【】     腰痛、膝痛、手足のしびれなどの原因、改善例ブログ|カイロプラクティック心【伊勢市 整体】 ランニング中の股関節の痛み(スポーツ障害)

ランニング中の股関節の痛み(スポーツ障害)

ランニング中の股関節の痛み(スポーツ障害)

~症例報告~

30代 男性

ランニング中に右側の股関節前の筋肉が、張るような痛みが発生する。

痛めると数日、違和感が残る。



姿勢は

右側の股関節が外旋し(つま先を外に開く状態)

やや前のめりになっていた。


動作では

股関節を屈曲(モモ上げ)させると、痛みが再発する。


触診では

右側の臀部(大殿筋)、股関節前(大腿筋膜張筋)、腹筋に張り感がみられる。

また、右股関節の内旋制限がみられた。


筋力テストでは

右側の大殿筋、中殿筋、大腿筋膜張筋に弱化がみられる。


筋力弱化においては

他の検査により、骨盤部~足部の下肢アライメント異常の問題が関与していると考えられる。



右側の臀部の筋力弱化に加え、股関節の可動域制限(内旋制限)により

ランニング中は、股関節前の筋肉(大腿筋膜張筋)に過剰な負荷がかかっていたと考えられる。

その結果、股関節前に張るような痛みが発生したと推測される。




施術は

骨盤部を矯正すると共に、大殿筋を調整した。

また、下肢からの問題を改善させるため、足部の立方骨を調整した。

これらの施術に加え、全体のバランスを改善させた。


4回目の施術後には、ランニング中の股関節の痛みは改善されていた。



~カイロプラクティック心からのコメント~

股関節前の筋肉(大腿筋膜張筋)は、体表で触れる筋肉であり

股関節を内旋、屈曲させる作用があります。


そのため、股関節の内旋制限があると

伸長される負荷がかかりやすくなります。


また、足部の問題により、下方へも伸長される負荷がかかっていました。



筋肉は、伸長されながら負荷がかかると痛めやすいです。

そのため、大腿筋膜張筋以外にも筋力弱化がみられるにもかかわらず

股関節前を痛めたと考えられます。



カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback