膝の内側の痛み、違和感(スポーツ障害:バドミントン)

膝の内側の痛み、違和感(スポーツ障害:バドミントン)

~症例報告~

40代 女性

約1年前、左膝を捻り歩行が困難になるほど、膝に痛みが発生した。

現在は、日常生活に差し障るような痛みではないが

正座をすると膝の内側が痛く

バドミントンをすると膝の力が入りにくい感覚があり、踏ん張れない。



日常的に、整骨院でマッサージは受けている。



姿勢は

腰部が左を向き、左足の土踏まずが少し下がった状態であった。


スクワット動作をみると

膝が内側を向く姿勢で行っている。

また、完全に膝を曲げると膝の内側(鵞足)に違和感が生じる。


整形学検査では

靭帯(十字靭帯、側副靭帯)、半月板には問題がみられない。

筋力テストでは

縫工筋の弱化がみられる。


縫工筋は、腰部~骨盤の回旋を改善させると回復する。




膝の力の入りにくさは、縫工筋の弱化により

膝が不安定となっていることが原因と考えられる。

また、足関節や腰部の捻じれにより

さらに縫工筋の負担が増え、膝の内側に痛みが発生したと推測される。








施術は

腰部~骨盤部、下肢のアライメントを調整した。

1回目の施術で、バドミントンを行ったときの違和感が消失。


これらの施術を4回行い

正座をしたときの痛みも改善された。






~カイロプラクティック心からのコメント~

縫工筋は、股関節と膝関節の動きに関与する筋肉です。

また、鵞足炎の原因にもなります。




筋肉は、関節の動的安定化の役割もあります。

そのため、弱化が起こっていると関節の違和感や力の入りにくさ、痛みを感じます。


今回のケースは、縫工筋の弱化と下肢のアライメント不良が原因と考えられます。


このような筋肉弱化は、関節が不安定となり

スポーツ障害の原因となります。

また、パフォーマンスの低下にもつながるため

痛みをガマンせず、不調を感じたら

専門家に相談するようにしましょう。


もちろん、カイロプラクティック心でも

対応させていただきます。




膝の痛みの改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback