坐骨神経痛と診断されたお尻~フトモモ裏の痛み

坐骨神経痛と診断された臀部~フトモモ裏の痛み

~症例報告~

40代 女性


3ヶ月前から、左側のお尻~太もも裏の刺すような痛みがある。

整形外科では、背骨の間が狭くなっていると言われ

坐骨神経痛と診断される。


病院では、牽引治療、痛め止めを処方されたが改善がみられない。

来院時は、跛行がみられる。





姿勢は

少し反り腰で左を向いた状態であった。


立位、座位ともに

左へ体重を乗せると痛みが悪化する。

また、前屈が出来ない状態。


ベッドで上を向いた状態で、足を挙げていくと30°程度で臀部周辺に痛みが発生する。

また、ベッドで寝ていても、臀部がベッドに当たることで痛みが強くなる。



話をさらに聞くと

お風呂に入ると痛みが悪化する。



骨盤部を調整し、フトモモ裏の張りを軽減させ

数ヶ月経ってはいるが、炎症もあると考えアイシングを指導。



また、3日後に来院。

前回より、痛みは治まるが体重がかかると痛みが悪化する。


痛みが軽減していたため、再度いくつかの検査を行うと

恥骨の変位がみられる。



鎖骨、恥骨の調整を行うと臀部の痛みは楽になる。

数日後、長時間座っても痛みが強まらなかった。

ただ、仕事が立ち仕事のため

仕事後、痛みが悪化。


3日後、来院時は

上記の調整にくわえ、足の調整(とくに腓骨)を行い

腓骨を安定させるテーピングをした。




テーピングにより歩くことが、さらに楽になった。



上記の調整に加え、股関節~腹部の調整を行い

6回の施術(3週間)で日常生活は問題なくなった。



仕事の程度により、以前ほどの痛みではないが

違和感があるため、施術を継続していく。




~カイロプラクティック心からのコメント~


恥骨、仙腸関節(骨盤部)の障害による関連痛であったと考えられます。

そのため、恥骨の調整により痛みが軽減したと思われます。


また、仕事が立ち仕事で痛みが悪化したのは

近位脛腓関節(膝外側のある関節)が、緩んでおり

その結果、フトモモ裏の筋肉が過緊張をおこしていたと考えられます。


太もも裏の筋肉は、腓骨にもつくため

腓骨で形成される関節(脛腓関節)が不安定であると過緊張を起こしやすくなります。


その結果、座骨神経痛のような太もも裏の痛みに繋がります。


坐骨神経痛の改善は

カイロプラクティック心【伊勢市 整体】にお任せ下さい。


新規の方は、1日3名限定です。

予約は0120-638-124までお電話下さい。

カイロプラクティック心の公式facebookはこちら⇒カイロプラクティック心facebook

カイロプラクティック施術はこちら⇒施術内容

症状についてはこちら⇒症状一覧 : 症状別、施術例一覧  

FSSストレッチはこちら⇒FSSストレッチについて

FSSストレッチ教室のお知らせはこちら⇒FSSストレッチ教室情報

休業日のお知らせはこちら⇒休業日


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊勢情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
お客様の声はこちら
「お客様の声」をクリックしてください
ネット予約

お気に入りに追加
メールでのご予約・お問合せ
24時間受付中!
ヘルモア(口コミランキング)
口コミサイト(エキテン)
口コミランキングNO.1
院長プロフィール
カテゴリ
最新記事
カイロプラクティック心facebookページ
宜しければ「いいね!」押してくださいね。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
当院の地図
伊勢市小俣町本町1081
口コミ投稿
あなたの喜びの声をお聞かせください。
ブログランキング
よろしければ押してください。
にほんブログ村 健康ブログへ

ブックマーク
良かったら登録して下さいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Zenback