題はみられなかった。


骨盤部から修正すると

頸部を動かした時の痛みや張り感が軽減される。


骨盤部周辺をチェックすると

腹部に強い圧痛と張り感がみられる。

クライアントは、便秘や下痢を繰り返すことが多いということであった。




腹部の膜(皮膚、筋膜など)は骨盤部、肋骨部などにも付着するため

骨盤部や胸郭の歪みに関与する。

腹部の緊張により、骨盤部や胸郭に問題をおこし

背骨の捻じれや頸部周辺の筋肉への過負荷(頸部周辺の筋肉は、ほとんど胸郭に付着している)によって

肩こりが強まったと推測される。




施術は

骨盤部から背骨のバランスを整えると共に

腹部の緊張を緩和させた。

また、胸郭(とくに上部肋骨)の動きを改善させた。


これらの調整を5回行うことにより

以前のように仕事に集中できないほどの肩こりを感じることがなくなった。


1月に1回程度のペースで施術を継続し、肩こりが強まらないようにしていく。






~カイロプラクティック心からのコメント~

カイロプラクティックで行う内蔵に対するアプローチは

病院で行う治療とは異なります。(当たり前ですが・・・)

そのため、腫瘍や各内臓の炎症を抑える訳ではありませんので

お腹の調子がおかしいと感じた場合は、速やかに病院の診断をうけてください。




内臓は病的な問題がなくても

食事や疲労などにより、機能低下を引き起こすことがあります。

そのことにより、内臓を包む膜まで緊張してしまい

その結果、今回のケースのように腹部の圧痛がみられることがあります。


とくに大腸(横行結腸など)胃、肝臓は横隔膜に隣接するため

胸郭の動きに影響を与え、肩こりを誘発する場合があります。

また、大腸は骨盤部にも隣接するため、骨盤の動きにも関与します。



このような状態がみられる場合は、骨格を調整するだけではなく

内臓(膜)を調整すると共に、食生活を改善させた方が

良い結果がでます。




伊勢市のカイロプラクティック・FSSストレッチは

カイロプラクティック心にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定

予約は0120-638-124までお電話下さい。

※当院は、一人ひとり大切に施術させていただくため、施術中は電話にでることが出来ません。
 着信履歴のある電話番号には、こちらから、折り返しお電話させていただきます。
 大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解くださいませ。



カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback